寿命

エピソード文字数 1,740文字

 むかし、むかし、わたしは生き物をつくったが、その生き物たちの寿命(じゅみょう)を何年にするか考えていた。

「うーん、三十年ぐらいでいいかな? ――いいとも!」わたしはひとりごちた。
 
 するとロバがやってきた。

「神さま、わたくしの寿命は、何年にしていただけましょうか?」
「そうだな。三十年ではどうかね?」わたしの言葉に対しロバは目にいっぱい涙を浮かべながらこう言った。「三十年は、長すぎますでさ。わたくしは朝から晩まで、重い荷物を運ばなければならないのです――そんな暮らしが三十年も続くなんて、ひどすぎますでさ――どうか寿命を、もう少しおへらしください」
「なるほど」そこでわたしは、ロバの寿命を十八年にした。「ちっ」と舌打ちをした。
 
 ロバが立ち去るとイヌがやってきたので、わたしは訊いた。

「今、生き物の寿命を考えているのだが、おまえはどのくらい生きたいのかね? ロバは三十年では長すぎると言ったが、おまえはそれでよかろう」
 
 するとイヌはこう答えた。

「わたくしの足は、三十年も走れるほどじょうぶではございません。それに歯も十年やそこらで抜けてしまいます。走ることもできず、噛みつくこともできないからだでは、長生きしても仕方がありません」
「なるほど」そこでわたしは、イヌの寿命を十二年にした。「うーん」と腕を組んだ。
 
 イヌが帰ると、次にサルがやってきた。

「今、生き物の寿命を考えているのだが、おまえはどのくらい生きたいのかね? ロバやイヌは三十年は長すぎると言ったが、おまえは三十年にしても大丈夫だね」
「いいえ、神さま」
 
 サルは眉間にしわをよせてこう言った。

「あたくしの人生は、いつも人を笑わすためにおかしなイタズラをしたり、変な顔をしたりすることです。そんなはずかしい人生が三十年も続くなんてとてもとても我慢できません――ねえ、そうでございましょう。神さま」
「なるほど」そこでわたしは、サルの寿命を二十年にした。「あぁ!」と頭をかきむしった。

 最後に、人間がのこのこと、やって来たのだ。

「今、生き物の寿命を考えているのだが、おまえはどのくらい生きたいのかね? ロバもイヌもサルも三十年は長すぎると言ったが、おまえは三十年でもかまわないね」わたしが言うと、人間はがっかりしてこう答えた。「三十年とは、なんて短い寿命でしょう――やっと自分の家を建てて、これから人生を楽しもうという時に、なぜ死ななければならないのですか? お願いです。もっと寿命をおのばしください」
「なるほど、ではロバがいらないといった十二年をたしてやろう」
「十二年をたしても、たったの四十二年です――それではたりません」
「ではイヌの分の十八年も、たしてやろう」
「さらに十八年をたしても、たったの六十年です――まだまだ、少なすぎます」
「よし、それではサルの分の十年もたしてやろう。これでもう、おしまいだよ」
 
 わたしはそう言って、人間を帰らせた。
 このようなわけで、わたしは人間の寿命は七十年にしたのだ。
 はじめの三十年は、人間が元からもっている寿命だ。
 人間はその三十年間に、子どもをつくって家を建てる。

「ぎぇーひっひっひっ、結婚はゆりかごではなく墓場だ。ぎぇーひっひっひっ」

 次に来るのが、ロバの十二年だ。
 この十二年間は、色々な重荷を背負うことになる。

「ぎぇーひっひっひっ、家族の為に、いっしょうけんめい働け。サービス残業および休日にタダ働きなんのその、死ぬまでブラック企業で働け。ぎぇーひっひっひっ」

 そして次に、イヌの十八年がやってくる。

「ぎぇーひっひっひっ、この頃になると足腰がよぼよぼになり、頭はつるつるとなり、歯もぼろぼろ抜けていくのだ。ぎぇーひっひっひっ」

 そして最後に来るのが、サルの十年だ。

「ぎぇーひっひっひっ、だんだんと頭がにぶくなり、笑われるつもりはなくても、おかしな事をして笑われる。ぎぇーひっひっひっ」

 わたしは笑いすぎて喉がぶっ潰れて血反吐を吐いた。
 がらがら声で囁くことにしよう――死神のような、がらがら声で……


「これがにんげんのいっしょうなのだ」


 
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み