一般小説作品詳細

源三郎江戸日記(弟二部)

30|歴史|連載中|35話|98,520文字

天真爛漫, 元禄, 綱吉, 忠臣蔵

931 views

元禄16年2月4日討ち入った赤穂浪士は全員切腹となり泉岳寺に葬られ、源三郎の前には大きな幕閣の権力者が立ちはだかり、熾烈な戦いが始まったのです。

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

源三郎江戸日記(弟二部)

muratomi

執筆状況
連載中
エピソード
35話
種類
一般小説
ジャンル
歴史
タグ
天真爛漫, 元禄, 綱吉, 忠臣蔵
総文字数
98,520文字
公開日
2019年07月17日 18:39
最終更新日
2019年08月21日 19:45
応援コメント数
0

応援コメント一覧

応援コメントはありません

作者プロフ

muratomi

この作者の他の作品

小説

30|歴史|連載中|35話|98,520文字

2019年08月21日 19:45 更新

天真爛漫, 元禄, 綱吉, 忠臣蔵

元禄16年2月4日討ち入った赤穂浪士は全員切腹となり泉岳寺に葬られ、源三郎の前には大きな幕閣の権力者が立ちはだかり、熾烈な戦いが始まったのです。

小説

6|歴史|完結|4話|10,223文字

2019年08月20日 09:22 更新

古代 , 昔ばなし, 神武天皇

紀元前1000年前日向の国(宮崎県)の天照大臣(あまてらすおおかみ)に海幸彦と山幸彦の二人の兄弟がいたのです、名前のごとく、山の猟が得意な山幸彦、...

小説

67|歴史|完結|110話|308,185文字

2019年07月15日 07:34 更新

天真爛漫

時は元禄、この時代は5代将軍綱吉の時代であり、関が原は遠い昔の事となり徳川幕府の治世は磐石となったが、武力による働き場所のなくなった武士のモラルは最低に経っしていたの、...

TOP