オレのバイクは対人恐怖症

作者 針とら

[学園・青春]

17

1,696

2件のファンレター

「いやだ。やめて。家にいようよ」
半年も世間の風に触れさせずにおいたら、そりゃあバイクだって気弱にもなる。
孝之のバイクは駐車場の奥で、タイヤに蜘蛛の巣を絡みつけ、対人恐怖症気味になってしまっていた。
「おまえだってこのままじゃいけねぇと思ってんだろう?」
江戸っ子気質な蜘蛛と一緒に、孝之はバイクの社会復帰の道を模索することに。

ちくしょう、なんで喋りやがるんだよこのバイクは!

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

最後まで楽しませていただきました。

完結までお疲れ様様でした。バイク達の語りかけてくる言葉に癒されました。自分もバイク乗りなので、共感できる表現や言葉があり、気持ちが綻びました。

同じバイク乗りとして。

同じバイク乗りとして楽しく読ませて頂いております。 二人の関係がいい感じです。

小説情報

オレのバイクは対人恐怖症

針とら  varitra

執筆状況
完結
エピソード
10話
種類
一般小説
ジャンル
学園・青春
タグ
YA, 青春, バイク, 蜘蛛
総文字数
25,216文字
公開日
2020年02月09日 22:18
最終更新日
2020年02月18日 21:00
ファンレター数
2