お母さん! 早速のピンチ!

文字数 1,560文字

 扉が開く音=目の前のドアノブが捻られた音。
 と思い、身を強張らせたが、一向に家の中から何かが出てくる気配がない。
 化物のようなものが出てくる想像をしていたのだが... ...。
 杞憂に終わる事を少し残念に感じていると、突然、この世界にそぐわないような機械音が背後から聞こえ、咄嗟に振り返る。

 ういーん。

 変形ロボのようにゴーレムの頭が真っ二つに割れ、何やら滑稽なモーター音が辺りを包む。
 まさか... ...。
 これはただのロボでこれを運転する本物の怪物が!?

「止めて!!! 殺さないで!!!」

 ういーん。
 
 アホっぽい音が逆に俺の恐怖心を煽る。
 ジェイソンがチェンソーを持って襲ってくるよりも、オレンジ色の髪の毛を生やした殺人人形がハサミを持って襲ってくる方が3倍怖い理論だ。
 恐怖から俺は目を閉じる。
 ___が、身体は真っ二つにならず、五体満足。
 おかしい。
 目を開けるとゴーレムの顔から再び、ゴーレムの顔が出ている。

 このままマトリョーシカみたいになるのか? 
 と困惑した直後、再び、ゴーレムの顔は二つに割れ、この洞窟には不釣合いな艶のある金色の髪をなびかせる美しい幼女が現れた。

「よっと!」

 まるで、長年連れ添った愛馬から降りるように軽快に動作をこなす幼女。
 薄暗い洞窟の微弱な光に金色の髪はキラキラと反射し、白いワンピースのような服の脇から見える白い肌は赤ちゃんのように柔らかそうだった。
 
 幼女×金髪

 という最高の組み合わせを持つ天使の登場にロリコン属性という高貴なスキルを持っている方は絶好のブヒブヒタイムの瞬間だと思うが、平凡な俺には幼女スキルは未だに身についていないので単純に「ゴーレムから人間が出てきた!」とビックリ仰天するだけ。

「さーて! 家についたみそ!」

 ゴーレムからジャンプして降りた幼女は変な語尾を交えながら、乱雑に俺を引きづって家の中にいれようとする。
 下は岩なので滅茶苦茶痛い!
 おそらく出血している。

「痛い! 痛い! 引きづらないでください! お願いいいいい!!!!」

 相手が”幼女”でも”少女”でも関係ない。
 助かるのであれば俺は犬、猫にでもへりくだる事が出来る!
 と心の中で変なスイッチが入る。

「本当勘弁して下さい... ...。死んじゃいますよおお!!」

 ”生”への執着をこれでもかと見せる大人に少しは同情してもいいのだが、金髪の幼女からはその可憐な姿からは想像も出来ない残酷な言葉が返ってきた。

「死んでもいいみそ! お前はチャッキーの餌だみそ!」

 は!?
 餌!? 
 チャッキー!?!?

 理解が追いつかない状態にも関わらず、まるで”物”のようにぞんざいに扱われ、家の中に放り込まれる。

「ほら! チャッキー餌だみそ!」

「ぐへえ!」

 腹部が圧迫された事で昭和の漫画のようなリアクションを取ってしまった。

「いててて... ...」

 どうやら、ここはゴーレムの家の中。
 ピンクが基調になっている壁紙、ふかふかの白い絨毯。お姫様のような白いレースのカーテンが付いている大きなベッド。
 汚い言葉使いや男勝りな態度とは対照的な部屋という印象を受ける。
 見ようによってはラブホテルにも見えるがそれはどうでも良い事だ。

「うわああああ!!!」

 この世界に来て、一番の悲鳴を上げた。
 だって目の前に目の瞳孔が全開に開き、大きく口を開けたデカイ猫の顔があるんだから。

 この世界は替えの下着無しでは来てはいけない。
 現実世界に戻り、異世界放浪記なるものを書ける機会があれば、そのように記しておこう。
 実はもう、俺はすでに二回漏らしているからね。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

【主人公】
「名前」花島つとむ 「略称」花島
「年齢」27 「星座」おうし座
「性別」男
「種族」ヒト科ヒト属E.sapiens
「身長」175cm
「体重」85kg
「出身」日本
「髪の色・髪型・目の色」黒・短髪・黒
「視力・色力」1.5 問題なし
「メガネの着用」なし
「利き腕」右
「声質」高い
「手術経験・虫歯」高校生の時に蓄膿症の手術、部活動での左腕骨折・なし
「現在患っている病」なし
「鼻や目の形」鼻:大きく団子っ鼻 目:二重
「身体的特徴・乳房・足・ほくろ」寸胴型・年齢の割には腹が出ており、見た目は30代半ば
「前科」高校生の際に自転車泥棒
「賞・資格」漢検3級・普通自動車免許・宅地建物取引士・保育士
「学歴」高卒
「幼児青年期の精神的体験」生まれてすぐに父親が失踪し、母親が女手一つで育て上げる
「恋人・恋愛観・結婚観」なし・好きになった人が好き・お互いがある程度の年齢に達したらするようなもの。
「尊敬する人」中学の時に部活で世話になった先輩・スティーブンスピルバーグ
「恨んでいる人」父親
「将来の夢」特になし
「恐怖」大柄な態度を取る人と大きな声
「性格の特徴・口癖・くせ」性格:物事に対して常に否定的・初対面の人とすぐに打ち解ける事が出来る 口癖:「まあ... ...」
「人間関係・態度」良好。誰に対しても分け隔てなく接する
「トラブル関係」特になし
****性格****
「明るい方か」明るい
「ユーモア・暴力性」あり・あり
「活動・社交家か」YES
「知的か」知的ではないが物覚えは良い
「清潔か」NO
「表現力」適度
「弱点・悩み」頼まれごとを断れない
「異常性格・性癖」美少女に罵られたり、暴力を振られると性的興奮を覚えるが不細工にやられると嫌悪感を剝き出しにする
「変わっている所」異世界に来たというのに馴染むのが早い
****趣味****
「音楽」洋楽とJ-ROCKしか聞かない。最近までHIP-HOPは敵だと認識していた
               中でもチバユウスケを至高のお方と崇めている
「新聞」読まない
「娯楽」アニメ鑑賞と罠作り
「雑誌」読まない
「映画」グリーンマイル・東京物語
「創作」しない
「好きな色・嫌いな色」好き:緑・青・オレンジ 嫌い:こげ茶・赤
「好きな食べ物・嫌いな食べ物」好き:肉類 嫌い:魚類
「好きな香り・嫌いな香り」好き:杉や檜・女の子のシャンプー 嫌い:香水全般
****衣食住****
「インテリア・ファッション」大抵UNIQLO
「土地」日本
「ひいきの店またはメーカー」UNIQLO
「愛用品」Gパン
****習慣****
「こだわっている所」特になし
「意味のない所」特になし
「好きな言葉」虎穴に入らずんば虎子を得ず
「首飾り」なし
「ピアス」付けてはいないが『大丈夫おじさん』から貰った物がある
「指輪」なし
「タバコ」吸わない
「麻薬」吸わない
****その他****
「酒類」飲めない
「超能力」あり
「霊感」なし
「占い」信じる
「言葉なまり」なし
「野性的勘」なし
「職業」不動産屋
「ペット・植物」猫好き・植物は栽培していない
「特技・技」自身に対して使われた能力を取得可


【ヒロイン】
「名前」シルフ 「略称」シルフ・王
「年齢」17 「星座」おうし座
「性別」女
「種族」ヒト科ヒト属E.sapiens
「身長」170cm
「体重」50kg
「出身」ホワイトシーフ王国
「髪の色・髪型・目の色」金・ストレートロング・水色
「視力・色力」1.5 問題なし
「メガネの着用」なし
「利き腕」左
「声質」低い
「手術経験・虫歯」12歳の時に瀕死の状態となるが一命を取り留める
「現在患っている病」精神疾患
「鼻や目の形」鼻:小さい 目:二重で切れ目
「身体的特徴・乳房・足・ほくろ」八頭身・大きい、見た目は20代半ば
「前科」なし
「賞・資格」なし
「学歴」幼少期は学校に通わずに専任の講師がいた
「幼児青年期の精神的体験」10歳の時に父と母が死亡し、10歳にしてホワイトシーフ王国の王となる
「恋人・恋愛観・結婚観」なし・父親のような年上の人に甘えたい・なし
「尊敬する人」父親・母親・セバス
「恨んでいる人」父親・母親
「将来の夢」特になし
「恐怖」身近な人の死
「性格の特徴・口癖・くせ」性格:物事に対して常に否定的・傲慢 口癖:「だから何?」「~でもないのだけれど」
「人間関係・態度」親しい友人などがいない・初対面の人に対しては攻撃的
「トラブル関係」特になし
****性格****
「明るい方か」いいえ
「ユーモア・暴力性」なし・あり
「活動・社交家か」活動:YES 社交家:NO
「知的か」自宅にある書物の内容は大体頭に入っている
「清潔か」かなり
「表現力」適度
「弱点・悩み」直ぐに人を罵倒したがる
「異常性格・性癖」いつも苛立っている・美少女に性的興奮を覚える
「変わっている所」王として人前に出る時は性格を偽っている。大きく魅せている
****趣味****
「音楽」ヴァイオリンを弾ける
「新聞」
「娯楽」なし
「雑誌」
「映画」
「創作」しない
「好きな色・嫌いな色」好き:白 嫌い:黒
「好きな食べ物・嫌いな食べ物」好き:野菜・魚類 嫌い:肉類
「好きな香り・嫌いな香り」好き:花 嫌い:臭い香り全般
****衣食住****
「インテリア・ファッション」大抵ドレスを着用。ただ、本人は大人っぽい服装よりも子供っぽい服装を好んでいる
「土地」ホワイトシーフ王国
「ひいきの店またはメーカー」なし。シルフの服は城のメイド長の手作り
「愛用品」なし
****習慣****
「こだわっている所」王としての品位
「意味のない所」なし
「好きな言葉」
「首飾り」あり
「指輪」なし
「タバコ」吸わない
「麻薬」吸わない
****その他****
「酒類」飲めない
「超能力」あり
「霊感」なし
「占い」信じない
「イメージカラー」白
「言葉なまり」なし
「野性的勘」あり
「職業」ホワイトシーフ王国当主
「ペット・植物」小さくて可愛いものは全般的に好き
「特技・技」治癒魔法・防御系魔法


【キャラクター①】
「名前」シュタイナー・レイン 「略称」ゴーレム幼女
「年齢」??? 「星座」カニ座
「性別」女
「種族」???
「身長」130cm
「体重」30kg
「出身」聖リトラレル王国
「髪の色・髪型・目の色」金・ストレートロング・金色
「視力・色力」1.5 問題なし
「メガネの着用」なし
「利き腕」左
「声質」高い
「手術経験・虫歯」あり
「現在患っている病」精神疾患
「鼻や目の形」鼻:小さい 目:大きい
「身体的特徴・乳房・足・ほくろ」幼児体型・小さい・見た目は9歳児
「前科」なし
「賞・資格」なし
「学歴」貧乏だったので学校には通わずに教会で読み書きを教わる
「幼児青年期の精神的体験」10歳で既に国で一番強いと言われている魔導士よりも魔力が大きく、神童と呼ばれる。貴族ではない平民の子だった為に存在はひた隠しにされていた
「恋人・恋愛観・結婚観」なし・なし・なし
「尊敬する人」ヴァ二アル・クック
「恨んでいる人」幼少期に関わった人物全員
「将来の夢」特になし
「恐怖」孤独
「性格の特徴・口癖・くせ」性格:わがまま・傲慢 口癖:「みそ」
「人間関係・態度」花島以外に対しては優しい
「トラブル関係」数百年前にあった大戦で数千人の人と2つの国を滅ぼし、魔導士界隈では【最悪】と呼ばれている
****性格****
「明るい方か」YES
「ユーモア・暴力性」あり・あり
「活動・社交家か」活動:YES 社交家:NO
「知的か」NO
「清潔か」それなり
「表現力」適度
「弱点・悩み」なし
「異常性格・性癖」変なものを可愛いと感じる
「変わっている所」
****趣味****
「音楽」なし
「新聞」
「娯楽」なし
「雑誌」
「映画」
「創作」しない
「好きな色・嫌いな色」好き:白 嫌い:白以外
「好きな食べ物・嫌いな食べ物」好き:肉類 嫌い:なし
「好きな香り・嫌いな香り」好き:なし 嫌い:体臭
****衣食住****
「インテリア・ファッション」大抵ドレスを着用で服にこだわりはない
「土地」
「ひいきの店またはメーカー」なし
「愛用品」ちぃちゃんの普段着(特一級魔具)
****習慣****
「こだわっている所」依頼された事はキチンとこなす
「意味のない所」なし
「好きな言葉」働かざる者食うべからず
「首飾り」なし
「指輪」なし
「タバコ」吸わない
「麻薬」吸わない
****その他****
「酒類」飲めない
「超能力」あり
「霊感」あり
「占い」信じない
「イメージカラー」白・黄色
「言葉なまり」~みそ
「野性的勘」あり
「職業」なし
「ペット・植物」ネコっぽい生き物は大体好き、それ以外は食糧として見る
「特技・技」魔法全般・石化能力

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み