八朔の月に、希う

[ノンフィクション]

58

1,507

1件のファンレター

ねえ、あの月、八朔みたいじゃない? と彼女が言った。

目次

完結 全1話

2021年05月31日 19:38 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

心地よいノスタルジーと夏の匂い

エモいとはこういうことか、何度読んでもエモい。文章の一つ一つから昭和の夏の匂いが伝わってきて、まるで主人公の記憶を体験してるようなそんな気分にしてくれました。 思い出に手を伸ばしたくなるような、手を伸ばしても届かなくてふっと寂しくなるような……。 エモいとはまさにこの作品の事だと思います。

返信(1)

小説情報

八朔の月に、希う

タカトウリョウ  takatoryo

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
ノンフィクション
タグ
【エッセイ賞】, ショートショート, 青春, 掌編, 純文学, 短編, 夏, ヒューマンドラマ, 日常, エッセイ
総文字数
8,543文字
公開日
2021年05月30日 20:05
最終更新日
2021年05月31日 19:38
ファンレター数
1