深呼吸

エピソード文字数 361文字

自分を落ち着かせるために、大きく深呼吸をする。
両手を横に開いて、やや天井を見上げるように大きく深呼吸、、、。

「琴葉、あんた何やってんの?」
急に扉が開き、さつきさんがこちらを冷ややかな目で見つめる。

「い、いや。怪しくないですよ、わたし」
自分で言った後で、なんて怪しい弁明だろうと、気づく。

「何か緊張しちゃって。ちょっと落ち着こうと深呼吸してただけなんですよ。」
改めて説明をすると、
「見りゃわかる。何でそんな緊張してんのかってことよ。あんた、うちで、一週間くらい実習したじゃん。初対面でもないし、何を今更緊張何かしてんのさ。今日からここが家みたいなもんなんだから、気楽にやんなよ。そんなんじゃ続かないよ。」
そういうと、
「とりあえず着替えといで。あんた用に新しいスクラブの上下買って用意してあるから。」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み