第六話 死神左近と太田牛一

エピソード文字数 4,097文字

 ◆天文十四年(一五四五年)六月二十一日 尾張国(おわりのくに) 那古野(なごや)

 くっ。これが戦国時代の武将の凄まじさなのか。恐ろしくて仕方がない。
 だが、斬られる理由がまったく思い浮かばないんだ。勘弁してください。

「ふふふ。斎藤か松平の手の者かと思ったのだが、武芸の嗜みは全くないようだな」
 にこやかに微笑んで、平手爺は刀をカシャンと鞘に収めた。
 なるほど。爺はおれを敵国の間者かと思って、探りを入れたのか。むしろ抜刀したときに、素早く反応しなかったのがよかったのかもしれない。

 ――危なかった。恐怖で背中が汗でじっとりしている。
「そ、(それがし)は吉様のお役に立とうと……」
 何とか言い返す。
「姫様は(たぐい)まれな逸材であるぞ。その言葉通りしかと励め。ははは。おぬしも多少の鍛錬は必要だな。ではな!」
 人のよさそうな笑みを浮かべて、平手爺は出て行った。間者疑惑は払拭できたのかな?

 確かに冷静に考えれば、織田家にとっておれは得体のしれない怪しい人物だ。おれ自身も信長ちゃんと同じく、実績を認められなくては家中の発言力は皆無ということ。ずしっと肩が重くなった気がした。
 だが平手爺も、どうやら信長ちゃんの実力を認めているようだし、悲観するだけではなく、明るいニュースもあるぞ。ともあれ、信長ちゃんの地位向上のための政策を考えなくては。

 文机(ふづくえ)の前で、人材確保作戦に引き続き、商業・農業政策を考えていたら、いつの間にか夕刻になってしまった。
「客人がお見えです。こうだ又助(またすけ)殿とやらだそうです」と声が掛かった。
 はて、誰だろう? おれを訪ねる客がいるなんて。もちろん、心当たりは全くない。もしかすると、おれと同じく未来から来た誰かだろうか?
 ともあれ、会ってみないと話にならない。
「会いましょう」
 謎の来客と会うことにした。

 ◇◇◇

「やあやあ、どうもどうも! 夜分に恐れ入ります。かの有名な滝川左近殿でしたな、うふ」
 五尺三寸(一五九センチ)ほどの身長で、割と細めの体型。歳はおれと同じくらいだ。人がよさそうにニコニコ笑顔で腰が低そうな感じだ。だが全く記憶にない顔だ。誰だよ、こいつ?

(それがし)が有名ですと?」
 驚いて訊ねてみる。
「拙者の耳には、左近殿は種子島(てっぽう)の達人と聞こえておりますぞ。一度腕前を拝見したいものですな、うふ」
 そういえば、滝川一益は、信長に鉄砲の腕を見込まれた逸話があったな。どうでもいいけれど『うふ』のところで、人のいい笑顔から悪代官のニヤリ笑いになるのはやめてほしい。

「多少の心得はございますれば……して、お手前は?」
 本当に達人並に火縄銃を撃てるかどうかわからないけれど、まあ、なんとかなるだろう。自然と馬に(またが)れたように、身体が覚える系の技術は、うまくこなせそうな気がする。
「どうも失礼つかまつった。拙者、太田又助(おおたまたすけ)と申します。拙者、軍記やら噂話を記録するのが何より好きでしてな。
 かの有名な滝川左近殿が那古野においでとのことで、取るものもとりあえず、駆けつけた次第でしてな。うっふっふ」

 わかった! こいつは、『こうだ』ではなく太田――太田又助信定(のぶさだ)だ。信長の一級史料とされている『信長公記(しんちょうこうき)』を(あらわ)した太田牛一(ぎゅういち)だよ。牛一がしっかりと記録を残してくれていたおかげで、信長の事跡が正しく後世に伝わったといっていい。
 授業でやったよ、むちゃくちゃ感動!

 今は尾張守護の斯波(しば)武衛(ぶえい)義統(よしむね)の配下のはずだ。
 なるほど、携帯用の筆と墨壺のセット(矢立(やたて)と呼ぶらしい)を首に掛けている。しかし、おれが那古野に来たのは昨日だけれど、どういう情報網持っているんだよ。

 牛一は絶対に使える。牛一から様々な情報を聞き出して有効活用したい。機嫌をとっておこう。
 太田牛一は信長の元で事務を司る右筆として活躍するが、弓の名手でもあったはず。史実では確か美濃攻めで、信長に大賞賛されている。

(それがし)の種子島などは児戯(じぎ)でしょう。又助殿の弓こそは諸国に『今与一(いまよいち)(弓の名手の那須与一(なすのよいち))』と聞こえておりますぞ」
「拙者、的当て上手といえど、戦で手柄を立てねば宝の持ち腐れですな、うふ。それに比べたら左近殿は……」
「ん? (それがし)は?」
 牛一が口元を手の平で半ば隠しつつ、耳打ちするような小声で(ささや)いた。
近江国(おうみのくに)で無体な行いをした遠縁を、誅殺(ちゅうさつ)したそうですな、うっふっふ」
 全く心当たりがないけれど、確か一益に故郷で人を殺めて放浪の旅に出たというエピソードがあった気もする。
「噂話には尾ひれがつくものです。少し脅かしただけですよ」と適当に話を合わせる。

「拙者の耳には、左近殿に狙われた者は死から免れぬゆえ、『死神左近』と恐れられていると聞こえて来ますな、うっふっふ」
 異名ならば史実どおりの『進むも滝川、退くも滝川』の方がいいのだが。というか、左近の名乗りは昨日からだったよな。

「又助殿、盛ったな!」
「左近殿にはかないませぬな、うっふっふ」
 侍女に持って来てもらった酒のせいもあり、牛一とすっかり仲良くなってしまった。後世のためにも太田牛一は、下手な戦で死なせてはいけないな。官僚としての事務能力を高めてあげなくては。

「左様。これが『8』で、これが『9』です」
「二つ団子が『八』に、串付き上団子が『九』。南蛮数字には、まこと団子が多いですな、うふふ」
 灯油を利用した薄ぐらいオレンジ色の灯りのもとで、大の男二人がニヤニヤ笑ってる図は悪巧みにしか見えないよな。真面目な勉強会なんだが。

 どんっどんっどんっ! どたっ……どんっどんっ!

 おっと。なにやら盛大な足音が。しかも転んだ?
「さこんーっ! 疲れたのじゃ。爺は鬼であるぞ。しかも、膝が痛むのじゃ」
 信長ちゃんが、客間にずかずかと入り込みながら喚きはじめた。今日は、女子の小袖姿でポニーテールだ。慣れない服装なので転んだんだろう。吹き出しそうなのを何とか耐える。
 見た目は美少女なんだけれど、所作が致命的に荒いんだよ。牛一も唖然としている。

(きつ)様、こちらの御仁は、武衛様家中の太田又助殿です」
「左近殿、もしかして……お、おお、お、尾張那古野の吉姫様で?」
 牛一に向かって首肯(しゅこう)する。『大うつけ』と口走りそうになったのを巧く誤魔化したな。
 信長ちゃんは、部屋の隅にあった円座を持ってくると、床に置いてどかりとあぐらをかいて牛一に酌をする。

「うむ。又助殿、よくぞ参られた。織田吉じゃ。今宵はゆるりとされよ」
「はっ! 太田又助、お初にお目通り(かたじけな)く……いただきます!」
 信長ちゃんはドヤ顔をしてるけれど、女子の着物でその座り方では、具が見えてしまいそうだぞ。さすがに主君にあられもない格好をさせていたらまずい。パンツを開発してあげなきゃな。
 牛一もトレードマークの『うふ』が出ずポケーっとしている。

「ワシも呑むぞ。左近、酌じゃ」
「はっ!」
 あれ? 信長は下戸(げこ)という逸話が残っていたはず。だが、多少は飲めるのかもしれないな。

「余りに爺が小うるさいので、『大垣の城は当家の鶏肋(けいろく)(たいして役に立たないが、捨てるには惜しいたとえ)なのじゃ。(まむし)(斎藤道三)に返してやれ。蝮の子らはじきに争う。いずれが勝つか見極めねばならぬゆえ、すぐの縁談は利が出ぬのじゃ』というてやったわ。ワハハ、爺の顔を見せてやりたかったのじゃ」
「あっぱれ! さすがは殿です。この調子で必ずや大殿や爺を見返すことができましょう」

「で、あるか!」
 信長ちゃんさすがだよ。政治センスは抜群で史実どおりだ。自然と『殿』と言えた。
 牛一が呆気にとられているので、水を向けてみる。
「殿、ところで、又助殿は『今与一』と呼ばれる、剛の者であります。しかも、事務方もこなせる才人でもありますよ」
「いえいえ、拙者などまだまだ……」

 牛一は謙遜するが、信長ちゃんは、グイっと盃を開けると立ち上がり、牛一の真前に腰を下ろす。きっと、願ってもない展開になりそうだぞ。
「ほー!? 今与一とな。さすがじゃ、さすがじゃ」
 信長ちゃんは、呟きながら、ひとしきり牛一の顔を覗き込んだり、腕の筋肉を指でつついたりしている。
 牛一も、美少女信長ちゃんに褒められて、満更でもないようだ。

「又助! ヌシはワシの『弓三人衆』の筆頭じゃ。励め! 武衛様には、平手の爺が言上するゆえ心配要らぬ……おっと、左近、酔ったようだ。介添(かいぞえ)を頼むのじゃ――しかし、鳴かないホトトギスは『是非に及ばずホトトギス』か『売ってしまおうホトトギス』に決まってるのじゃ」
 言いたいことを言って満足したのか、信長ちゃんは床に倒れこんで、早くも寝息を立てている。エピソードどおり下戸だったらしい。
 しかし満点の出来だよ。やったね信長ちゃん! 太田牛一を部下として強引に引き込んだぞ。
 おれは侍女を呼んで後の事を任せると、本人が知らぬ間にめでたく転職が決まった男の肩をぽんっと叩いて言ってやった。

「よろしくな! 相棒。弓三人衆筆頭とはさすがだ。祝い酒だ! 三人衆といっても、今は又助ひとりだけどな」
「拙者、そのような気がしてましたな、うっふっふ」
 ご機嫌のところ申し訳ないが、牛一。明日から数日間は、気合を入れて資料作りだぞ。信長ちゃんが嫁にいったら、即座に職場がなくなってしまうから。
 大殿(信秀)に信長ちゃんから献策させてうまくいけば、すぐ嫁入りという話にはならないはずだ。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

織田吉(三郎信長


 那古野城城主で周辺一〇万石の領主。織田信秀の嫡子。

 織田信秀の次男に生まれるはずが、どこで間違ったのか女性に生まれてしまった。見た目は現代風美少女だが男装を好む。最近はアクセサリーを頻繁に変える、鎧を着替えるなどオシャレに気を遣うようになっている。

 奥手で、『つるでぺた』を気にしているが実態は不明。


 戦場では鉄砲を使う。

 初陣で敵大将を討ち取るという大殊勲を挙げた。

 美濃の斎藤義龍との結婚計画があったが流れた。

 口癖は、一人称「ワシ」、二人称「ヌシ」、語尾は「のじゃ」、肯定は「で、あるか!」。「素っ首貰い受ける」もお気に入りのようだ。

 自分に理解を示した左近のことを、とても気に入ってやがて好意を示す。左近の部屋に入り浸っている。

 政治・外交・経済のセンスは抜群で、左近をはじめ周囲をしばしば驚かせる。

 頭に血がのぼると一直線な行動をとることも多い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック