一文小説集「ティッシュ/猫じゃらし/大根/指/孤独」

文字数 242文字

 路上でポケットティッシュを配る女の子の足元に、血で染まった丸めたティッシュが転がっている。

***

 車椅子の少年は猫じゃらしを懐に忍ばせ、夜更け、そっと病院を抜け出した。

***

 独房の中に、空想の畑を持っていた死刑囚が、そこで採れた空想の大根を抱えて、死刑台を登っていく。

***

 俺が運転するタクシーに乗ってきた客が、自分の手の指をへし折り始め、「全部折れた場所で停めてください」と言う。

***

 宇宙の果てで一人、地球を包んでいた梱包材をぷちぷち潰しながら、恐ろしい孤独に耐えている。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み