第18話中華料理店店主 楊

文字数 935文字

午後3時、近所の中華料理店の店主が入って来た。
「いらっしゃいませ、楊さん」

飛鳥は、いつものように、ふんわりとした挨拶。

楊は、にこやかに飛鳥の前に座る。

飛鳥は、楊の前に、冷たいほうじ茶を置く。
「仕込みは若い人に?」

楊は、ほうじ茶をゴクゴクと飲み、またにこやかな顔。
「美味いねえ・・・これ・・・」
「うん、息子に任せてる」

飛鳥は、楊の前に、大福餅を置く。
「餡は、和風ですよ」

楊は、うれしそうな顔。
「これこれ・・・ここの店伝統の大福」
「若い頃からだから・・・先々代から食べている」
「・・・って半世紀?」

飛鳥は、深く頭を下げる。
「長いお付き合い、ありがとうございます」

話題は中華料理の流行だった。


「横浜で何か流行ると、こっちまで影響してね」
「フカヒレ、肉まん、タピオカ、酸辣湯、飲茶、最近は揚げ小籠包か」

飛鳥
「中華料理は幅広く、美味しい物にあふれていますから」
「春巻きでも、昔はカスタードクリームが中に入るとか」
「アレンジする力も、すごいなあと」


「この神保町も激戦区でね」
「いろんな店で、切磋琢磨」

飛鳥
「神保町には、かつての国家主席の周恩来さんが学生の頃に通った店とか」
「池波正太郎先生ごひいきの店は、独特の焼きそばと、冷やし中華は元祖とか」
「そういう豪華な中華料理店もありますし」
「昔ながらの、関東風中華そばと炒飯の店もある」

楊は、飛鳥の顔を見た。
「ところで、気になっていることないかな」
「飛鳥君が、日本人として・・・とか」
「同じ業界の人として」

飛鳥は、少し考えて答えた。
「味とか料理、そのものは言いません」
「やはり、日本人が求めるものは、店の清潔感」
「店員の接客態度も、気にします」
「楊さんのお店は、安心して入れますが」

楊が頷くと、元は続けた。
「整理整頓がなされていない、掃除が徹底されていない」
「店員に愛想がない、水を置く所作一つでも、酷い店もあるとか」
「もっと酷いのは、お皿が欠けているとか」
「よく洗って拭いていないのか、水のコップが生臭いとか」
「そういう店は、やがて何か失敗するリスクがあるかなと」

楊は厳しい顔になった。
「神保町の中華で、食中毒を出せば、全体に関わる」
「会合で話してみるよ、ありがとう」
「俺もね、少し感じていたんだ」

と、そのまま飛鳥の手を握っている。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み