110

エピソード文字数 600文字

 あたしと同じように、奇妙丸を慈しみ育てた帰蝶は、元服した奇妙丸を見つめ、生母のような優しい眼差しで微笑み瞳を潤ませた。

(立派になられ、母は嬉しゅうございますよ)

「母上様、初陣で必ずや勝利を納めてみせまする」

 あたしは奇妙丸の元服を期に、織田軍に身を投じる決意を固めた。信長は異を唱えたが、光秀の動向を探り、本能寺の変を回避するためには、家臣の中に身を置き情報を収集するしかなかった。

「信忠殿の初陣には、俺も出陣します」

「ならぬ。紅は合戦に連れては行かぬ」

「殿!どうか、出陣させて下さい!」

「合戦は男の戦場、女の立ち入る場所ではない。吉乃のように、わしを残し、信忠を残し、先に逝くつもりか。そのようなことはさせぬ」

 信長の本心に触れ、さらに決意は強まる。

「俺は死んだりはしない。殿や信忠殿の楯となりたいのです」

 信長の側に仕え2人を生かすことが、未来からタイムスリップしたあたしの使命。それで歴史を変えてしまったとしても構わない。

「ならぬ、ならぬ!わしはそなたを死なせとうはないのだ。わしを困らせるな」

 いつも鋭い眼差しで、ピリピリしている信長が、その時ばかりは切ない眼差しであたしを見つめた。

 信長があたしを生かしたいと思えば思うほど、あたしもまた信長を生かしたいと強く願う。

 日本の歴史を変えず、2人を救う方法
 をあたしは模索し続けた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み