覚悟と恋の自覚 ④

文字数 4,166文字


****

 ――父の病を知った日のことは、今でもよく覚えている。というか、この先も一生忘れることはできないだろう。

 その連絡が母から来たのは、その日の午後。お昼休みも終わり、五限目の授業が始まって間もなかった頃だった。
 授業中に、制服のブレザーの右ポケットでマナーモードに設定してあったスマホが震えたのだ。開いてみると、発信元の表示は母の名前だった。
 直感的に、この電話で、父に何かあったのだとわたしには分かった。

「――先生! 母から急ぎの電話が……。出てもいいでしょうか?」

 授業中であったため、わたしはすぐに出られなかった。クラス担任でもあった国語の先生には事情をお話ししてあったので、彼女は「すぐに出て差し上げなさい」と言ってくれた。

「――ママ、お待たせ。……どうだった?」

 廊下に出て通話ボタンを押すと、わたしは第一声でそう訊ねた。

『絢乃……、いい? 落ち着いて聞いてね。――パパはね……』

「――え? 末期ガン?」

 母の答えを聞いた途端、わたしは目の前が真っ暗になった気がした。
 神様は意地悪だ。どうしてわたしたち親子に、こんなにも残酷な宣告をなさったのだろう?

『ええ、そうなの。元々はガン細胞が胃にできてたらしいんだけど、それがもう体中のあちこちに転移してて。後藤先生も外科医の先生も、もう手の(ほどこ)しようがない状態らしいのよ。余命宣告も受けたわ』

「そんな……。余命って、あとどれくらいなの?」

『もってあと三ヶ月、らしいわ。もういつどうなってもおかしくない状態なんですって』

「…………そう」

 わたしは重苦しい息を吐き出すように、それだけを言うのが精一杯だった。

「ねえママ、パパは入院しなきゃいけないの? 今日家には帰れるの?」

『そうね……、今日はとりあえず家に帰ってもいいって。会社のこともあるし』

 父が治療に専念することになれば、経営にも支障が出かねないということだった。母は会社やグループに(たずさ)わる人たちの生活面を心配したらしい。

「じゃあわたしも、先生に事情を話して早退させてもらうわ。電車で帰るから、時間かかっちゃうけど。コレばっかりは――」

『待って絢乃。寺田を迎えに行かせるから、あなたは学校の前で待ってなさい。電車じゃ時間がかかりすぎるでしょう?』

 母がわたしのために、寺田さんを動かすことはあまりない。この時ばかりは、緊急事態だからそうしたのだとわたしは思う。

「分かった。ママ、ありがとう! じゃあわたし、とにかく先生に事情を話すわ。寺田さんには、わたしが校門の前で待ってるって伝えてくれる?」

  母は「分かったわ」と言って電話を切った。

 ――その後、わたしはすぐに担任の先生に事情を話して、学校を早退した。
 本当はその場で早退届を提出しなければならなかったのだけれど、事情が事情なのでそれは翌日登校した時でいいと、先生は譲歩してくれた。

 校門の前でニ十分くらい待っていると、一台の黒塗りのセンチュリーが停まり、運転席から白手袋をした寺田さんが降りてきて、後部座席のドアを開けてくれた。
 彼は五十代半ばで、髪はロマンスグレー。篠沢家にはもう三十年近く仕えていて、母は高校時代から送り迎えをしてもらっていたらしい。――もっとも、元は五年前に六十代後半で亡くなった祖父のお抱えだったらしいのだけれど。

「お嬢さま! 奥さまから事情は伺っております。どうぞ、お乗りください!」

「ありがとう、寺田さん。――とりあえず、家までお願い」

 わたしは後部座席に乗り込むと、運転席でシートベルトを締め直している寺田さんにそう告げた。
 気持ちにゆとりがあれば、広々とした座席にゆったり座ってひと息つきたかったけれど。わたしの顔から緊張の色は消えなかった。

「心得ております、お嬢さま。では、安全運転で参ります」

 ハンドルを握りながら、彼はルームミラー越しにわたしの様子を心配そうに窺っていた。

「――お嬢さま。旦那さまのことがご心配でいらっしゃるんですね……。ですが、この車内では心を落ち着かせて下さって大丈夫でございますよ。お嬢さまは本当にお父さま思いでお優しい方ですね」

「うん。だってパパは、わたしのたった一人の父親なんだもの……」

 わたしの人生の目標であり、憧れであり、尊敬していた父が病に侵されているなんて……。父の苦しみを思うあまり、わたしは気がつけばひとり嗚咽(おえつ)を漏らしていた。

 そんなわたしを、寺田さんはただ好きなだけ泣かせてくれていた。

 ――気が済むまで泣いたわたしは、桐島さんに連絡しようと思い立った。
 でも、彼はその時間仕事中のはずだったので、メッセージを送ることにした。

〈桐島さん、さっきママから連絡がありました。
 パパは末期ガンで、余命はもって三ヶ月だそうです。ショックです。
 ガンって苦しいんでしょうね……。パパの苦しみを考えただけで、わたしは胸が張り裂けそうです。さっき、泣いちゃった。
 このメッセージに気が付いたら、何時でもいいので連絡下さい。 絢乃〉

「――お嬢さま、もうすぐ着きますよ」

 メッセージを送信し終えてスマホをポケットにしまう頃、寺田さんがわたしにそう言った。 

****

 ――家の玄関を上がると、スリッパに履き替えるのさえもどかしかったけれど、どうにか気持ちを落ち着かせて靴を履き替え、リビングへ飛び込んだ。

「ただいま! ――パパ、具合は……」

「おかえり、絢乃。お父さんは今のところ、何ともない。それより、お前の方が顔色がよくないぞ」

 父は明らかに強がっていた。そして自分の体調よりも、娘であるわたしの精神面を気遣ってくれていた。

「お母さんから聞いたんだろう? お父さんが末期ガンで、もう長くないと」

「うん……。パパも、告知されたの? 余命宣告も?」

 ガンを(わずら)った患者本人に、医師が直接病名や余命を告知することはあまりないらしい。治療に専念してもらうためなのだとか。
 なので、本人に席を外してもらうか、別室へ家族を呼んで病名や余命を伝え、家族から患者本人に伝えてもらうのが一般的らしいのだけれど。

「ああ。後藤はお父さんの性格を知り尽くしてるからな。下手に隠しごとはできないと思ったらしい」

「そうなの……。でも、ショックじゃなかった? 自分の死期がすぐ近くまで迫ってるなんて」

 わたしなら、到底受け入れられないだろう。いくらその医師が友人であっても、その言葉を信じられなかったと思う。
 でも、父はそれを受け入れた。それは友人である後藤先生との信頼関係からなのか、それとも潔い父の元からの性格からだったのかは、今となっては分からない。

「……そうだな。ショックじゃなかったといえばウソになるが。それでも隠されているよりは、正直に話してもらった方が、お父さんはむしろホッとしたな」

「どうして?」

 自分がもうすぐ死ぬと分かったのに、父はどうしてホッとしたのだろう? わたしは首を傾げた。

「それなりに覚悟ができるから、かな。死期が近いと分かったら、その分一日一日を大事に生きようと思えるし、お前とお母さんに遺言を遺すこともできるから」

「遺言、って……」

 その言葉はあまりにも重くて、わたしの胸はギュッと締め付けられた。
 そして、病を宣告された本人である父の落ち着きと、自分のことのように取り乱している自分自身との落差で、わたしの頭の中は混乱していた。

「……ママ、ごめんなさい。わたし、部屋にいるから。勉強しなきゃいけないし、一人になって頭を冷やさないと」

 父と母の前では泣けない。誰よりもその事態にショックを受けていたであろう両親の前で、当事者でもないわたしが泣くわけにはいかなかった。
 泣くなら自分の部屋で、一人になって思いっきり泣きたかった。

「……分かった。ああ、里歩ちゃんにはちゃんと連絡してあげなさいよ? きっと心配してるでしょうから」

「うん。もちろんよ。――じゃあ」

 わたしは頷き、リビングを後にした。両親を二人きりにしてあげたいという、親孝行めいた気遣いもあったと今は思う。
 まあ、お手伝いの史子さんもあの場にいたので、厳密には〝二人きり〟ではなかったけれど。

 母に言われるまでもなく、わたしはそうするつもりだった。里歩には父がこの日、病院で検査を受けることになっていたことは話してあったし、同じ学校で同じクラスなので、わたしがどんな理由で早退したのかも彼女は知っていたから。

 そして――、もしかしたら、彼からも連絡があるかもしれないと思っていた。

****

 部屋に戻ってからは、思いっきり泣こうと思っても泣けなかった。それどころか、何も考えられずに茫然としていただけだった。
 人間というのは、受け止めきれないほどの大きなショックを受けると、自動的に思考や感情を止めるらしい。

 わたしの部屋は、それだけで一般的なアパートの一室くらいの広さがある。彼が同居を始めた今となっては、別の部屋を二人の寝室にしたのでこの部屋はわたし専用の書斎になっているけれど。

 その広い部屋にクイーンサイズの大きなベッド、大きな机、テーブルと椅子のセット、ドレッサーがあり、専用のお手洗いとバスルーム、ウォークインクローゼットまでついている。
 部屋のインテリアは大好きな淡いピンク色で統一してあって、ラグもカーテンも寝具一式も全部、濃淡の違いはあってもこの色である。

 この後、わたしや母はどうなるのだろう? ――この時のわたしは、そんな答えの出ないそんな問いかけをずっと頭の中で繰り返していた。

 この家の財産は、当主である母が弁護士の先生とともに管理していた。だから父のガン治療にいくらお金がかかっても痛くもかゆくもなかったし、わたしの学費の心配だってなかった。

 でも、わたしが心配していたのはそういう金銭面のことではなくて、精神面でのことだった。

 わたしも父のことが大好きだったし、お見合い結婚だったにも関わらず、母も父のことをそれはそれは愛していた。
 父に万が一のことがあったら――余命宣告を受けたので、もうその確率はほぼ一〇〇パーセントに近かったけれど、わたしも母も、果たして立ち直れるだろうか? もう二度と、笑うことができなくなるのではないだろうか? ――そういうネガティブな想像ばかりが、頭の中をぐるぐる駆け巡っていた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃よ中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み