第11話 五郎、再起をめざす

エピソード文字数 1,133文字


「バカめ! おととい来い!」
 侍たちが、屋敷の玄関から二人を蹴り出した。五郎は砂まみれになりながら、立ち上がった。
「権三さん! 権三さん!」
 まるで飼い主を失った子犬のようだったので、たまらず菅原が、

「五郎さん、もういいでしょう。とにかく仕事をしましょう」
 パタパタ、自分についた泥を払っている。
 五郎は、狂乱から我に返った。
「そうだ、ああ、そうだな、その通りだ。あんたはうちの長屋がどこにあるか、知ってるのか」
「もちろん。さきほど式神に教えてもらいましたから」
「じゃあよ、シキガミってなんだよ」
「職業上のヒミツです」
「…………ま、いいけどさ。こっち来な。もういちど、目に物見せてやる」
 二人は、長屋に向かった。


 ちょうど長屋では、宴が終わろうとしているところだった。きれいどころの女人たちが、艶やかな姿で舞い、歌を歌い終えている。
 猫又の夫婦が、ゴロゴロ喉を鳴らしている。わたしたちのために宴があるのね、あるのねー? という顔である。大きな瞳がクリクリ輝き、ヒクヒクする鼻には長い髭がはえている。長屋のみんなは、競って猫又の夫婦の背中をなでまわした。

「どれ、俳句の一つもひねろうかの」
 ご機嫌のご隠居が、短冊を取り出して、うむむとうなりはじめた。
「化猫や、ああ化猫や、化猫や」
 ぽろっと口走るので、八っつあんはひっくり返って笑った。腹を抱えながら、
「松尾芭蕉もまっつあおの、名句でやんすね」

「そうだろう、そうだろう」
 ご隠居は、ぐでんぐでんになっている。そこへ五郎が現れたから大変だ。女人たちは、五郎の顔を見るなりさっと青ざめ、素早く席を立って長屋を駆け去ってしまった。五郎は、歯を剥き出した山犬みたいな顔だ。自分も歯を見せていることに、八っつあんは気づいた。食いしばる歯の下で、八っつあんは言った。
「なんの用だい」
「おまえさん。三太に、そんな口をきかないで」

 トメが、割って入る。五郎も八っつあんも完全に黙殺した。
「ここは、どうなってる。なぜ、おまえらはノンキに宴なんかひらいてる。カネはどうした。立ち退き料から出したのか」
 聞かずともわかっているのだが、なんども同じ事を聞いてしまう。五郎はあまり頭がよくないのである。

「ご隠居さんが、いちばん高価な壺と掛け軸を質に入れてくれたのよ。三太が戻ってきたお祝いですって!」

 トメは無邪気なものであるが、八っつあんは敵意丸出しの目で五郎を見つめている。小鳥遊は背中を見せて横になっている。なにも言うべきことはないらしい。五郎は唇を噛みしめた。くやしいが、言葉も出ない。

 八っつあんは、は、は、は、と乾いた声で笑って、揺れる指で五郎を指した。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み