01)はじめに。

文字数 645文字

 アラハバキは、手短にいうと、青森県日本海側の津軽地方を中心にして、古代に「まつろわぬ者」とされた蝦夷(えみし)の信仰であったというのが一般的なイメージでしょうか。



 文献や伝承を調べますと、たとえば「荒脛巾」、「麁羽覇岐」、「荒吐」などなど、これ以外にも、さまざまな字が()てられています。
 これは、万葉集などと同じく、日本古来の読み(上代語)に対して、渡来したばかりの漢字を、書く人それぞれの感性で()てていった結果生じた多様性で、つまり、アラハバキは万葉集の成立よりも古い時代から、すでにあったと考えられるひとつの根拠になります。
 ただ「アラ」はほとんど「荒」の字が使われていることから、さらに二つのことが言えると考えています。
 ひとつは、上代語の「アラ、あら」は、漢字の渡来初期から「荒」の字が()てられる共有認識があった、つまり標準語として使用されるに足る標準解釈があったこと。




 もうひとつ、アラハバキは、その「アラ」に「ハバキ」が合体した表現である可能性が高いこと。
 後者の理由として、「ハバキ」の方は「履物(はきもの)」であったり「(ほうき)」であったり・・・、現在でも定まらない多様な解釈があることが挙げられます。
 本書では、柳田國夫氏(外来信仰説)や吉野裕子氏(竜蛇信仰(りゅうじゃしんこう)説)、谷川健一氏(賽の神(さいのかみ)説)など、名だたる民俗学者が考察し、その数ほどに説があるといってよい、謎多きアラハバキとその信仰について、先人の考え方に耳を澄ませつつも、自分なりの解釈を加え、

として考察してゆきたいと考えています。


ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み