場と文学 ─山浦玄嗣の『ガリラヤのイエシュー』

[創作論・評論]

21

764

0件のファンレター

山浦玄嗣博士が新約聖書の四福音書を岩手県沿岸の気仙地方の言語、ケセン語に翻訳し、話題になりました。その山浦博士が登場人物の特徴に合わせて日本各地の言語、世間語で新たに福音書を翻訳したのが『ガリラヤのイエシュー』です。これはその試みの意義を聖書の日本語訳の歴史をたどりながら明らかにする批評です。なお、この作品は2013年脱稿のものです。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

場と文学 ─山浦玄嗣の『ガリラヤのイエシュー』

佐藤清文(Saven Satow)  savensatow

執筆状況
連載中
エピソード
5話
種類
一般小説
ジャンル
創作論・評論
タグ
福音書, 翻訳, 日本語, ギリシア語, 山浦玄嗣, ケセン語, イエス, キリスト教, 聖書, 合理的解釈
総文字数
20,206文字
公開日
2021年04月04日 10:39
最終更新日
2021年04月12日 21:00
ファンレター数
0