1 ✿ 【朝】 忍者と遊園地

エピソード文字数 735文字

6月19日のこと。


萌栄たちは早朝にホテルを出発、行き先は有名なテーマパークである。


8時半のパーク開園と同時、子どもたちは入場した。

ホンモノの外国の街みたいや!!
あっ、お城が見える! お姉ちゃん、行こう!
子どもたちは、はじめて見る世界に目を輝かせる。
動物の耳や、帽子をつけている人がおおいのですね

ファンキャップ、ファンカチューシャと言われるものを頭に付けた人を、媛は珍しそうにながめる。


ネズミの耳や、うさぎの耳、キツネの耳、魔法使いの帽子など、形もデザインも様々だ。

あれっ、鋼たちがいない。一体どこに?

すぐそばにいたはずの鋼、発、殿下、雨音の男子4人が、もういない。

萌栄さん、あそこのワゴンに…

鋼、発、殿下、雨音の4人は、ファンキャップ&カチューシャ販売ワゴンの前にいる。


店員さんにすすめられ、試着をしたりしていた。

あの4人、案外仲が良いのね。ん?
鋼が、うさ耳を…
鋼は、それにしたの? 意外…だった
え? なにがや、発
よっ、バニーボーイ
はぁ? バニィ?

そこで鋼は、自分の頭につけられたものに気付いた。

な、なんやこれ!?

うさ耳を外すと、鋼は真っ赤な顔でぷるぷるとふるえた。


するとワゴンの横から、殿下がにやにやしながらにゅっと顔を出した。

殿下…おまえというやつはほんとーに! いらんことすんな!
試着や。おまえがあつーい目でうさ耳見よったから
見とらんわ、バカたんが
鋼は、うさ耳をワゴンに戻す。
似合っちょったとに~

頭の上で両手をひょこひょこ動かし、意味の無いうさぎダンスに身体をゆらす殿下。


男子たちの掛け合いを、萌栄と媛は少し遠巻きに見ていた。

まったく、なにやってるんだか…
うちの兄が、すみません…。ほんとに子どもなんだから
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

日高萌栄 (ひだか・もえ


中学2年生、13才の少女。

カピバラをこよなく愛する。

重黒木 鋼じゅうくろぎ・はがね


中学2年生、13才の少年。機械いじりが得意。

椎葉 発(しいば はつ)


中学2年生、13才。

萌栄の友達。花火師の孫。

黒木 殿下(くろき でんか)


萌栄のライバル

那須 雨音(なす あまね)


殿下の友達。

黒木 媛(くろき ひめ)


殿下の妹

日高 結芽(ひだか ゆめ)


萌栄のお母さん

日高 地平(ひだか ちへい)


萌栄のお父さん

日高 雲水(ひだか うんすい)


萌栄の祖父

重黒木 功(じゅうくろぎ こう)


鋼のお父さん

重黒木 理玖 (じゅうくろぎ りく)


鋼のお母さん

椎葉 康次(しいば やすじ)


発の祖父。花火師

黒木 智子(くろき ともこ)


殿下、媛のお母さん。

黒木 未夏 (くろき みか)


クラスメイト

中武 陽(なかたけ はる)


クラスメイト

那須 貴也(なす たかや)


クラスメイト

那須 由子(なす ゆうこ)


クラスメイト

お殿様。


西方の里を治める、お殿様。

南朝の忠臣、その子孫。

忠平(ただひら)


お殿様が助けた忍者。

加藤清正に仕えていたが、毒殺の濡れ衣をかけられ、逃げてきた。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色