第三五話 歴史の変化と今後の対策

エピソード文字数 3,273文字

 ◆天文十五年(一五四六年)一月中旬 尾張国(おわりのくに) 那古野(なごや)

 三河岡崎城(愛知県岡崎市)を予定どおりに落としたので、現在の状況を整理してみよう。

 まず史実の流れ。
 松平宗家(そうけ)(本家)だった、岡崎城(愛知県岡崎市)の松平広忠(ひろただ)が、信パパと対抗するために、嫡子(ちゃくし)竹千代(たけちよ)(徳川家康)を人質に出す約束で駿河(するが)(静岡県東部)の今川家に従属する。その家康が今川義元マロの駿府(すんぷ)(静岡市)に護送されるときに、ゴタゴタがあって織田家の人質となった。

 その後の第二次小豆坂(あずきざか)(愛知県岡崎市)の戦いで、信パパが松平広忠と援軍今川家の連合軍に大敗してしまう。敗戦の影響で信パパは、安祥城の信広兄を救援できなかった。そのため安祥城は落城して、捕らわれた信広兄と家康の人質交換がされる。
 やがて、すぐに松平広忠は死んで幼少の家康を旗印に、義元マロは三河に進出する意思を固めた。
 
 当時、今川義元マロは相模(神奈川県)の北条家と激しく抗争中だったが、信パパが死んだ後に今川=北条=武田の三国同盟を結ぶ。この同盟によって、関東の北条が敵でなくなったので、義元マロは西へ目を向け、三河を越えて肥沃な尾張へ進出しよう、と桶狭間の合戦という流れになる。

 続いてこの世界の流れ。
 岡崎城の松平広忠が義元マロに従属する前に、おれが討ち取ってしまった。既に織田家にほぼ従属状態の桜井松平家の松平家次(いえつぐ)が、見かけ上は弱体した松平宗家(本家)を乗っ取った状態。
 それまで松平宗家だった松平広忠の嫡子の家康くんは、すでにお星様なので旗印にはなり得ない。

 ならば義元マロには、三河岡崎に攻め入る大義名分がないともいえる。ただ松平家は『十八松平』と呼ばれるほど、分家がゴチャゴチャと乱立している。だから、マロが他の分家を旗印に、三河進出の名分にすることも可能といえば可能。

 だが、そもそもマロはもしかすると、本当は関東を獲りたかったのかもしれないぞ。現時点で織田家としては、マロに三河や尾張など西へ目を向けてほしくない。そこで、マロの当面の敵の北条家と、仲良くするのも一つの手ではある。

 ただ三河全域が、ほぼ織田家の勢力下となったからには、マロも東の北条、西の織田と両面を敵にはしたくないはず。
 ならばマロと仲良くする手に、乗ってくる可能性はゼロじゃない。
 史実の信長の危機でもあった桶狭間の合戦を、今川家との和議でクリアする手も充分アリなのかもしれないぞ。もう既に史実と大幅に歴史の流れはずれてきているので、現在の状況から冷静に判断して行動したほうがいいだろう。

 ドラマチックではないけれど、史実と違って信長ちゃんは女子で個人的な武力はかなり低め。桶狭間で『今川治部(じぶ)の素っ首貰い受けるぅうー!』などと叫んで、先頭きって突撃したら、返り討ちにあって逆桶狭間になりそうだしな。

 いずれにしても松平分家は、松平家次の家臣にならないならば、潰しちゃった方がいいと思うんだ。三河の火種になりそうなところは、早めに消しておきたい。
 三河の安定のためにも、信広兄、松平家次、水野信元の三名には力をつけてもらいたい。そこで岡崎城の合戦の際に、木綿の種を持って行った。
 三河では水を得にくい場所も多く、米作に不向きな土地も広大にある。史実でも三河で、木綿の生産はされていたし、おそらく軌道に乗るだろう。

 昨年、蚕の真綿で作ってもらったこたつ布団と、寝るための布団も、木綿布団にグレードアップする期待も充分だ。
 三河岡崎を落とした機に、三河米も那古野取引所の取扱品目に加えた。きっと長年の信パパ対岡崎松平の戦いで、疲弊した三河の地も徐々に豊かになっていくだろう。

 ちなみに今回の松平家次の擁立に際し、信長ちゃんが出した条件は、岡崎に全ての家臣を住まわせて、国人領主を作らせないというもの。
 多少の反対はあったようだが、スポンサーであるし兵を出す強み。強引に押し通した。きっと反対した面々も、後で効果に喜ぶに違いない。

 三河の情勢は以上だ。
 今川義元マロとの外交関係は、信長ちゃんと相談して決めよう。

 尾張に残る強敵は、上四郡守護代の岩倉城の織田信安(のぶやす)と、信長ちゃんの従兄ながら、信パパに対抗意識が満々の犬山城の織田信清(のぶきよ)だ。既に手は打ってあるので、今年中の尾張統一が見えてきたな。

 現時点で美濃(岐阜県南部)斎藤家との戦は考えていないけれど、そのうちに豊かな美濃は入手したい土地。だから、緩く友好関係を結びつつ、美濃統治の大義名分がほしいところ。

 昨年のうちに、信長ちゃんが美濃に挨拶をしに行きたい、という打診を斎藤道三にしてみたところ、返事があって『ぜひ会いたい』とのこと。場所は正徳寺(しょうとくじ)でいかが? ですって。

 史実で信長は斎藤道三と正徳寺で会談をして、道三が信長の器量を高く評価したと伝わっている。
 歴史は史実と違う流れになっているけれど、微妙に史実とリンクするのが面白いというか怖いというか。これが運命というものだろうか。
マムシ対策についても信長ちゃんと要相談だな。

 がたがたっ…………だーんっ!

 お。やって参りました。
 新築の屋敷で引戸も工夫してあるから、そんなに力を入れなくても大丈夫なんだけどな。相変わらずの信長ちゃんの所作の荒さに苦笑してしまう。
 ここばっかりは、お(しと)やかな妹ちゃんに軍配があがるよな。

「さこーん、寒いなあ。こたつで、ぜんざいを食べにきたのじゃ」
 とはいうものの、彼女が屋敷に来てくれると、やっぱり嬉しい。
「姫、よくぞ参られた」
「うーん。ぽかぽかでぜんざいは格別じゃな」

 こたつでお茶碗のぜんざいを食べて、仏の多羅尾のような極楽笑顔の信長ちゃん。だがあえて、ここは厳しくいかせてもらおう!
「マムシの件いかがでしょう?」
(さち)の下のワシも知らぬ妹をやろうと思ってな。父上には許しをもらったゆえ。それに祥は、家中に嫁ぎたいと強く望んだでな」

 信パパにはいったい何人子供がいるんだよ。こういう時には便利だから助かるけど。先ごろ生まれたお市ちゃんが九女で、あの祥姫が四女だから、おれの知らない妹が四人いるわけか。
「なるほど。それは、なによりでした」
「しばし、待っておれ……」

 信長ちゃんは屋敷の入口の方へ小走りで行き、すぐにぜんざい茶碗を持って来て再びこたつに入る。
 おかわりしに行ったんだな。
 屋敷の入口には待機用の小さな部屋があるので、きっと小姓やお奈津が控えているのだろう。

「姫、そういえば、大杯ぜんざいはやめたのですか?」
 ふと気になり尋ねた。
「ワシもな、だんだんと育ってきておるので、(わらし)のようなことはやめたのじゃ」
 なるほど。色々と気を遣い始めているんだな。でも、おかわりをたくさんしたら、大杯ぜんざいと同じだぞ。

「それにな。昨年より二寸(六センチ)も背が高くなったのじゃぞ!」
 頬を膨らませながらのドヤ顔は、以前伝わってしまったツルペタへの意趣返しだろうか。そういえば、去年よりもだいぶ背が伸びている。

「おおっ! それはそれは重畳でした!」
「フン! そのうちに、つるでもぺたでもなくなり、さこんの背を追い抜かしてくれる!」

 史実の信長の身長は一七〇センチ前後と伝わってて、この時代としては大男と言っていい。信長ちゃんも、一六五センチぐらいまで身長が伸びるとすれば、あと二〇センチも背が高くなるのか。

 信長ちゃんは口ぶりに反しては機嫌のよさそうな笑顔で、こたつの中でおれの足を軽く蹴ってきた。
「はっ! 大いに楽しみにしております」
「で、あるかあ」
 すっかりこたつの影響で、気の抜けた極楽顔の城主で上司である。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

織田吉(三郎信長


 那古野城城主で周辺一〇万石の領主。織田信秀の嫡子。

 織田信秀の次男に生まれるはずが、どこで間違ったのか女性に生まれてしまった。見た目は現代風美少女だが男装を好む。最近はアクセサリーを頻繁に変える、鎧を着替えるなどオシャレに気を遣うようになっている。

 奥手で、『つるでぺた』を気にしているが実態は不明。


 戦場では鉄砲を使う。

 初陣で敵大将を討ち取るという大殊勲を挙げた。

 美濃の斎藤義龍との結婚計画があったが流れた。

 口癖は、一人称「ワシ」、二人称「ヌシ」、語尾は「のじゃ」、肯定は「で、あるか!」。「素っ首貰い受ける」もお気に入りのようだ。

 自分に理解を示した左近のことを、とても気に入ってやがて好意を示す。左近の部屋に入り浸っている。

 政治・外交・経済のセンスは抜群で、左近をはじめ周囲をしばしば驚かせる。

 頭に血がのぼると一直線な行動をとることも多い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み