第16話 百合の間①

文字数 2,001文字

 正語(しょうご)(みやび)に案内され、『百合の間』とやらに通された。

 そこは赤いアラベスク模様の絨毯が敷かれた広い洋間だった。
 大きな窓からは見事な日本庭園が見渡せる。

「すごい庭だろ」

 と、雅は部屋に入るなり、窓に立って得意げな顔をした。
 正語も隣に立ち同意するが、内心は時間が気になって仕方がない。

「ここの当主の守親(もりちか)じいさんは、足立美術館のマネしたかったんだって、そこの美術館の庭そっくりにコレ作ったらしいよ。
 あっ、足立美術館ってね、東京の足立区にあるわけじゃないんだよ、島根とか鳥取とかそっちの方にあるらしいんだよね。
 あたし、産まれも育ちも湯川市で、旅行なんか行けるようなご身分じゃなかったからさ、どっか遠くの有名な庭がこうして見れて嬉しいよ」

 惚れ惚れした顔で庭を眺めながら、雅はエプロンのポケットからタバコを取り出したが「おっと、禁煙だった」と、すぐにタバコをしまった。

高太郎(こうたろう)はタバコが大っ嫌いでさ、あたしが隠れて吸っても、すぐわかっちまうんだよ。酒もタバコも嫌い、賭け事もやらない、女もいない、何が楽しくって生きてんのか、よくわかんない男だよ」

 雅の話を聞きながら、秀一(しゅういち)から何かメッセージが入っていないかと、正語はスマホを取り出した。
 だが圏外だった。

とかいうやつ、使う? パスワード教えよっか?」と雅が言ってきた。

「ぜひお願いします」

kokohahonke111056(ここは本家いいところ)だよ」と雅は長いパスワードをそらんじた。「みんな携帯が使えないと大騒ぎするけどさ、あたしは携帯なんか持ったことないよ。身寄りもないし、連絡取りたいような友達もいないし、ほとんどこの家にいるんだから、そんなの欲しいとは思わないね」

 スマホが通じた途端、幾つものメッセージや伝言が入っているのがわかった。
 父親の正思(しょうじ)から何度も電話がかかってきていたがこれは無視した。
 秀一からラインが来ていた。
 こっちは急いで開く。

 『懐かしい人とご飯を食べることになったから、昼に待ち合わせできなくなった。ごめんなさい。西手で待ってて』

 メッセージを読んだ途端、正語はつい不満げな顔になった。 

 (なんだよ)

 あんなに早く帰りたがっていたのにと、面白くない。

「悪い知らせかい?」と雅がこっちを見ていた。

「電話をかけさせて下さい」と、正語はスマホを片手に窓から離れた。
 部屋の隅に行き、秀一に電話をかけようとした。だが、すぐに思いなおす。

 秀一は久しぶりに生まれ故郷に帰ってきたのだ、昔の友人と会って長居する気になったのだろう。

 (……邪魔することもないか)

 正語はスマホを閉じた。閉じたら急に気が抜けた。
 近くの椅子にどかりと腰を下ろした。

 (元カノにでも出会ったか)

 正語がぼんやりと腰掛けていると、突然、部屋の扉が開いた。
 白髪に和服姿の男が部屋に入ってきた。 

 正語はすぐ立ち上がり、会釈した。

 男の後ろには真理子が立っている。コーヒーセットを載せたトレイを手にしていた。

「おっ、やっと来た」と雅は窓から離れて、男の横に立った「クガちゃん、この人が高太郎、守親じいさんの長男で、真理ちゃんのお父さんだよ」

 高太郎は正語に向かい静かに頭を下げた。
 正語も改めて頭を下げる。

 雅は真理子からトレイを受け取ると、「さあさあみんな、突っ立ってないで座った座った」と、テーブルにコーヒーカップを並べ出した。「高太郎、このクガちゃんはね、智和(ともかず)さんから送られてきた刺客だよ。あたしたち、いよいよ腹括らなきゃね」とふざけた。

 正語は高太郎に椅子を勧められ、腰を下ろした。

 雅は、「真理ちゃんは、こっちにお座り。お似合いなんだから」と正語の隣に無理やり真理子を座らせた。

 正語は正面の白髪の男を観察した。
 智和の兄なのだから歳は60前後ぐらいか。どこか悪いのか顔は青白く、ひどく痩せていた。

 そして、高太郎の瞳の色は黒かった。
 鷲宮の一族でも、高太郎、智和兄弟は灰色の瞳を授からなかったようだ。

 部屋にコーヒーの匂いが漂った。
 正語の横で真理子がポットからコーヒーを注いでいる。

 雅はコーヒーの注がれたカップを真理子から受け取ると、砂糖とミルクをこれでもかと大量に入れた。スプーンでカップをかき混ぜながら、三人から少し離れた座り心地の良さそうな肘掛け椅子に陣取る。
 まるで、待ちに待ったテレビドラマがやっと始まるといったような顔つきだ。

 正語は不思議だった。

 ——この雅という女は、いったいこの家でどういった立場なのか。

 勤めていたスナックに高太郎が一人でやって来た時に意気投合したと雅は話していたが、高太郎の神経質そうな顔を見ていると、その話がにわかに信じられなくなってくる。

 第一、酒もタバコもやらない男が一人でスナックに行くものなのか。

 (俺の考え過ぎか?)

 まあいい。

 (時間もできたことだし、この家の隠し事とやらをじっくり聞かせてもらうか)
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

鷲宮秀一、主人公の高校生

九我正語(くがしょうご)、秀一の従兄弟、警察官

九我正思(くがしょうじ)正語の父親。人の恋愛感情を瞬時に見抜く特殊能力を持つ。

九我光子、正語の母親。秀一の伯母。

雅、介護士。雅は熟女スナックにいた時の源氏名。本名は不明

夏穂、秀一の幼馴染。秀一に片思い。

涼音(すずね)、秀一の幼馴染

武尊(たける)、秀一の幼馴染

賢人、秀一の甥っ子

真理子、みずほ中学の教師

コータ、真理子の弟、秀一の幼馴染

野々花、パンケーキ店の女主人

岩田、秀一のテニスの師匠

鷲宮一輝(故人)秀一の兄

鷲宮輝子(故人)秀一の母親。正語の母親、九我光子の妹

水谷凛、夏穂の従姉妹

鷲宮智和、秀一と一輝の父親

鷲宮高太郎、智和の兄

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み