花子という生き方 第二章完結

[その他]

5

146

0件のファンレター

花子が亡くなって、次のステージで違った生き方をした。花子は臓器バンクに登録していいて、彼女の目は事故で失明した少女の目となった。少女の名前は蝶子。蝶子に入った花子の目が全て記憶していて、蝶子の脳裏に映し出されていく。まるで体内に花子がいるように。花子は姿を変えても花子のままだった。そして、それが蝶子の人生を変えていった。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

花子という生き方 第二章完結

Peace0729-0511

執筆状況
連載中
エピソード
7話
種類
一般小説
ジャンル
その他
タグ
#生き方
総文字数
37,179文字
公開日
2021年06月08日 18:16
最終更新日
2021年06月17日 23:40
ファンレター数
0