第59話  萌ちゃん。ゴリちゃん

エピソード文字数 5,850文字

ん、んん~~?

 そんな声を上げながら目を開ける。

 視界から得られる情報は、薄暗い自分の部屋だった。


 無意識にスマホのある方向に手を伸ばし、すぐに時刻を確認していた。


 朝四時過ぎ。


 こんな時間に目が覚めるとは……

 いくら規則正しく生活してても、こういう時もある。



 あまりにも早いので、もう一度寝てしまおうかと思ったが、妙に目が冴えてしまった俺は、ベッドからむくっと起き上がる。


 そういえば小説でも書こうかな。早く更新せねば白竹さんも待っていると言うし……


 ふらふらとパソコンの前まで来ると、窓のカーテンを捲る。まだ薄暗いじゃないか。



 まてよ。どうせなら……

久しぶりに、走るか
 俺はこんな時間が結構大好きだったりする。



 引っ越してから、筋トレやってねーし。身体が鈍っちまってる気がする。


 この前の体力テストでも染谷くんや魔樹と互角だったのが、自分自身でも許せないし。


 というわけで、小説はまた今度にしよう。



 もう一度スマホの電源を入れると、入れ替わりサイクルのテキストを確認。


 昨日は……午後四時十分に楓蓮に入れ替わった。

 そんで、十時二十分にはベッドで寝たと記録されている。


 つまり。楓蓮で過ごした時間は六時間十分。

 ざっくり計算すると、あと五十分で最初のリミットが来る。


 それプラス。寝るまでの意識のある時間だな。これを考慮しないといけない。

 これを三十分と過程すれば、あと二十分ほどか。

全然いけるな

 リミットが来ても、最初の一時間は頭痛も殆ど気にならない。

 ぶっちゃけ俺としては、最初の一時間は割とセーフティな時間だと思っている。


 中学時代は楓蓮の時間が短かったので、授業中にリミット一時間経過なんてザラだったしな。



 それに、ただの走りこみだし。

 やばくなったらすぐに家に帰ってこれるので全然心配ない。


 と言う訳で、パジャマを脱いで、タンスからジャージとサラシを取り出した。

これが面倒臭いんだよな

 俺は胸にサラシを巻く。結構ガチガチに。

 じゃないと、走るときにコレが邪魔で鬱陶しいんだよ。ほんと。



 ※

 華凛を起こさないように静かに玄関を閉めると、まだ薄暗い景色に自然と笑顔になる。


 昔から、夜中や朝方という時間は結構好きなのだ。

 周りを見ても人がいないのは、何故か心が落ち着くんだよな。


 たまに見かける人間をじーっと見たり、あいつこんな時間に何やってんだろーとか思ったり、俺はわりと一人で楽しめるタイプなのである。



 さて。走る場所なのだが、学校の連中から聞いた話によると、ここから歩いて十五分ほどの場所に、結構大きい川があるらしく、サイクリングロードもあるらしい。



 その方向へ向かい走り出すと、日中よりも少し低い気温が心地よくて、やたらテンションが上がってくる。



 すぐにトップスピードになると、坂が見える。

 ここを登れば川にたどり着くと、全力で走り出した。


おおっ。結構でかい

 川の幅はざっと二十メートルくらいありそうなでかい川だ。その周りはちゃんとコンクリ舗装されており、結構な道幅が川沿いに北まで伸びている。



 やばい。何だか妙に興奮してきた。

 まるで玩具売り場に来たように目を輝かせ、階段を下りていくのであった。



 上流まで何キロあるんだろうか。

 俺はそんな事を思いつつ、まずは北へと向かおうとした。



 すると、後ろから来た人間が物凄いスピードで俺を追い越していくのだ。

…………

 おおっ。早いぞ。

 でかいのに結構早いなあいつ。



 その後姿はアスリートみたいに筋肉質で、マラソンで走るような本格的な格好だった。



 よし。あいつを追い越すか。


 などと勝手に照準を決めると、そいつの後を追うように走り出した。



 ※

 でかい男を追いかけてから十分ほど。勝負にも集中していたが、初めてのコースなので余所見しながら、付かず離れず走っていた。


 綺麗な川だなこりゃ。魚とかいるのかな?

 都会って、川とか汚いというイメージがあったのだが、全然そんな事はないぞ。


 夏になったら凛と一緒に魚とりとか、泳ぎてーな。などと思っていると、景色が都会の町並みから、次第に緑が多くなってくる。かなり上流まで来たようだな。



 更に走ること十分ほどか。前を走る男が折り返してくるので、あそこで終わりだなと思った。


 そして、その男と今まさにすれ違っ――



 え?

なんだ? すっげー可愛い子なんだけど

 俺はその男……じゃなかった。

 女? 女だよな? 僅かに胸があった気がする。


 ごつい顔だが、女だよな? 短い髪の毛括ってたし。


 などと動揺していると、その女は俺を一目見て更にペースを上げやがった。



 マジか。あんなに筋肉モリモリで女だったのかよ。しかも俺がビビった顔をお見舞いしたから、無視されたのかもしれん。



 ってか……早いぞ! 

 あっという間に巨大な身体が小さくなっていく。


 

 こりゃ負けてられん。

 男だろうが女だろうが……俺より早い奴は許せない。


 

 さっさと折り返し地点を回ると、ここから怒涛の追い上げを見せる。


 

 すぐに視界に捉える大女に照準を合わせ、ひたすらに走りまくると、それに気が付いたのか、後ろを向きやがる。そしてペースを上げやがった。



 おいおい。まだ本気じゃねーって事かよ。


 

 待ちやがれ大女。

 とりあえずお前を追い越さねーと帰れねぇぞ!



 ※


 本気走りを見せる俺に、ようやく追いついてきた。


 横にピタっと張り付くと、大女は観念したのかそこからは同じペースで走り始めた。

早いですね
なんと! こんな可愛い子に声を掛けられるとは……

 息を切らしながらそいつに言ったつもりだが、俺の顔を見るものの何も言わない。

 思いっきり無視かよ。と思ったタイミングで、

あなたも早いですね。結構な距離走ってて、しかも俺に追いつくなんて

 え? 俺?


 ま、待て待て。お、男?

 いや、早まるな。声はなんとなく女の子っぽいんだが。



 しかし、でかいなこの人。身長190くらいありそうだ。

え? あの、失礼ですが……じょ、女性の方ですよね?

 思わず質問したのはいいのだが、俺今……すっげー失礼な事を言っちまったか?


 やべぇ。女だったら……なんつー事を!


 すぐに謝ろうとしたら、彼女は思い出したように「あっ」と漏らしてから「すんません」と謝罪した。

はい。女です。こんな顔でも、わりと乙女です。

あああっ! ごめんなさい! 私とても失礼なことを……

全然失礼じゃないっすよ。あなたが悪いのではなく、俺の顔が悪いんですよ

ゴリラみたいっしょ?

くっ……

あ、いや。すみません。

俺って言ってたから、その……

あ~~~~。そこっすね。


普段でも俺俺言ってますから、男だと思われても仕方ないですよ。

俺って言っちゃうのは癖でして。紛らわしくてすみません

 あぁ。それ分かる。

 俺だって、楓蓮の姿でたまに「俺」って言っちゃいますからね。


 


 そんな会話をしている内に、どうやらサイクリングコースの下流まで来てしまったらしい。 

ちょっと水分補給します
そうですね。ちょっと休みましょう

 ちょっと付き合ってもいいよな。悪そうな人じゃないし。


 というのも。こいつは……


 女とは思えないごつい顔だけど口調は妙に優しいし、なんとなく真面目な感じがしたからだ。



 楓蓮は女の子だと、ある程度付き合ってもいい。

 男なら容赦なく「じゃあまたねー」でオシマイだが。



 別に俺は女たらしではない。

 楓蓮で男に愛想良くしてしまうと、後々面倒な事になるのが嫌だからだ。


 ※


 サイクリングロードを上がると、自販機の群れがある場所へと連れて行ってくれた。何せ俺は始めてなので、こういったベテランランナーがいると助かる。



 二人ともスポーツ飲料を一気飲みすると、彼女と傍にある公園のベンチで喋っていた。

そういえば、お名前は? なんて言うのです?
自分は、稲坂 萌(いなさか。もえ)と言います
あはっ。可愛いお名前で
それは良く言われますね。顔と全然違うだろって。顔面詐欺っしょほんと

 ちょ! 思わず噴出してしまった。

 

 面白いなこいつ。固い表情はそのままだが、喋ってみると普通に良い奴っぽい。

私は白峰楓蓮です
白峰楓蓮さんか。イメージ通りっつーか。素敵っすね

 う~ん。こんな風に気さくに喋れるのって、なんとなく龍子さんに通じるものがあるな。


 もしかして、女なのに、男っぽい喋りがそう思わせるのかもしれない。



 そこから萌さんと色々と会話していると、自虐ギャグが多すぎて、笑いたくないのに笑ってしまうスパイラルに陥ってしまう。

別に「ゴリ」って呼んでくれていいですよ。俺は女だという自覚なんて、昔からありませんから

ゴリって……


で、でもさっき乙女だって……

ごめんなさい。ウソです。猫かぶってました。

 流石にゴリなんて呼べないけど、ここで気を使って「めちゃくちゃ可愛い」とも言うのもきっと失礼かと思った。



 それほど彼女の顔はゴリっぽいのだ。

 なんつーか王二朗くんに似てる気がする


 まぁ本人がゴリって呼んでも良いというので、彼女の意見を尊重するのが正しいのかもしれないが……流石に失礼だろ。


ゴリちゃん
いや、違いますね。そんな可愛い声ではなく、もっと履き捨てるように言わないと、俺は振り向けません
ゴリ萌ちゃん
それは萌なのか、ゴリなのか、一体どっちなんだよって話ですね

 こんな調子だ。

 だけど本人は笑顔になったので、それで良いと思った。

でも、俺に喋りかけてくるって珍しいですね。ここに走りに来て初めてですよ。

自分で言うのもなんですが、かなりハイスペックな顔面凶器なんで、逃げる奴らばっかりでしてね

 笑っちゃダメだ。ちゃんと伝えないと。
私は萌さんの事、とっても良い人だと思いますけどね

 直感がそう思わせる。

     

 別にお世辞でも何でもない。本心からの気持ち。

 その気持ちを分かってもらうべく、俺は微笑を浮かべていた。

おっと。そんな顔されると男なら一撃ですよ。萌ゴリには縁のない顔されても困ります
 自分で萌ゴリとか言い出しやがったぞ。

 しかもちょっと顔が赤いので、俺は噴出してしまうのであった。

つーか。こんな可愛い子に声掛けられるとか。


明日俺。死ぬんじゃねーか?

 ※ 


 一休憩終えると、萌さんはストレッチをし始めた。

 俺も横で一緒に参加してると、仲良く身体を動かし始める。


 しかし……その筋肉も去ることながら、マジでタフだな。



 ストレッチでも手を抜く事はしないし、集中している時は、ゴリな顔が更に険しくなる。



 隣に俺がいるなんて忘れてるように、没頭する姿はやたら好感が持てる。

 そんな真剣に取り組まれると、俺だって集中して身体を動かさねば。



 今度はシャドーボクシングを始める萌さん。既に汗だくである。


もしかしてボクシング部。とかですか?
いえいえ。俺は色んなジャンルが混ざってまして、何を隠そう。自称格闘家です
 マジかよ。それは興味があるぞ。
白峰さんは? 何故こんなハードなスケジュールを?
私も何気に格闘大好きっ子です

ローからミドル。そしてハイキック。

回し蹴りやソバットを披露すると、萌さんもマジ顔で「すごい」と言ってくれた。

こりゃ「にわか」じゃありませんね。分かりますよ。

本格的な動きに、萌。タジタジっす

 そう言われるともっと見せたいところだが……


 やべぇ……サラシがズレてきたかも。


 胸から落ちて来るのが分かった。

 こりゃダメだと思ったので、一時中断してベンチに座った。

どうしたんっすか?
あーちょっと、ズレてきたんで

 シャツを捲くり上げると「ほら。これ」と言いながら、一旦サラシを解いた。すると……



 あの巨漢である萌さんの目が真っ白になると、ゆっくりと後ろに崩れ落ちるのだった。  

で、でかリャンピン……
ちょ! 萌さん?

 大の字で倒れる萌さんに駆け寄ると、既に意識が朦朧としていた。


 しかも何で鼻血出てるんだよ!   

す、すびばせ……突然のスキル発動に……

 謝り倒す萌さんだったが、俺の顔よりも更に下。シャツの中に視線を動かすと、更に鮮血が飛び出した。



 なんだ? 俺の乳見たくらいで、何で鼻血出してるんだよ。

 萌さんは女性だろ?

すみません白峰さん。その伝家の宝刀。仕舞って下さい

 伝家の宝刀って……



 完全に取り乱す萌さんの言う通り、ささっとサラシを戻そうとするが、これが上手く直せなくてな……



 胸が見えなければいいんだろ。そう思った結果。シャツが捲れないように、腰に巻きつけるという方法を取った。


 しかし……

あの。さっきより。巨大化してません?
きつく締め付けてたから。ほら。走る時邪魔だから
な、なるほど。萌。納得

 さっきから萌さんのテンションがおかしい。

 ずっと白目だし、顔がプルプルしてやがる。


 そんなに俺の胸がおかしいのか?

 一応自分でも見てみると……こりゃダメな奴だ。

ごめん。先がつんがってた

え?

 あれ? それを指摘してるんじゃなかったのか?


 そう思っていると、萌さんの視線が胸に行った瞬間「だはっ!」っと声を出し、殴られたわけでもないのに、後ろに大きく仰け反ってしまったのだ。



 なんだか。このノリ。龍子さんに似てるなぁ。


 しょうがないのでサラシを服の上から巻くことで手を打った。これなら大丈夫だろう?

ナイスです。本来逆ですけどね。それなら辛うじて白峰さんを直視できます
いえいえ。普通に見れるでしょ?
参ったな。こんなシーンでも「ラッキースケベ」が発動するなんて
え? 

自分。昔から「ラッキースケベ体質」でして。


男女関わらず予期せぬスケベが降りかかるという運命の持ち主らしいんですよ。

 一々面白い萌さんだった。


 

 さぁ。そろそろ帰るか。結構な時間だしな。

 そして丁度リミットを告げる頭痛がすると、ベストタイミングだと思った。

萌さんはいつもこの時間、ここで走ってるの?
う~ん。毎日ではないですが、走るならこの時間ですね
分かりました。今度また一緒に走りましょう
お願いします。いつもボッチなんで嬉しいっす

 そんな時、公園の外から男の声で「おーい」と聞こえてくる。


 その声を聞くなり萌さんは「げっ」と漏らす。

何であいつが……ここに来るんだよ。

 そう呟く萌さんに質問しようとする前に、その男が目の前にまでやってきた。


 おおっ。こりゃその辺の男とは比べもんにならねーイケメンじゃないか。


 水色という奇抜な色をしたイケメンは俺を見るなり、軽く「ども」と言いながら笑顔を見せてくれた。

おい。こんな場所でお前……ナンパしてんの?

ああくっそ! 一番知られたくないヤツに見つかるとは……

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

キャラのプロフィールは、章の始まりにも記載しています。


ここに記載されているのは主要人物です。

その他の登場人物は章の始まりなどに記載しています。


読者視点は神視点。

物語の中の人達が知らないことを全部見る事ができます


また、二章からはキャラの心の声まで聞こえます(フキダシが灰色)

 ★ 黒澤 蓮 くろさわ れん


 本編の主人公。高校一年


 男女入れ替わり体質。
 
 弟の凛と共に、新天地で新たに生まれ変わろうと、楽しい学校生活を送ろうとする。友人作りに重きを置き、人との付き合いにはとても慎重である。


 とても弟思いの良いお兄さん(お姉さん)

 ★ 白峰楓蓮 しらみねかれん


  蓮の女性の姿。白峰というのは偽名。

  黒澤家とは繋がりを見せないように演じる。


  心の中は男の子なので、女の子のファッションやらに興味が無い。

  とても美人なのにあまり自覚がなく、女性の姿はオマケだと思っている。

 ★ 黒澤 凛 くろさわりん


 小学校六年生


 男女入れ替わり体質。

 

 兄である蓮を慕い、とっても素直で女の子のような性格。
 ことある毎に兄に甘えてしまい、いつまで経っても、子供のままなので、蓮は凛の将来をとても心配している。



 ★ 白峰 華凛 しらみねかりん


 凛の女性の姿。

 外部との接触が無いので、彼女の存在を知るのは家族だけ。

 楓蓮と違い、おしゃまさん。


 ★ 美神聖奈 みかみせいな


 高校で蓮と同じクラスとなる。実は小学四年生までの幼馴染。


 容姿端麗。成績優秀。運動神経抜群。リーダーシップ抜群。お金持ち。

 など、全てを兼ね備えている人。


 二人目の主人公。

 ★ 白竹 美優 しらたけ みゆう


 蓮と同じクラスとなる。ピンクの髪が目立つ美人。

 自分の家の喫茶店で働いており、メイド服で接客をこなす。


 学校と喫茶店では、雰囲気がまるで違うのには理由があり……

 

 三人目の主人公。 

 

 ★ 白竹魔樹 しらたけまき


 蓮の隣のクラス。美優は双子の姉弟。


 学校ではとてもクール。喫茶店では男の娘?

 双方を知る蓮にとっては、非常に疑問な人物。


 四人目の主人公

 ★ 染谷龍一 そめやりゅういち


 蓮と同じクラスとなり、前の席という事で付き合い始める。

 わりと積極的。学校ではいつも笑顔で誰にでも優しいが……

 

 五人目の主人公

 ★ 平八 へいはち 


 聖奈専属の運転手。

 黒澤家の秘密を知っており、蓮の親である麗斗(れいと)とは旧知の仲



ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色