生まれた疑惑

文字数 1,482文字

 空がすっかり暗くなった頃、アランと少年は静まり返った住宅街に居た。二人は、暗闇では目立ちにくい色の服を身に纏い、黒髪の少年に至っては背後から見れば闇に溶け込んでしまう程だった。
 
 彼らは、既に明かりの消えた家の前に立つと目線を合わせ、無言で互いの考えを読み取った。その後、少年は玄関のドアを開け、二人は家の中へと入っていく。その家の中に人気は無く、物音も殆どしなかった。しかし、少年には何かが聞こえたのか、廊下を真っ直ぐに進んでいく。

 彼が進んだ先には物置があり、それは外側から施錠出来るようになっていた。少年は、そのドアを暫く見つめた後で、アランの居る背後を振り返る。
 
 アランはその鍵穴を指差し、それを見た少年は懐から革製の容れ物を取り出す。少年は、その容れ物を開くと金属製の棒を取り出し、それを鍵穴へと差し込んだ。少年が差し込んだ細い棒を動かしていると、掛けられていた鍵が開く音がした。この為、少年は棒を取り出して容れ物に仕舞い、容れ物を懐に戻すと呼吸を整えた。
 
 その後、彼は眼前にあるドアノブに手を掛け、音を立てないようにしてドアを開ける。ドアを開けた先は酷く暗く、無機質な箱が幾つも入れられていた。また、そこには微かに呼吸の音が響いており、少年はそれを頼りに手を伸ばした。

 すると、彼の手には小さな子供の脚が触れ、それに気付いた少年はしゃがみ込んで子供の体を抱き上げる。抱き上げられた子供と言えば、衰弱の為か動きを見せることは無かった。
 また、閉じ込められていたせいか痩せ細っており、子供を抱く者は悔しそうに唇を噛む。
 
「帰るぞ。長居している理由はねえ」
 そう呟くと、アランは少年の肩を軽く叩いた。一方、黒髪の少年は無言で頷き、二人は敷地の外へ向かう。

 外に出た二人は、細い裏通りへ向かって行った。すると、そこには藍色の車が停められており、少年はその中を覗き込む。
 
 少年は、運転席に座る者の顔を確認すると窓を叩き、その音に気付いた者は窓の外を確認する。その後、車内に居る者は手を伸ばして後部座席の鍵を開け、それを見た少年は衰弱した子供を後部座席に寝かせた。
 
「お願いします」
 そう言ってドアを閉めると、少年はアランの方に向き直る。一方、車はゆっくりと走り出し、二人は自らの家へ向って行った。二人は、そういった仕事を何度か繰り返し、ついに少年は一人で子供を助けに行くようになった。とは言え、彼の仕事は子供を家から連れ出す迄のもので、その子供の向かう場所を詳しく知ることは無かった。
 
 少年は、子供達の行く末を気にしていなかった訳ではない。しかし、助けると言う行為に満足していたのか、それを誰かに問うことはしなかった。それでも、数年が経った頃には救い出した子供のことを気にするようになり、ついには子供達の保護先をアランに問うた。だが、アランは病院に入院させていると答えるばかりで、少年が納得する答えを与えることは無かった。
 
 少年は、孤児院に迎える人数が、助け出した子供の数より少ないことが気になっていた。それについても彼は問うたが、アランは「他の場所で保護されている」と答えるだけだった。少年は、アランの答えに頷いてみせるが、納得まではしなかった。とは言え、深入りしてはいけないと彼なりに理解しており、再度それについて問い掛けようとはしなかった。

 そうこうそうこうしているうちに日々は過ぎ、少年には危険度の高い仕事も与えられるようになった。中には、彼より体格の良い大人を相手にする仕事もあったが、持ち前の素早さも手伝ってスムーズに仕事をこなしていた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

主人公
ネグレクトされている系男児。
しかし、救いの手が差し伸べられて成長する。

神父
主人公に救いを差し伸べるが、差し伸べ方がやや特殊な年齢不詳な見た目の神父。
にこやかに笑いながら、裏で色々と手を回している。

兄貴分
ガチムチ系脳筋兄貴。
主人公に様々なスキルを教え込む。
難しいことはどこかに投げるが、投げる相手が居ないと本気を出す脳筋。

みんなのオカン
主人公を餌付けして懐かせる系オカン。
料理が上手いので、餌付けも上手い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み