第5章 掃除婦ナオミ

文字数 600文字

アズサが従業員食堂に入っていくと、小太りな娘がマンジュウを並べて食べている。アズサに好意に満ちた笑顔を向ける。

「あ、あなたアズサさんでしょ?あたしナオミ。お掃除担当しているの」

同世代の二人は、たちまち意気投合して、二人でマンジュウを食べ始める。アズサがマンジュウを食べたがら食堂を見回す。

「なんか人少ないね。アルバイトって、あたし達だけ?」

「うん。今はね。まだシーズン始まってないから。これからドンドン増えてくるらしいけど。ねー、タカシさん?」

ナオミが3つほど向こうの机に座っているタカシに声をかけた。タカシは色んなものをボロボロと落としながら、マンジュウを食べることに苦闘しており、ナオミに声をかけられてビックリしている。

「えっ!なに!?」

「アルバイトもお客さんも、これから増えるんでしょ?」

よく見ると、タカシの口の回りが白い。

「うん。来週あたりから8月末まで、すごーく増えるよ」

タカシが口の回りを白くしながら微笑して、マンジュウとの格闘を再開する。ナオミが小声でアズサに話しかける。

「あの人、タカシさん、去年の夏から冬通しているの。冬は上高地閉じちゃうからさ、冬通してアルバイトしてくれる人ってなかなかいないの。だからあの人がアルバイトの一番上なんだけど、なんか、いつもボーッとしてるのよねー」

アズサがうなづく。

「主任にも言われた。気をつけてねって」

タカシはマンジュウを食べるために苦闘している。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み