第47話 『死と乙女』②

文字数 1,697文字

 高太郎(こうたろう)正語(しょうご)には目もくれずに、真理子だけを見ながら淡々と言った。

「岩田さんが亡くなりました。瑞散寺(ずいさんじ)の和尚が来ています。喪主をお願いしたいので、すぐに来てください」

 「……ガンちゃん、亡くなったんですか?……いつ?」

 真理子は口に手を当てて、目を丸くした。
 まだ知らなかったのかと、正語はそんな真理子を横目で見た。

「テニス講習会の最中だそうです。持病の心臓のせいですよ。詳しいことは秀さんから聞いて下さい」

 高太郎はそれだけを言うとゆっくりと、踵を返した。出てきた門に向かって歩き出す。

九我(くが)さん」と真理子は正語を見た。

「私、失礼します。お世話になった方が亡くなってしまったんです」

 それからと、真理子は眉を寄せて、訴えるような顔になった。

「……コータを探すのは、私に任せて下さい……コータと二人だけで話がしたいんです」

「俺もつきあうよ」

「あの子、知らない人がいたら、何も言わなくなってしまいます。どうかお願いです。コータに、九我さんと話しをするよう説得しますから」

 正語はちょっと待ってと、真理子を待たせた。
 自分の車のダッシュボードからペンとメモ帳を取り出して戻る。

「いつでも電話して」と自分の携帯番号を書いたメモを真理子に渡した。

 真理子は受け取りながら赤い顔をして、頭を下げた。

 真理子とのやりとりを見ている高太郎と目が合った。
 正語は愛想よく笑いかけたが、高太郎は顔を逸らして門の中に入って行った。



 辺りは夕闇が迫っていた。
 空には淡い月が浮かんでいる

 正語は自分の車に乗り込み、エンジンをかけた。
 シューベルトの弦楽四重奏がかかった。
 朝、秀一(しゅういち)を乗せていた時はショパンがかかっていた。
 これは父親の車だが、クラシックは母親の趣味だろう。
 
『死と乙女』と呼ばれるこの曲の所以となる第二楽章を聴くまでもなく、『西手(にして)』へと向かう脇道に着いた。
 脇道を曲がるとすぐに褐色砂岩の洋館が見えた。

 時間にして五分とかからない。
 これだけ近くに住みながら、高太郎と智和兄弟は交流がないらしい。

 『西手』は堂々たるチューダー様式の建物だった。
 みずほ町を訪れていた兄たちから『お城のような家だ』と聞かされたのは、本家ではなく分家だったかと、正語は納得した。

 正語が車寄せに向かっていると、向こうから自転車がやってきた。

 自転車の主がこっちを見て驚いている。
 正語も驚いた。

 秀一だった。

 正語はすぐにエンジンを切り、車を降りた。
 秀一も自転車を降りて、駆け寄ってくる。

「正語! ガンちゃんが死んじゃったんだ! それに、ガンちゃんが俺に渡したいって言ってた写真もなくなっちゃった……どこ探してもないんだ……」

 秀一は困ったような顔でまくしたてた。

 正語はといえば、
 
 ——やっぱりお前の方が……。

 というクズなセリフを飲み込んで、固まっていた。

「なんでもない写真なのに、なんでガンちゃんは誰にも見せないようにしていたのか、わかんないんだ……それに、ガンちゃんが死んだ時、他に誰かいたんじゃないかって……ん?」

 秀一は正語に一歩近づいた。匂いを嗅いだ。

「正語、どこかでお風呂入った?」

 どきりとした。
 なぜか浮気がバレた気分になり、思わず後ずさった。

 秀一は転がしていた自転車を起こして乗り込む。

「……どこに行くんだ?」

武尊(たける)のところ。写真に写っていた人たちにきいてるんだ。いつ撮った写真なのか、何か特別な事があったのか。ガンちゃんが、どうして大事にしていたのか知りたいんだ」

「……送るか?」

「中でお父さん、待ってるよ。正語に話があるみたい」

 そうだった。
 正語は秀一の父親に呼ばれてみずほにやってきたのだった。

「戻ったら、一緒に野々花さんのお店に行こうよ。警察の人に相談したがってる人がいるんだ」

「なんだ?」

「戻ったら話すよ」

 と、秀一は自転車を漕いで薄闇の中に消えて行った。
 


 秀一を見送った後、正語はどこかホッとしながら『西手』の玄関前に立った。
 呼び鈴を探していたら、中から観音開きの扉が勢いよく開いた。

「正語くん! 僕の車、勝手に使わないでよね!」

 中から出て来たのは正語の父親、正思(しょうじ)だった。
 





ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

鷲宮秀一、主人公の高校生

九我正語(くがしょうご)、秀一の従兄弟、警察官

九我正思(くがしょうじ)正語の父親。人の恋愛感情を瞬時に見抜く特殊能力を持つ。

九我光子、正語の母親。秀一の伯母。

雅、介護士。雅は熟女スナックにいた時の源氏名。本名は不明

夏穂、秀一の幼馴染。秀一に片思い。

涼音(すずね)、秀一の幼馴染

武尊(たける)、秀一の幼馴染

賢人、秀一の甥っ子

真理子、みずほ中学の教師

コータ、真理子の弟、秀一の幼馴染

野々花、パンケーキ店の女主人

岩田、秀一のテニスの師匠

鷲宮一輝(故人)秀一の兄

鷲宮輝子(故人)秀一の母親。正語の母親、九我光子の妹

水谷凛、夏穂の従姉妹

鷲宮智和、秀一と一輝の父親

鷲宮高太郎、智和の兄

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み