住む世界が違う? ①

文字数 3,279文字

 ――世間をざわつかせた篠沢商事・総務課でのパワハラ問題も、年度内に何とか無事に収束できた。

 わたしと村上さんで行った謝罪会見は、その日の報道番組で軒並み取り上げられ、またネット配信もされていたようだ。
 翌日までその反響はすさまじく、報道番組やワイドショーなどではコメンテーターが好き勝手に批判し、SNSでも賛否両論が巻き起こっていた。けれど、翌日の夜にはわたしたちの誠意ある対応を賞賛する声の方が多くなっていた。

 そして四月。新年度が始まり、それからすぐに訪れた四月三日。わたしの、十八歳の誕生日――。

「――会長、お疲れでしょう? 今日は早めにお帰りになった方がいいのでは?」

「…………うん、そうね」

 わたしはUSBメモリーに入っている新入社員一覧のリストをチェックし終えると、ブルーライトで疲れ果てた両方の目頭を押さえながら彼を睨んだ。そして、少し不機嫌だった。

「今日は特別な日だし、家ではお祝いのご馳走作って待っててくれてるだろうし。早めに帰ろうかな……。ね、桐島さん?」

「…………はい。了解です」 

 半分彼への当てつけのようにそう言うと、彼は困ったように肩をすくめた。

 わたしの機嫌が悪かった理由。――それは、朝から待てど暮らせど、彼が誕生日プレゼントをくれなかったからである。

 律儀な性格の彼のことだから、まさか用意していないのでは……とは考えられなかった。しかも、悠さんからは「アイツ、絢乃ちゃんへのプレゼントめっちゃ真剣に選んでたみたいだよ」とメッセージが来ていたので、彼は絶対に準備してあったはずなのだ。

 だから、わたしは朝から「いつプレゼントをくれるんだろう?」「どんなものを選んでくれたんだろう?」とワクワクしながらひたすら待って、待って、待ち続けていた。
 ところが、夕方になり、終業時間まで待てど暮らせどくれないとは一体どういうことなのか? ……わたしの中に、かすかな(いら)()ちが芽生えた。

「――あの、絢乃さん? なんかご機嫌斜めじゃないですか? どうかされました?」

 帰りの車内で、助手席で仏頂面で腕組みをしていたわたしにビビっていたのか、運転中の彼がわたしの顔色をチラチラと窺っていた。

「運転中はよそ見しないの! ――『どうかされました?』じゃないわよ。誰のせいで機嫌悪くなってると思ってるの?」

「僕……です……よね? ……あの、何か失礼なことでもしましたっけ?」

「今日、何の日だか忘れてるわけないわよね?」

 わたしは彼の問いに答える代わりに、唸るようにそう質問返しをした。キャンキャン吠えられるより、こちらの方が怖かったらしく、彼の表情が一瞬強張った気がした。

 でも、それは本当に一瞬のことで、彼はすぐにいつも見慣れた澄まし顔に戻った。

「もちろん、忘れてませんよ。忘れるわけないじゃないですか」

「…………」

 あまりにも白々しいので、わたしはそのままジト目で彼を(いち)(べつ)し、ため息をついた。
「プレゼントは?」とわたしから催促するのも違う気がしたし、何より彼がそんな分かりやすいハッタリをかますような人だとも思えなかった。

 そのまま彼はしばらく車を走らせていたけれど、彼が車を停めたのはわたしの家の門の前ではなく、家の近くにあるコンビニの駐車場だった。

「……あれ? ねえ貢、ここウチの前じゃないけど――」

 彼がなぜこの場所に駐車したのか、何か意味があるのか。わたしは困惑していた。

 ちなみに補足だけれど、わたしが彼のことを「貢」と呼び始めたのは、この少し前のことである。ただし、プライベートだけだ。

「――絢乃さん。遅くなってすみませんが、十八歳のお誕生日おめでとうございます」

「え……。あ……、ありがと」

 彼はそう言って、運転席の足元に隠してあった淡いピンク色の紙袋をわたしに差し出した。大きさは確か、B5サイズくらいだったと思う。

「これ……、もしかして」

「はい。もちろん、絢乃さんのお誕生日プレゼントです。ちゃんと用意してあったでしょう? 僕のこと、信用してらっしゃらなかったんですね」

「うん……、ゴメン」

 大好きな彼のことを、わたしはどうして信じていなかったんだろう? わたしはこの時、自分を心の中で激しく(ののし)りたい気分だった。

「でも、どうしてもっと早くくれなかったの? 貴方がここまで焦らさなきゃ、わたしもこんなに不安にならなかったのに」

「焦らしてたわけじゃないんです。僕たちの関係って、社内じゃ秘密になってるじゃないですか。ですから、朝のうちにお渡ししたら、他の社員に感づかれるんじゃないかと思いまして……。特に、秘書室(ウチ)の先輩がたは広田室長を筆頭に、そういうことに関しては(さと)いですからね」

「……確かに」

 わたしは納得した。秘書室のお姉さまがたは噂話が大好物だ。守秘義務が要求される部署なのにそれはどうなのかと思うけれど、彼がプレゼントの紙袋を持って社内をウロウロしていたら、「それ誰の?」とあれこれ詮索されるのは目に見えていた。

「で、どうせお渡しするならサプライズがいいかな……と思いまして。ちょうどいい場所が、ここくらいしかなかったもので。ムードがなくてすみません」

 彼のサービス精神に、わたしはまたキュンとなった。ムードなんてなくたって、彼が知恵を絞ってわたしを喜ばせようとしてくれただけで、もう十分嬉しかった。

 わたしはゆるゆると首を横に振り、改めて彼に心からの感謝を伝えた。

「ううん! 凝ったシチュエーションなんていらないのよ。ありがとう! ――ねぇ、開けていい?」

「もちろんです。どうぞ」

 彼は一体、わたしのためにどんなものを選んでくれたのだろう? ――わたしはドキドキしながら紙袋の(ふち)に貼られたテープを()がし、中身を取り出した。
 すると、中から出てきたのは一体の可愛いテディベアと、長さ十五センチくらいの細長い箱だった。

 テディベアは茶色で毛並みがモフモフしていて、首に巻かれた赤いリボンがすごくキュート。そして細長い箱の方は、パールピンクの包装紙でラッピングされていて、ブルーのリボンがかけられていた。
 わたしがその包装紙まで破かないように慎重に剥がすと、白いベルベット生地のケースが姿を現した。そこに収められていたのは……。

「わぁ……、ネックレスだ。ステキ……」

 プラチナのチェーンにゴールドの小さなハート形のトップがついた、シンプルなデザインのネックレスだった。アクセサリーなんて男性から贈られたことが一度もなかったわたしは、それをうっとりと眺めていた。

「それ、兄から『物選びのセンスがめちゃめちゃ悪い』って言われた僕が、自分のセンスだけで一生懸命選ばせて頂いたんだんです。お気に召して頂けましたか?」

「うん、すっごく気に入った! っていうか悠さん、貴方にそんなこと言ってたのね。(しん)(らつ)……」

 おそるおそる感想を訊ねてきた彼にわたしは頷き、彼のお兄さまの毒舌には苦笑いした。
 兄弟だから遠慮もヘッタクレもないのかもしれないけれど、それにしたってそのコメントは辛口すぎやしないだろうか?
 というか、あの日の夕方給湯室で悠さんから電話がかかってきた後、彼がその内容についてお茶を濁していたのは、どうやらこのことだったらしい。

「いいんです。確かに僕、過去に恋人へのプレゼント選びで大失敗して、彼女にドン引きされたことがあったので。言われても仕方ないんです……」

 ついでにそんなカミングアウトまでして、彼が肩をすくめた。彼がどんなものを選んだのか分からなかったけれど、そこはわたしも知りたくなかったので、あえて追い討ちをかけるのはやめてあげておいた。

 その代わりに、そんな彼を励まそうと思い、わたしは彼にこんなお願いをしてみた。

「……あっ、そうだ! ねえ貢、これ、貴方が着けてくれない?」

「えっ? 僕が……ですか?」

「うん。イヤ……かしら? これってパワハラになっちゃうかな?」

 わたしは、彼がどうしてもイヤだと言えば無理強いするつもりはなかったのだけれど。

「いえ、やらせて頂きます。……絢乃さん、後ろ向いて頂いていいですか?」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃よ中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み