09

文字数 409文字

ごめん
ぼくは何も言わずに
きみを傷つけてしまう
きみに出会えて
ぼくは変われたと思ってた
だけど言葉や態度で示さないと
それは変われたとは言えないよね

ずるいと言われても
仕方がない
冷たいと言われても
否定できない
ぼくは傷つくのが怖いんだってよくわかって
きみは本当に強いんだってよくわかった
ぼくはこのままずっと避けて逃げて
きみは立ち向かって掴んで
ぼくたちはこの先交わる線上にいないことが
やっとわかったよ

ごめん
ぼくは自信がないのに
きみを想っていた
きみに出会えて
ぼくはどうしたらいいかわからない
この曖昧な感情を抱いて 押し殺して
それは本当に情けないよね

何を考えるかわからないと言われても
仕方がない
伝わってこないと言われても
否定できない
ぼくはきみが他の誰かと笑うのに嫉妬して
きみにぼくの気持ちをちゃんと伝えなかった
ぼくはこのままずっと避けて逃げて
きみは立ち向かって掴んで
ぼくたちはこの先交わる線上にいないことが
やっとわかったよ







ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み