第37話 代わりの、かけがえのないモノ

エピソード文字数 3,599文字

ミエ君の上京、JAM国際鉄道模型コンベンション出席のための便を探すことになった。

豊岡ー東京便の運休は決定事項であった。

京都まで出てバスか、豊岡から列車で出て新幹線か。私は便を探しました。
その時ワタクシもミエくんのためにJRバスの関西-東京便を探しておった。
なにやってるんですか。ミエさんが自分で探すから任せるべきですよ。時間無いのに。
今回は設営時からミエくんが参戦する。しかしその予定で組んだのにミエくん不在ではさらに崩壊しかかっておる計画がさらに崩壊する。それでワタクシは憔悴しておったのだ……。
でも頭の使い所間違えててひどいっ。
また一人で搬入物品の山の中で遭難するワタクシの姿がフラッシュバックしておった。
去年そうだったもんねー。
覚悟の上とはいえ、あれはキツかった……。

今年はああなりたくないと思うてしもうた。

でも無事、京都発新宿行のバスが見つかりました。大崎着の予定だったんですがバスタ新宿着になったので、新宿駅のロマンスカーカフェで時間を潰してからビッグサイトへ向かうことにしました。
ワタクシもそれに合流するプランを立てた。バスのさらなる運休を予期してさらなる代替便の確保も考えたのだが、その必要はなさそうであった。
そこまで考えるなんて……。設営日の一人設営はそれだけきつかったのですわね。
軟弱と笑いたければ笑うがよい。一向に減らぬ梱包箱、山と残ったチェック項目、さらに設定項目もどっさり。

まさにあれは絶望そのものであった。

総裁でもそこまで追い詰まることあるんだねー。
そりゃそうよ、ひどいっ。
うむ。恐縮であるのだ。
また恐縮するところがずれてますよ。
そしてJAM開催前夜となった。この図面を見てワタクシは驚いたのだ。

A01が我々の出展ブース位置である。

うえっ、なんですかこの端っこに隔離されたような配置! ひどいっ。
めちゃめちゃ奥まった感じですね……。
これが事前にもらっていた配置図である。
すみっこの奥においやられてるー。
でもけっこうアバウトな図ですね。これほんと、大丈夫なんですか?
事務局がそう通告するのだからどうにもならぬのだ。

どういう判断だったのかはわからぬが、我らはこの逆境に甘んじるか、これを機に目一杯精一杯やるかのどちらかしかないのだ。

そうですわねえ……。でも、これはとらえようかもしれませんわ。

もともと事務局のレギュレーションでは建物の高さ制限1メートルもありましたし、スピーカーの使用についても制限がありましたわ。

でも、これならもう遠慮なく精一杯できますわね。

さふなり。むしろこの配置図の件で、ワタクシの沈んでいた心は燃え上がった。


遠慮なくやらせてもらうのだ。もう遠慮する相手もない。壁に遠慮はいらぬであろうからの。

ひいいい、総裁、ここまで遠慮してるつもりだったの?

それが遠慮なくやるってどうなっちゃうの!? ひどいっ。

恐縮なり。
また恐縮のポイントがずれてますよっ!
動画の編集にも俄然熱が入るというものである!!
そして編集した動画の書き出しを実施。
総裁の眼が完全に赤く燃えてる! ひいい! 止められない!
イキオイのあまり、ミエくんに検討してもらうためにアップした動画を一瞬一般公開にしてしまうミスをしてしまうほどである!
なにやってるんですか。
はいそこ意味なく照れない―。
総裁、照れてる場合じゃないですよ!
そういえば、このようなものが出ているのをわたくしはみていたのですが。これはなんでしょうか。
ひいい、この「鉄研でいず!」、マンガになっちゃってたんですか! しかも絵が下手でひどいっ!
私こんなブサイクじゃないー! ひどいなあ!
非難ゴーゴーですよこれ。なんのためにこんな血迷ったことしてるんですか。
む、これもJAM出展の告知目的に著者をして描かせた、我が著者初めてのマンガなのである!
なにやってんですか。でもこれ、pixivでランクインしちゃったなんで。500位以内になったとか申し訳ないですよ。
わたくしも各方面各位のみなさまに謝っておいたほうがいいと思いますわ。
私もそんな気がする。
でもこれ、なんか面白いですよ!!
菜々パイセン黙っててください、ひどいっ。
でもなんだかワチャワチャしてるのがいかにもこの鉄研っぽいですよ!
たしかにマンガのぼくたち、めっちゃ楽しそうですね。
メーワク鉄の問題も取り上げて、冗談みたいなヘタヘタマンガなのに読みどころもありますわね。
うむ。実際菜々センパイにはウケておるのう。マンガはその場で読んでもらえてその場でリアクションがわかるのが、じつに楽しいのであるな。
小説ではそういう事はまずありませんから、それが目の前で自分の作品を読んだ人が「ぷっ」と吹き出すのを見るのはまさに快感ですわね。
でも著者さん、こんなことしてる余裕あるの?
なかなかそのマネジメントが難しいのだ。どれを優先すべきでどれを後回しにすべきかの判断をつねに問われるのだ。しかもそれが正しかったかどうかなかなかわからない。
えええっ、なんですかこのキャラクターは!
これはカスタムキャストを使って作られたワタクシなのである。なかなか繊細なモーションで動くぞよ。
頭の動輪の髪飾りがナースキャップになってますね。
ユーザー作成のアクセサリーがまだインポートできないので代わりにそうなったのである!
力強く言ってもダメです!ひどいっ。
これはJAM本番でブースで上映する動画のナビゲーター役に使うのである。クロマキー合成が簡単にできることに気付いて急遽登場となった。
バーチャルYouTuberのような感じですわねえ。今のトレンドですわ。
でも口パクがいまいちシンクロしてなくてヒドイッ。
そこまではうまくいかなかったのだ。所詮ケータイアプリであるからのう。カスタムキャスト。
でもこれからの可能性は感じられますわ。発展すると色々できて楽しそうです。
でももう著者さん貧乏で3Dモデリングに使ってたShade3Dのライセンス更新諦めちゃいましたね。これからどうするんでしょう。
うぬぬ、3Dモデリング、DMMでの出力販売の3Dプリント鉄道模型信号機がポツポツ売れておったのだが、データの更新はしばらく諦めねばならぬのだ。継電箱などはもっとモールドをはっきりさせたいのであるが。
あれはメーカー製のものが未だにグリーンマックスの2種類しかないところに6種もセットに投入したのは素敵でしたわ。継電箱、実際は都心に近いと線路脇に大量に置いてあってそのバリエーションも多いのでそれを再現するには好適ですわ。
企画としての狙いは成功であったように思うのであるが、扉の取手がいまいち遠慮がちすぎて造形としてのパンチにかけておる反省がある。
そうだよね。もっとメリハリついた方がいい感じだよね。
去年の大洗駅モジュールでも使いました。なかなかキメのところでも使えてよかったですよ。
まさにニッチニーズをもう少しでガッチリ掴めそうですね。
なんとかまたデータの改良をしたいのだが…。ライセンス解約の時、なんとベンダー側から「早期のライセンス再開にはペナルティーがかかります」と言われてしもうた。
ええっ、なんですかそれ。がっかりだなあ。
まさにイミがわからぬ。また解約手続きも送付したPDFに捺印してスキャンしたものを送れとあった。
意味不明すぎてひどいっ。
さふである。イミがわからぬ…。
で、総裁、このノベルデイズ版鉄研、また公開に間があきましたね。何かあったんですか?
うむ。ここまでの大量の字数から言って、この話、書籍化はまず無理と思えておるのだ。
ええー、むりなのー?
前回も厚さ3センチ以上、完全に鈍器になるほどの分厚さなのだが、今回はそれ以上になりつつあるからの。
ってことは、収益化も無理ってこと!?
さふなのだ。もう著者も無収入の活動をする余裕はなくなってしもうたのだ。背に腹は代えられぬ。
もー、世知辛いなあ…。
ここまで実家の支援でなんとかやってきたが、とうとう年貢の納め時、もう一つの軍資金作戦も実施せねばならぬ。そのためYouTubeライブも定期放送が無理かもと弱気となったのである。
でも臨時放送化と言いながら定期に近いペースでやってますよね。
それは廃止の近づく寝台列車と同じなのである。徐々に危うくなっていき、定期列車から臨時列車となり、最後は臨時列車で廃止サヨナラ運転となるのだ。
いやな喩え方しないでください。ひどいっ。
ワタクシも軍資金作戦が少しずつ成功しつつあると言っても、このビンボーぶりの重圧でおかしくなりそうであるのだ。
でもpixivファンボックスの収益も投入できますわね。支援者さんのご支援、ほんとうにとてもありがたいですわ。
これだけの期待と支援をいただいてもお金の収支には焼け石に水なのだクククク。
ああっ、総裁が壊れかかってる! しっかりして総裁!
ええっ、このまま出展搬入日当日の朝になっちゃうの?! ヒドスギル!!
続きます!
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

長原キラ ながはらキラ:エビコー鉄研の部長。みんなに『総裁』と呼ばれている。「さふである!」など口調がやたら特徴ある子。このエビコー鉄研を創部した張本人。『乙女のたしなみ・テツ道』を掲げて鉄道模型などテツ活動の充実に邁進中。


*総裁のびっくりヒミツ能力(順次公開)

・隠れオッドアイ。安いラノベのキャラだと思われたくないので視力は悪くないのにカラーコンタクトをはめて眼の色を合わせている。しかしこのオッドアイのその眼を見てしまうと自白させてしまう作用がある。あまりにも危険なのでそれを抑制するためにもカラーコンタクト。


 ほかにもまだまだあります。


葛城御波 かつらぎ みなみ:国語洞察力に優れたアイドル並み容姿の子。でも密かに変態。しかしイマジネーション能力は随一。


武者小路詩音 むしゃのこうじ しおん:鉄研内で、模型の腕は随一。高校入学が遅れたので、実は他のみんなより年上。鉄道・運輸工学教授の娘で、超癒し系の超お嬢様。模型テツとしての腕前も一級。

芦塚ツバメ あしづかツバメ:イラストと模型作りに優れた子。イラストの腕前は超高校級。「ヒドイっ」が口癖。

中川華子 なかがわ はなこ:鉄道趣味向けに特化した食堂『サハシ』の娘。写真撮影と料理が得意。バカにされるとすぐ反応してしまう。

鹿川カオル かぬか カオル:ダイヤ鉄。超頭脳明晰で、鉄道会社のダイヤをアルバイトで組んでしまうほどの『ダイヤ鉄』。プロ将棋棋士を目指し奨励会所属。王子と呼ばれるほどハンサムな女の子。電子回路やプログラミングが得意。


田島ミエ たじまみえ:総裁の古くからの友人。凄腕の模型テツ。鉄研のみんなと一緒に大洗などを旅行したものの、関西在住で滅多に会えない。なおかつその実像は不明。

小谷奈々 おたりなな


総裁の友人。凄腕のBトレ自動運転の模型鉄。地下アイドルをしているらしい。ウサミン星がどうとか言っていたが詳細不明。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色