1 フランス語しか話さない子ども

文字数 2,534文字

 宮殿の広間で、とある伯爵が、暇を持て余していた。彼は、5歳ほどの男の子を見つけた。
 男の子は、ひとりだった。窓際のテーブルに座って、ペンとインクではなく、珍しい鉛筆で、しきりと、何か描いている。金髪に碧眼、ウェストを絞ったフランス風の上着を着ている。

 すぐに、誰だかわかった。
 伯爵は、傍らの貴婦人に目配せをした。

 彼女は、妖艶な流し目で伯爵に応えてから、給仕に何か言いつけた。

 給仕は、貴婦人の元へ、ココアを運んできた。前世紀、女帝マリア・テレジアの夫によって齎された、ウィーンの芳しい飲み物だ。
 婦人は、給仕を従え、隅のテーブルへ向かった。

 大人の椅子に腰掛け、足をぶらぶらさせながら、男の子は、絵を描いていた。馬に乗った兵隊の絵だ。
 貴婦人は、小さく、鼻を鳴らした。

 遠慮がちに給仕が、彼の近くに、ココアの入ったカップを置いた。金の縁取りのある、薄い陶器に、なみなみとつがれている。
 カカオと、それに混ぜられた薔薇とジャスミンの芳香に、男の子は顔を挙げた。

 「さあ、これをお飲み、坊や」
 フランス語で貴婦人は言った。
 とろけそうな優しい笑顔で、男の子を見つめる。

 男の子の顔が、ぱっと輝いた。
 彼は、両手でカップをつかもうとした。

 微笑み、優しく、貴婦人は呼びかけた。
 今度はドイツ語だった。
「人食い鬼の子。この、私生児が!」

 伸ばしかけた男の子の手が止まった。
 するりと、彼は、椅子から滑り降りた。
 彼は、真正面から、しばし、貴婦人の顔を見つめた。
 無表情だった。

 それから、両手で紙と鉛筆をかき集めると、ぷっくりとした手で、それらを握りしめた。
 ばたばたと、小さな動物のように、広間から走り出ていった。


 楽しそうに、貴婦人は、ソファーに戻っていく。伯爵の横にしどけなく座り、二人して、声を忍ばせて笑い合っている。
 ……。(*1)





 一部始終を、皇女レオポルディーネは見ていた。
 体が震えるほどの怒りを覚えた。だが、今はまず、走って逃げていったあの子のことが気がかりだった。彼は、彼女の、大事な甥だからだ。

 レオポルディーネは、男の子を追いかけた。
 階段の手前で追いついた。

「フランツ!」
彼女は呼びかけた。
「待って、フランツ!」

 階段を登りかけた少年の、後ろに垂れた、上着の裾を掴んだ。
 つんのめりそうになり、やっと少年は止まった。振り返り、同じ顔の高さで、彼は、レオポルディーネを睨みつけた。紅潮した頬をし……、彼は、泣き出しそうだった。

「僕のパパは、人食い鬼なんかじゃない!」
 しかし、彼は泣かなかった。断固として、フランス語で訴えた。
「僕のパパは、偉い将軍だ。皇帝だったんだ!」
「ええ、そうね」
ドイツ語で、レオポルディーネは答えた。

 フランスから来たこの子が、フランス語しか解さないというのは、大嘘だ。既に、この子は、立派に、ドイツ語を話す。ただ、人前では、母の国の言葉(ドイツ語)を、話そうとしないだけだ。
 この子は、ナポレオンの息子だ。


 レオポルディーネの姉、マリー・ルイーゼは、ナポレオンの妻だった。
 連合国により、パリが陥落すると、姉は、3歳になったばかりの息子を連れて、実家であるウィーン宮廷に帰ってきた。
 マリー・ルイーゼとレオポルディーネの姉妹は、オーストリア皇帝の娘だ。オーストリアはフランスに負け、マリー・ルイーゼは、まさに人身御供として、ナポレオンに差し出されていたのだ。

 姉に連れられ、ウィーンへやってきた時、フランツはまだ、3歳だった。初めて見た甥の印象は、確かに、父親によく似ている、というものだった。だが、それでも、彼は、かわいかった。
 フランツは、レオポルディーネにとって、始めての、自分の姉弟の子どもだった。身内の子どもというものは、こんなにもかわいいものかと、彼女自身、新鮮な驚きに浸った。

 そのうち、ナポレオンの息子は、頑固な子どもだという評判が伝わってきた。
 フランス語以外、話そうとしない。侍従はもちろん、ドイツ語しか解さないから、身振り手振りで、意思を押し通そうとする。
 服も、フランスのものしか、袖を通さない。ドイツのものは、不格好だと言って、嫌った。
 唯一、ウィーンで好きなものは、母親のテーブルから分け与えられるお菓子だけだということだった。
 母には、甘えていたのである。

 去年、父ナポレオンは、100日天下の夢も虚しく破れ、セント・ヘレナへ流された。



 母マリー・ルイーゼも、つい最近、パルマへ旅立っていった。息子にはなにも告げず、朝早く、眠っている彼の枕元に、玩具を忍ばせて。
 ウィーン会議で、彼女一代限りの、パルマ領有が認められたからである。ナポレオンとの間の息子は、同行を許されなかった。

 フランスから一緒に来た従者たちは、とっくに解雇されている。
 フランツは、一人ぼっちになってしまった。
 周囲の者は、ナポレオンの名を出さず、聞かれても、父のことは答えなかった。


 かんしゃく玉を破裂させたような声で……依然、フランス語で……、男の子は叫んだ。
「レオポルディーネ叔母様は、パパのことなんか、知らないくせに!」
「知ってるわよ」
「嘘つき!」
「嘘じゃないわ」
冷静に、レオポルディーネは応えた。彼女の言葉は、ドイツ語だ。

 少年の目が、大きく見開かれた。青い虹彩が、澄んだ強い光を放つ。
 「パパに会ったことがあるの?」
小さな声で、フランス語で尋ねた。

「直接会ったことはないわ。でも、私は、あなたのお父様から、贈り物をもらったのよ」
「贈り物?」
「とても豪華な、心のこもった贈り物よ」

 フランス語とドイツ語の、ちぐはぐな会話が続く。
 レオポルディーネは、階段に腰を下ろした。とんとんと、隣を軽く叩く。
 口を尖らせ、それでも、フランツは、彼女の横に腰を下ろした。











¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
*1
このシーン、チャットノベルにしてみました
「ナポレオン2世ライヒシュタット公/スウィート・フランツェン」11話「人喰い鬼の子! 私生児!」
https://novel.daysneo.com/works/episode/9bd94fbfa2f8ccccd0b8d8fe75b75ae3.html

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

カール大公

1771.9.5 - 1847.4.30

(カール大公の恋)


ライヒシュタット公の母方の大叔父。1796年の革命戦争では、ジュールダン麾下サンブル=エ=ムーズ軍、モロー麾下ライン・モーゼル軍と戦い、両軍を分断させ、勝利を収める。1809年のナポレオン軍との戦い(対オーストリア戦)の後は軍務を退き、軍事論の著述に専念する。

レオポルディーネ

 1797.1.22 ‐ 1826.12.11

(もう一人の売られた花嫁)


ライヒシュタット公の母方の叔母。皇帝フランツの娘。ポルトガル王太子ペドロと結婚する。ナポレオンの侵攻を受け、ポルトガル王室は当時、植民地のブラジルへ避難していた。ペドロとの結婚の為、レオポルディーネも、ブラジルへ渡る。

ヨーハン大公

1782.1.20 - 1859.5.11

(アルプスに咲いた花)


ライヒシュタット公の大叔父。皇帝フランツ、カール大公の弟。兄のカールに憧れ、軍人となる。

アダム・ナイペルク

1775.4.8 - 1829.2.22

(片目の将軍)


オーストリアの軍人。フランス革命戦争で赴いたオランダで片目を失う怪我を負うも、捕虜交換の形で帰国した。

ドン・カルロス

1787.初演

(「ドン・カルロス」異聞)


シラー(シルレル)の『ドン・カルロス』は、ライヒシュタット公の愛読書だった。

チャットノベルもございます

「ドン・カルロス」異聞

マリア・テレサ

 1816.7.31 - 1867.8.8

(叶えられなかった約束)


カール大公の長女。

マリー・ルイーゼ

1791.12.12 - 1847.12.17

(2つの貴賤婚)


ライヒシュタット公の母。ナポレオンの二人目の妻、かつてのフランス皇妃。ウィーン会議でパルマに領土を貰い、5歳になる直前の息子を置いて旅立っていった。以後、全部で8回しか帰ってこなかった(最後の1回は、彼が公的に死の宣告をされた後)。

エドゥアルド・グルク

1801.11.17– 1841.3.31

(画家からの手紙)


ウィーンの宮廷画家。メッテルニヒに見いだされ、採用された。グルクの死から約170年後、彼が描いた絵が、モル男爵の屋敷で発見された。モル男爵は、かつてライヒシュタット公の補佐官で、その死の床に最後まで付き添った。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み