第26話

文字数 916文字

「自分から現れるとは・・・な!ルード・ジュラメイト・ペイル」
「仲間の命を奪うわけには嫌だからな・・・」
「お前は・・・サンドラ・ヴェイン」
「知ってたか・・・悪魔の呪術師」
「そう呼ばれるなんてな・・・」
「幻 影 無 双」
といきなりサンドラが攻撃を仕掛けた。
「呪術転換 ファンタジックダスト」
「アタック・パンチ!」
と見えない影をパンチした。
(何・・・こいつ・・俺の影を見破るとは・・・)
「ルード・ジュラメイト・ペイル!お前は何の能力だ」
「運さ・・・」
「運・・・だろうな・・・運だがなんだが知らんがぶっ倒してやる」
「そうさ、させんぞ、」
「なぜだ、俺たちの仲間じゃないか?」
「今は違う、こいつの仲間だ」
「えっ?」
と驚くロナ。
「和解したんだよ・・・」
「そうなのか・・・なら私も戦うわ」
「うっし・・・行くぞ!」
と三人はゼノに挑む。
森の生繁では・・・
「どうなってるんだい?ウィンド」
「なんか三人で戦っているよ・・・」
「えっ三人・・・まさか・・・」
と見るとサンドラ、ルード、ロナが戦っていた。
「・・・和解したってことか?」
「そうみたいだね」
と言った。
「我々も行くぞー」
「おう!」
と出てきた。
「ネイト、ウィンド!」
「いやぁ、怖かった・・・大丈夫か、みんな」
「我は大丈夫だ」
「仲間入りってことか?」
「そうだよ!」
と言った。
「呪術転換 ピアスブリッド!」
ズドドドドドドドドドド・・・
と連射させてきた。
「殺戮の天使ググラドール様・・・あなたの力をいただきます・・・」
「殺 戮 閃 光」
ズドドドドドドドドドド・・・
とすべての銃弾を刻んだ。
「呪術転換 ジャンキーブレイン」
シュパッ・・・
「なんか酔いが・・・」
「hahahaha!!!!貴様らもこんなものか!」
と笑っていた。
「なんて思ったか?」
と二人起きた。
「なぜだ、」
「元々の運と・・・」
「耐性がついてんだよ!」
とサンドラは気絶していた。
「アタック・フィールド!」
ズドドドドドドドドドド・・・
「うおああ・・・」
と空を舞い倒れた。
「フロウム・バーストアタック!」
ズバババン!!!
「・・・」
「これで・・・倒せたな・・・」
「くっ・・・逃げてやる!」
と言い、彼は全力疾走で逃げて行った。
ゼノを倒すことに成功したのである。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

山之内護(やまのうちまもる)職業 小説家 血液型AB型 身長171㎝ 体重56㎏

あまり売れない小説家。出版社に持っていくけど相手にされていない日々。

異世界転生前です、画像はかっこいいけど実際は違うと思う(作者が言っています)

ルード・ジュラメイト・ペイル 職業 無職 能力 運 数値 8000万

山之内護の転生後、運が8000万と言われ驚く。画像は美少年だがもうちょいあったと思う。

ネイト 職業 牧場長 能力 パンチ 数値 10万ほど

最初の村<ラビリン>で出会った最初の仲間。ユニコーン探しに手伝って仲良くなった。

冷静な判断能力を兼ね備えている。

ウィンド 職業 なし 能力 パンチとか 数値 5万ほど

最初の村<ラビリン>で出会った二人目の仲間。5歳ぐらい、親はいないらしい。

ネイトとは親友。一緒についていくことになる。(ルードと画像が似ているが違います)

ジャック・メルトン 職業 魔法使い見習い 能力 風魔法 数値 5000万

森の学園フラメルドの二年生。風魔法を一年の時に完璧に覚えた。

なかなかの持ち主だが、おっちょこちょいである。ロナのことが好きらしい。

ロナ・バイオレット 職業 魔法使い 能力 破壊魔法 数値 8000万 

森の学園フラメルドの二年生エース。生まれつきの破壊魔法を覚えて8000万となった。

校長からはあまり気に入られていない

ドレーナ・フィンド 職業 魔法使い 能力 水魔法 数値 3000万ほど

森の学園フラメルドの二年生。ロナの友達。水魔法を使いこなす魔法少女。

リーダー的なタイプで真面目な性格。

サンドラ・ヴェイン 職業 殺し屋兼剣士 能力 雷 数値5000万

冒険家でもあり殺し屋でもある。ジャングルの底地に住んでいる。夢はモテモテウハウハハーレム王国を築くこと。

キザな性格ではなく面白い男である。冷静な判断能力と言語能力を持っている。

ゼノ・ロンド 職業 ??? 数値 ???

現在、船でノヴァ様に命令<オーダー>を受け、ルードを追っている。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み