第5話 宇宙

文字数 2,144文字

洋室の四人。
数日が過ぎ、アイクが何となく、この生活に慣れた頃、ジョンが口火を切った。
「もしも宇宙人の仕業だったらどうしようとか思わないか?」
コービンが言った。
「聞こうか。」
アイクは二段ベッドに横たわり、他の三人は、ブレンダンが煎れたコーヒーを前に、椅子に座っていた。
ジョンは、コービンとブレンダンを交互に見ながら、身振りをつけて、自分の思うところを説明した。
「彼女が宇宙人の手先で、何かのテストで僕達が合格した。そして、僕達を観察することで、地球人と接触する方法を探っているんだ。」
事実とすれば結構な大事件だが、彼はうれしそうだった。つまり、これは余興だった。
コービンは、慣れたことなので、普通に言葉を返した。
「もう彼女がいるのにかい?タイミングが違うんじゃないか?」
ジョンは予想通りだった様である。
「それは、バリエーションの問題だ。地球人に対する宇宙人の比率が増えすぎると、一つのタイプだけじゃあ、不自然になるだろう。定期的に何人か誘拐して、種類を増やすんだ。」
コービンも自分のイメージと合致するところがあった様で、今度はジョンの話を少し広げた。
「比率とかの問題じゃあなくて、周囲の人間が気付いたら終わりだ。一人誘拐する度に入替わるのが、自然な気がする。」
コーヒーを一口飲んだブレンダンが、コーヒー・カップを置きながら聞いた。
「宇宙人が地球に来ているとして、目的は何ですか?」
「環境問題だな。」
ジョンが即答すると、コービンとブレンダンは笑った。ブレンダンはクスクスと笑うが、コービンの笑い声は大きく、場が明るくなる。ジョンも彼につられて笑いながら、説明をつけ加えた。
「でも、そうだろう。自分の星を出るなんて、怖くて無理だから。それは、住めなくなったんだろう。」
今度は、コービンが笑いを抑えながら、ジョンの仮説を仕上げにかかった。
「住めなくなるのはそうだろうけど、その理由は環境問題に限定されない。追放とか、戦争とか。」
ジョンとコービンの不毛な会話は続く。先手はジョンである。
「ありえる。宇宙人同士の抗争も絡んでいるかもしれない。地球人も交えて、三つ巴とか。」
「よく言うけど、地球に来る時点で地球人の技術力を超えているんだから、戦っても勝ち目はないだろう。地球の危機だ。」
「一体どういう宇宙人を想像しているんだ。たとえば、無茶苦茶小さくて、移動手段だけすごいかもしれないじゃないか。あと、形のないエネルギー生命体で、移動は瞬間的に出来るけど、物理的に攻撃できないとか。」
「それじゃあ、抗争のかたちも変わってくるな。」
「そう、全ての既成概念を捨てて、考える必要がある。」
コービンは、ジョンの話を現実に引戻しにかかった。
「昔、Nが宇宙人の探索をやめたのは何故か知っているかい?」
アイクは、ベッドから少しだけコービンを見た。
ジョンとブレンダンが止まるのを見て、コービンがすぐに答えを教えた。
「カメラで探したら、タコみたいなのが見えなかったからなんだ。」
ジョンがあきれた顔をし、ブレンダンが笑った後、コービンがトリビアを解説した。
「結局、生き物の定義が十分に出来てなかったんだよ。哲学の話は別にして、自分達で増えることが出来るかとか、そんな話だったと思うんだけど。バクテリアとかも生き物に含めると、もうラボじゃあ人工的に生き物をつくっていて。つまり、偶然、宇宙に生き物がいる可能性は、今じゃあ否定できなかった筈だよ。」
ブレンダンは、コービンの御蔭で現実味を帯びてきた宇宙人関与説に、少し関心を持った。
「何か、少なくとも宇宙人がいることが前提になりましたね。」
気分が出て来たジョンは、改めて、宇宙人陰謀論を展開した。
「だから、カメラに映らないぐらい小さい宇宙人が、環境問題のせいで自分の星を追われて、地球をのっとりに来るんだ。それで、地球人を研究して、少しずつ入替る。」
コービンも慣れてきたが、一つ重要な指摘をした。
「殺すだけじゃあなくて、人間と入替る手段を持っているのがすごい。人間の姿を一からつくるのは、なかなか難しい筈だ。いや、不可能だろう。」
ジョンも気付いて、考える様に言った。
「じゃあ、死んだ人間に入るのかな。」
ブレンダンが、当たり前のことを言った。
「それなら、僕達は殺されますね。」
ここへ来て、アイクが初めてベッドの上で寝転がったまま口を開いた。
「その可能性は、宇宙人とは関係なく高いだろう。」
アイクは、三人で交わされる平和な会話が、監禁からの脱出をあきらめている様で、どうしても好きになれなかった。そして、ブレンダンはともかく、他の二人が話すと、離れて一人でゾッとしていた。
それまでの能天気な雰囲気はかき消された。コービンはつまらなそうに床に目をやり、ブレンダンは心配そうにアイクの方を見た。ジョンが皆を代表して言った。
「あの、暇つぶしだったんだけどね。じゃあ、こうしよう。宇宙人に攻められる話ばかりじゃあ何だから、攻める話はどうだろう。」
コービンが続けた。
「わざわざ、宇宙に出てな。」
アイクは身を起こして、声を荒げて言った。
「ここから逃げる方法を考える方が、先だと思うぜ。」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み