女スパイ #1

エピソード文字数 3,924文字

 午後の授業は教頭がやるといっていた。最後の記念に出ておこうか――そんな気持ちも二ミリぐらいはあったが、かったるい気分を負かすまでにはならなかった。ついでにいうと教頭(やつ)のえらそうな態度もおれは好きじゃない。


 放課後までサボることを決めたおれはランドセルを置きに一旦教室へ戻り、それから保健室へ向かった。渡り廊下を使って体育館の脇を行く。こうすると職員室の前を通らずに済んだ。佐東や教頭とばったりというのは具合が悪い。


 保健室が見えてきた。手前の水飲み場で口をゆすぎ、ペンギンガムを一枚噛む――涼しくなる舌。今じゃ、やみつきの感覚だ。


 扉を開けると先客がいた。口を利いたことはないが顔はわかる。肝心の保健医はいなかった。

ちゃお。

 ベッドの上で本を読んでいた女が聞き覚えのない言葉を、これまた聞き覚えのない声でしゃべってくる。無視をしていると今度はおれの苗字を口にしてきた。

顔色変だね。具合悪そう。寝る?

 顔色がおかしいのは体調のせいじゃない。と、ここでそれを説明してもはじまらない。おれは帽子を深くかぶりなおし、はじめて口を利く相手にどうでもいいことを聞いた。

相馬(そうま)は?

さっき出てったよ。

 誰もいない保健室で友だちの彼女とふたりきりになるわけにはいかない。おれは『じゃあ、後にするわ』といってまわれ右をした。

二時間目休みのとき、職員室に呼ばれてたね。

 児島がおれの背中にしゃべりかけてくる。後ろ向きで答えるのも変だと思い、もう一度まわれ右をした。

佐東にさんざん小言をいわれた。担任でもないくせに、あの野郎。

 佐東は一組=児島たちのクラスの担任。やつはおれを職員室へ呼びだした後、げんこつで二回、出席簿で四回この頭をぶっ叩き、それ以外のときはストップウォッチをカチカチやりながら、三時間目の間中(あいだじゅう)、豚とは関係のない文句をこの耳に垂れ流してきた。


 親御さんがなくたって立派になった人はたくさんいる――そりゃいるだろう。


 お祖母(ばあ)さんにしっかり感謝しろ。お前の面倒をちゃんとみてくれてるんだから――奴隷としてな。


 よそはよそ。お前はお前だ。自分が他人とちがうからって卑屈になる必要なんかないんだぞ――勝手に決めつけんじゃねえよ。


 佐東は(*012)気取りだった。思いついたことをとんちんかん(・・・・・・)にしゃべり、自分だけいい気になっている馬鹿教師だ。そういうとち狂ったことはミミズや赤ん坊のくそを食ってからいえ。しまいには体育館の裏から出てきたタバコの吸いがらまでおれのせいにされかけた。

わあ、どの先生も呼び捨てなんだ。評判悪いだけあるね。

 なんだこの女。おれにケンカを売ってるのか。軽く睨みつけると児島はかけ布団をずりあげ、そいつで目の下までを隠した。

ねえ。

 くぐもった声で話しかけてくる児島。アーモンド型のつやつやした目玉がおれに向いている。

なんだ。

 なんでガム噛んでるの?――くせみたいなもんだ。


 やっぱり不良だから?――だから、くせみたいなもんだっていってるだろう。食うか?


 それ食べたらわたしも不良かな――そう思うんならやめとけよ。

ちょうだい。

 両腕が突きだされてくるのと同時に、かけ布団がずり落ちる――こぢんまりとした顔。下半身にかけ布団を乗っけたまま児島が体を伸ばしてくる。シャツの襟もとへ自然と目がいった。首のつけ根より下の肌が丸見えになっている。おれは目のやり場を女子どもの誰もがやっている松田(まつだ)聖子(せいこ)の髪型に固定し、胸まわりがやばいことになっていると本人に教えた。

いいの。おっぱいちっちゃいから。

 そういう問題じゃない――武田の顔がちらついた。

ちゃんと隠せよ。

 児島に身だしなみを注意してからガムを渡し、クレゾールやイソジンが並べてある棚へと近づく――ガラス戸に映りこむ顔色最悪のろくでなし。心のなかでは顔のない化けものが武田の怒った顔を真似ていた――リーゼント以外はまるでへのへのもへじ。

武田くんがね。

 意味もなく跳ねあがる心臓。いや、意味がないことはない。()けかけたガラス戸をなぜか閉めたおれは、そこに映っている反対向きのベッドと児島を見た。

これをね。

 ベッドのほうへまわれ――左。枕の脇へたたんであったGジャンのポケットに児島が手を突っこんでいる。

くれたの。蝿とか蚊は嫌いっていったら。

 紙きれのようなものをひらつかせて児島がいう。

はえとかか?

横浜の。

 横浜のはえとかか=蝿とか蚊=横浜銀蝿=コンサートの話から竹の子族。そこから児島の誕生日が来週だとかいう話を思いだした。

ああ、誕生日のあれか。

 魅力的な紙きれを見ながらいった。

なんでわたしの誕生日知ってんの!?

武田が話してたのを聞いた。

 二枚の紙きれはどっちも聖徳太子だった。それもでかいほうのやつだ。児島もそんなものをおれに見せびらかしてどうしたいのか。

なーんだ、つまんない。

 うちわ代わりの聖徳太子。見ているだけでばちが当たりそうだった。

つまんないってなんだよ、大金じゃねえか。

 乞食ヤッケのポケットにある、稼ぐのにめちゃくちゃ苦労した金の五倍ものそれを彼女にポンとくれてやれる武田。それなのに手すら握らせてもらえない武田。わりに合わないことが好きなのかもしれない武田。金持ちの心のなかがどういうしくみになっているのか、まだ貧乏人のおれにはわからなかった。

……手ぐらい握らせてや――

テレビ欲しいんだけど、頼んでもいい?

 口を開いたのはおれのほうが早かったが、声の勢いは児島のほうが勝っていた。

足りないかな?

 意味がわからなかった。二万円でテレビが買えるのかどうかも知らない。

いってることが……よくわかんねんだけど、その金でテレビを買ってきてくれっていってんのか?

ううん。お使いとかそういうのじゃなくて売ってほしいの。わたし用のテレビ。最近、弟の力が強くてチャンネル取りで負けちゃうから。ある?

 おれは電器屋じゃない。もしかしてかっぱらってこいという意味でいってるのか。

沢村くんに頼むとなんでも安く買えるって聞いたよ。

――やっぱりか。

だめ?

 新井、武田、村瀬(むらせ)篠原(しのはら)飯塚(いいづか)山越(やまこし)(もり)。五年の克也(かつや)直己(なおき)高志(たかし)創一(そういち)淳二(じゅんじ)(あきら)――例のこづかい稼ぎを知ってるのはこいつらだけ。松本ですら知らないことをなんで児島が知っているのか。おれはおしゃべり野郎の名前を聞きだすためにベッドの脇へと移動した。

武田に聞いたのか?

ううん。

じゃ、誰に聞いたんだ。

染川さん。

染川? 豚……生徒会長のか?

うん。家近いの。わたしも染川さんも児童公園のそば。ねえ、その顔の傷って痛い?

 家が近いとか傷が痛むかどうかなんてどうでもいい。なんでおれの秘密を豚なんかが知ってるのか。問題はそこだ。

染川にそれ聞いたの、いつだ?

ちょっと待って、今思いだすから。

ほかに誰がいた!?

染川さんとわたしだけ。沢村くん、怖いよ。

 焦るとどうしても力が入る。おれは児島に謝り、体から力を抜いた。

運動会のちょっと前ぐらいかな。塾行くときか帰るときか忘れちゃったけど。でもなんで?

 二週間以上前だ。豚はどこからそのことを聞いたのか。いや、それよりもおれのことをあれだけ目の敵にしておいて、なぜそれを佐東どもにちくっていない? 引っかかるのはこっちのほうだ。

ねえ、なんでそんなこと聞くの? わたし変なこといった?

 変などころの話じゃない。この話をほかの誰かにしゃべったりしてないか聞こうとして――やめた。そいつをちくられようがバラされようが、明日にはもうどうでもいいことだ。今までちくられなかったことを素直に喜んでおけばいい。考え方を切り替える。

まあ、別にいいや。

よくないよ。テレビ欲しいもん。

悪いけど無理だ。テレビなんてあんなでかいもの。

小さいのでいいよ。

もうやめたんだよ、なんでも屋は。

 ベッドに背を向け、扉のほうへ歩く。サボりはまた今度。いや、今度はもうないか。

納得いかない。

 納得? 誰が誰にだ? またまた、まわれ右。

わたしスパイになるのが夢なの。

 自分の将来を力強く宣言してくる児島。いってることの意味がつかめなかった。言葉をどう返していいのかもわからない。

……へえ、そうなのか。

だから秘密を話して。

 ぶっ飛んだ理屈。凄まじいにっこり顔。ベッドから身を乗りだしてヤッケの袖を力強くつかんでくる右手。口も顔も手もやってることがまるで噛みあっていない。なんだか武田がかわいそうになってきた。

そんなもんねえよ。だいたいスパイに秘密なんか話さないだろう。あったとしても。

わたしまだスパイじゃないよ。

 鏡を見なくても自分の目が点になっているのがわかる、そういう珍しい気分。

だからうそはやめて。

うそなんかついてない。

ふうん……そう。

 疑いのまなざし。それも絵に描いたような。そんな目をされなきゃならない覚えはない。

なんだよ。

どうしよっかな……

 児島がさらに身を乗りだしてきた。

どうもしなくていい。手を放してくれ。

待って。

待てない。

 この時間=五時間目の残りはプールの脇かどこかにいて、六時間目は……広げた教科書越しに聖香の背中観賞でもしておこう。

じゃあじゃあじゃあ、わかった。わたしから話す。秘密。ね、それならいいでしょ?。

別に聞きたくない。

 人質に取られている右手を引っぱり戻す。

すっごい秘密かもしれないのに?

 腕から力が抜ける――怒る気力すら失せるこぢんまり笑顔。好きにしろとしかもう、おれにはいいようがなかった。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

沢村怜二《さわむられいじ》


問題児兼主人公。非常に残念な脳みその持ち主。12歳。

松本亨《まつもととおる》


怜二の友人で計画の発案者。頭の回転は速いがうそはあまり得意じゃない。早生まれの11才。

顔なし女《かおなしおんな》


怜二の心のなかに居つく思念体。人の不幸が大好き。

出脇静恵《いずわきしずえ》


怜二を生んだ女。ノリノリのきちがい。バッティングセンスはなかなか。息子思いの34才。

武田眞路《たけだまさみち》


怜二の悪友で金持ち。話があらぬ方向にぶっ飛んでいきやすい。少年野球チームにも所属。12才。

染川蘭子《そめかわらんこ》


美滝小学校の生徒会長。正義とプライドのかたまりかと思いきや、意外と清濁併せ呑んじゃうタイプだったりする。12才。

岡崎聖香《おかざききよか》


怜二とは瞬間的に恋人関係だったことがある。清廉潔白風味。イモ欽トリオの真んなかが好きな12才。

児島真奈美《こじままなみ》


怜二の悪友の彼女。自称スパイ。好奇心旺盛な不思議系少女。もうじき12才の11才。

相馬秋子《そうまあきこ》


美滝小学校の養護教諭。真面目でやや過干渉気味も多少の融通はきく。趣味でリッターバイクを乗りまわしている。29才。

編集用

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色