駆け出しの星たち

作者 沖 元道

[その他]

8

1,087

0件のファンレター

 ヒロキは、父から引き継いだ特務探偵の仕事をしている。窃盗物を犯人から取り返して高額の報酬を得るような危険な仕事だ。父は三年前に事故で亡くなり、今は、相棒である人工知能ロボットのトムと二人で仕事をしている。ヒロキは、父のような完璧な特務探偵に憧れつつも、父のような家庭を犠牲にする生き方には疑問を持っている。
 ヒロキは、怪しげな貿易商から仕事の依頼を受けたが、その仕事を遂行後、その貿易商に関する重大な犯罪の容疑がでてきた。特務探偵には様々な専門家の人脈が必要不可欠であるが、ヒロキは美人女医のマリイや警察幹部のザック警視長とも連携しながら、犯罪の防止に動き出した。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

駆け出しの星たち

沖 元道  okimotomichi

執筆状況
完結
エピソード
13話
種類
一般小説
ジャンル
その他
タグ
探偵, 悪魔, 人工知能, ロボット, 美人, 窃盗犯, 金庫, 医者
総文字数
60,404文字
公開日
2020年01月29日 20:06
最終更新日
2020年02月29日 11:15
ファンレター数
0