Day 1

文字数 3,937文字

2017年4月

大きなリュックを背負ってスーツケースを持った私は、息を切らしながら桜ヶ丘駅に降り立った。
駅名の通り、桜が美しいことで有名なこの場所では、競い合うかのようにいたるところで桜が花を咲かせている。
私はそんな桜に目を向けることもなく、ひたすら大荷物を背負って歩き続けた。
スマホが目的地に着いたことを知らせた時、私はようやく顔を上げた。
顔を上げた瞬間、桜の香りと春の風が吹き抜けてじんわりと熱くなった私の頬を冷やす。
桜ヶ丘駅から徒歩10分。
ここにたどり着くまでに見た建物は、真新しい高校と、そびえたつ立派な総合病院。そして群れを成す住宅の数々。
建物が多いわけでもないのに不思議と田舎な印象も受けないこの場所に建っている建物が、私が今日から住む場所だった。
焦げ茶色の木目のドア。
ドアノブは金色だったんだろうな、少し錆びちゃってるけど。
自然のつたが張り巡らされていて、全体的に焦げ茶色だからか落ち着いた雰囲気を感じる。なんだか昔話に出てくる魔法使いの家みたい。
いわゆる店舗兼用住宅というやつなのか、1階は花屋さんになっている。
玄関には可愛らしい花のイラストで彩られた黒板が立てられていた。
「フル・・・オブ、ハート」
ぎこちなくお店の名前を呟いた時勢いよくドアが開いて、私をここに呼び寄せた張本人が現れた。
私のいとこで専門学生の茉莉(まり)ちゃん。約5年ぶりの再会。
茉莉ちゃんは花柄のスカートを春風に揺らしながら、パーマがかかった、お姫様みたいにふんわりとした髪の毛を耳にかける。そこまでは本当に可愛らしくて、モデルさんみたいだなと思えたんだけど
「何やってんの!日菜(ひな)!!早く、こっち!」
大きく手招きしながら大声で言った瞬間、今までの雰囲気は消え去った。
茉莉ちゃん、容姿は本当にお姫様みたいなのに、中身はまるで八百屋のおばちゃんみたい。そういうところは相変わらずなんだな。
そう思いながら、なんとか重たいスーツケースと一緒に建物の中に入った。
中に入ってまず目に入ったのは色とりどりの花たち。
カラフルな花で彩られた店内には、爽やかな甘い香りが漂っている。
そして奥の方にはカウンター席のようなものと一緒に天井にまで届きそうなほどの大きな本棚まであった。
全体的に見ると、アンティーク調で、私達高校生が行くようなキラキラした店とは違う雰囲気だということが一目瞭然。でもどこか、不思議な雰囲気に引きつけられる。
それに私は、こういうアンティーク調のお店の方が好き。
「ひーな!なんしてんのよー!あんたの家は2階!」
「はいっ」
威勢のいい茉莉ちゃんの声に急かされて、歯切れの良い返事をすると
「何で敬語?」
と、茉莉ちゃんは苦笑した。
「いや・・・、なんか、会うの久しぶりだから・・・」
「ああ、そうだね。最後に会ったのいつだっけ?」
「・・・5年前」
幼い頃、茉莉ちゃんと遊んだ時のことを思い返しながら言った瞬間、私の頭がぐしゃぐしゃっと撫でられる感覚がした。驚いて思わず身を引いた私に
「おっきくなったねぇ、日菜。かーわい!」
その場の雰囲気まで明るくしてしまうような笑顔を向ける茉莉ちゃん。
ピンクの口紅がよく似合っている。
「まあさ!急であれだったけど・・・、また仲良くしようよ。女2人暮らし、もう毎日パーティーだよ!親いないしさ」
「あ、待って茉莉ちゃん」
先を行ってしまった茉莉ちゃんを慌てて追いかけると、目の前にはあっけにとられるほど長い階段がらせん状に続いていた。
これを・・・、毎日上り下りするのか。
私は意を決して、スーツケースを持ち上げて階段を上り始めた。


私はつい2週間前間で、桜ヶ丘駅からちょっと離れた街の公立高校の教室で、進路希望調査の紙を見ていたはずだった。
4月が来れば2年生。そろそろ進路という現実がやって来る。
一足先にその告知を受けた気分になった私は、思わずため息を漏らした。
受験そのものがアレルギー反応を引き起こしそうなくらい嫌なのもそうだけど・・・。
1番私が困っている理由は、特に希望する進路もないということ。
定番だけれど、指定校推薦・・・、まあ、推薦で進学できればいいかな。
そう思いながら終業式を終えて、晴れて春休みを迎えた日の放課後。
駅前のカフェで友人のゆき音とお茶をした。中学以来の友人・ゆき音はワッフルを、私はアップルパイを頼んで2人でデザートを前にしながらたわいもない話を続けていた。
そんないつも通りの放課後を過ごして、私はいつも通り、自分の家であるマンションの4階へ向かう。
両親は海外へ共働きだったから、高校入学と同時に1人暮らしをしている。
最初は戸惑うことも多かったけど、今ではすっかり慣れちゃった。
家の玄関を開けて部屋に鞄を置いて夕飯の準備をして・・・。
本当に普段と何も変わらない時間を過ごしていた。
けれども、お風呂上りに髪の毛を乾かしていた時、両親からの国際電話で、私の「いつも」が変わった。
「日菜、茉莉ちゃん覚えてる?」
お母さんからの少し聞きづらい電話を取りながら、私は片手にドライヤーを持って話す。
「うん、覚えてるけど・・・、え、なに?お母さん。どうして茉莉ちゃん?」
「茉莉ちゃんがね、今お店やってるんだって。せっかくだから日菜も手伝ってほしいって連絡があってね」
「へえ・・・、え?それってバイトってこと??」
「うん、住み込みで」
「・・・ん?」
住み込み?住み込みってあの住み込み?どういうこと?つまり、ここを出るってこと?
「まあ、あなたももう2年生だし、進路あるじゃない?いい機会だと思うから、お願いしておいたの」
待って・・・、私の許可なくOK出したの!?!?
そう思った瞬間、私は危うくドライヤーを落とすところだった。
「え、お母さん・・・ちょっと待って」
ツッコミどころが山ほどある。まず、どこからツッコめばいいんだろう?
「あのさ、私まだ高2なんだよ。 ・・・今はまだ高1だけど。あと約2年間高校生活があるの。茉莉ちゃんって確か、桜が丘に住んでるんだよね。学校から結構距離あるじゃん!通学大変だよ」
「なに言ってるの!乗り換えないわよ」
「乗り換えの問題じゃないよ!え、いや・・・、っていうか、なんでそんな急に?」
「さっき言った理由もあるけど、いい勉強になると思って。日菜にはもっとたくさんのことを見てほしいというか・・・」
「・・・見てるよ、一応。まさかお母さん、私が引きこもってると思ってる?」
「まさか。そういう意味じゃないわよ」「・・・分かってるよ」
「日菜はちょっと引っ込み思案で臆病なところあるから、少し心配なの!そりゃあ、友達と遊びに行くことはたくさんあるんだろうけど。そういうのもいいんだけど・・・」
「心配しすぎだよ」
「1人でここで生活してるだけじゃなくて、もっと色んなことを知ってほしいのよ。来年、もしかしたら社会人になるかもしれないでしょ?あれ?進学に決めたんだっけ?」
お母さんの素朴な疑問に、思わず心臓が飛び跳ねる。途端に嫌な気持ちが広がった。
「え・・・ま、まあ・・・」
ハッキリとした答えが出せない自分。
ダメだなぁ・・・、自分のことなのに。
そんな気分を振りきれずに、私は電話を切った。

「そんなにここに来るのが嫌だった?」
私がこれから住む部屋に通されてまずしたことは、私より先に到着していた私の荷物が包まれた段ボールをすべて開けて、片づけることだった。
茉莉ちゃんと2人で黙々と作業を続けている間、ここに来るまでの経緯を思い返していた私は、不意に尋ねられて思わず手を止めてしまう。
嫌、というわけではないけれども・・・。
何年も会っていない茉莉ちゃんといきなり2人暮らしをするのは少し気まずく感じる。違う場所で暮らしていく不安もあるのかもしれない。
「そんなに嫌がらなくてもいいじゃんか、もー!ここも結構住みやすいよ??」
「い、いや・・・」
「2人でシェアハウスだよ!シェアハウス!」
「え、茉莉ちゃん、私も下のお店で働くんだよね・・・?」
「うん。お店の人でも足りないから。日菜だってお小遣い欲しいでしょ?」
ずっこけそうになる。
茉莉ちゃん、それはシェアハウスって言わない。「住み込みで働く」って言うんだよ。
心の中でツッコんだが、ふと自然な疑問が浮かび上がった。
「そういえば、なんでこんなお店やってるの?」
「あー、元々私もバイトで雇われてたんだけど、店長のお母さんが倒れちゃったのよ。そのままお店畳もうかなー、って店長が言ってたから、私がそのまま2代目引き受けちゃった!」
開いた口が塞がらないとはこういうこと。
「行動力の塊」
と、親戚一同口をそろえて評価している茉莉ちゃんだけど、まさかここまでやるとは思っていなかった。
私の記憶が正しければ、茉莉ちゃんは確か花と関わる仕事がしたいと言って、今は花関係のことを学べる専門学校に通う専門学生。
将来の職業と直結しているとは言えど、専門学生をやりながらこのお店の店長をするのは、容易ではないはずだ。
それをあっさり自ら引き受けてしまうなんて・・・。
「でも正直、1人でお店回すの結構きつくて!あ、今まで私が学校行ってる間は、店長の知り合いさんが来てくれてたんだけど・・・。その人も忙しいからさ!」
茉莉ちゃんはそこまで言うと立ち上がり、ようやく片づき始めた様子を見せる私の部屋を見回す。
そして、ぱん、と手を合わせると
「よし!そろそろお仕事の内容説明しようかな。下来てもらっていい?」
明るく快活な声で言った。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み