83

エピソード文字数 525文字

【紗紅side】

 信長に仕え、長良川の戦いにて初陣を果たす。信長はあたしに女として生きることを諭したが、あたしはそれに従わず、自ら合戦に志願した。

 軍勢に紛れ、甲冑を身につけ刀を手にしたあたしは、例え合戦で命を落としたとしても本望だった。だが、男達の命をかけた戦いは、ドラマや映画とは比較にならないほど、凄まじいものだった。

 矢が飛び交い、鋭い刃が何度もあたしを襲う。目の前で人が斬り殺され、血飛沫を全身に浴びる。

 義龍軍との戦いは苦戦を強いられ、間一髪のところを何度も信長に助けられた。

「紅、わしの側を片時も離れるでないぞ!」

「……はい」

「殿!義龍軍に敗れ斎藤道三殿が敗死したとのことです!」

「……なんと、それはまことか!?」

 信長は帰蝶の父を救援することが敵わなかった。

 斎藤道三の敗死により、織田軍は撤退することを決め、兵を引き上げる。城に戻った信長は兵を労い、傷悴しているあたしを部屋に呼び寄せた。

「紅、そう肩を落とすでない」

「殿、於濃の方様のお気持ちを察すると身にあまるものがございます。斎藤道三殿が討ち死にするとは……、悔しゅうてなりません」

 涙を溢すあたしに、信長はこう切り出した。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み