2 ✿ 物欲が止まらない

文字数 1,161文字

咲良とジョンは、ショッピングモールにやってきた。


まず向かったのは、スーパー1階、お菓子コーナーだ。

知らなかった…。


日本って、スーパーにもおもちゃが置いてあるんですね

海外にはおいていないの?

ありますけど、食玩のように、こんなに精巧ではありませんよ。


日本はすごいですね。戦艦に、潜水艦、飛行艇のシリーズもあるんですね

この価格でクオリティが高すぎます。


父が戦艦マニアなので、買って送りたいな。


あっ、懐石料理シリーズ? これは母が喜びそうだ

全部欲しくなっちゃうよね。


どれが出るか分からない楽しみもあるし

ん~、全種類そろえるには、ネットでしょうか

棚の後ろに、未開封の大きな箱があれば…。あっ。あるよ
ジョンは結局、戦艦と、懐石料理の食玩をBOX買いした。

ジョン、次はどこへ行きたい?

玩具屋さんへ行きたいです
二人は、2階の玩具コーナーへ向かった。

わあっ、このフロア、広いですね。


ラジコン系はどこだろう・・・

ジョン、こっちだよ
あった、あった! これ、探していたんですよ!!

ジョンは棚からラジコン戦車の箱を引き出す。


BB弾も発射でき、段差ものぼれるすぐれものだった。

これ、海外に売られていないんですよ。

ジョンはラジコンで、私はドール。どっちも玩具マニアね。


ふふっ、好きなものが一緒って、なんだかうれしい

僕もです。玩具好きだと「子どもっぽい」と言われますけど、いくつになっても童心は捨てられません。

私も。心は子どものまま、大人になれたらステキよね

そうですね。童心を捨てない方が、幸せになれる気がします


あっ、これは!!

ジョンが、あるラジコン玩具の前で止まった。

カワセミのラジコンね。綺麗ね、本物みたい。

そうですか。嬉しいなぁ


これ、実家の工場がつくったものなんです

…え?

リンデンメーカー。うちは、おもちゃメーカーなんですよ。

ジョンのお家は、おもちゃメーカーだったんだ。なんだかすごいね

いえ・・・大手メーカーとくらべると販売規模も小さいです。


リンデンは知育系玩具と、ラジコン系の玩具が得意分野ですね。


そのカワセミは両親が開発したんですよ

ご両親、すごいね。ジョンも玩具をつくったりするの?

つくりますよ。父は家を継げと言うのだけど…。


頭の中にはすごいおもちゃが浮かんでも、安全設計とか考えなければいけないことが山ほどあるんです。

ジョンは茶目気にはにかむと、選んだおもちゃをレジへ持っていった。

今日のような休日をいただけて、幸せです。


次は本屋に行きたいな。実は探している本があって・・・

本屋ね、案内するよ
 トゥルルル
ジョンのカバンから着信音が鳴った。
ちょっと失礼します。――はい、ジョンです。はい…はい…
会話を終えて、ジョンは通話を切った。
お仕事?
はい、すぐに向かわねば…。咲良さん、すみません
緊急の呼び出しだった。
 つづく 
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

帯刀 咲良  (たてわき・さら)


 高校2年生、剣術道場の娘。

ジョン・リンデン


イギリス人

インターポールの捜査官。

天羽 理々(あもう・りり)


高校2年生、咲良の親友

合気道部

ラルフ・ローゼンクランツ


ドイツ人

インターポールの捜査官。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色