一般小説作品詳細

東洋と西洋の思想の違いをなるべく短くまとめてみた

27|社会・思想|完結|4話|8,148文字

論語, キリスト教, ギリシャ哲学, 論文, アカデミック?, ソクラテス, プラトン

2,173 views

東洋を代表する思想として、古代中国の「論語」「大学」「中庸」「孟子」の「四書」、そして西洋を代表する思想として、ソクラテス・プラトン、イエス・キリスト。
これらの思想の本質的な違いは何なのか、そしてわれわれ現代の日本人にとって、それはどういった意味を持つのか・・・

そういった何だか小難しそうなことを、むしろそういう専門的なことに踏み入らずに、その根本的でわれわれにとって有益なものだけを考えて見たらどうなるか、を考えて見た。
そしたら、以外と有益なことになった・・・かも?
筆者は別に専門家でも何でもないので、あんまり難しいところまでは踏み込んでいないと思います(当社比)。

最初に上げたやつが、何だか長ったらしいものだったから、こっちの方が読みやすい・・・かも?

ちなみに画像と本編は関係ありません(^^)

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

東洋と西洋の思想の違いをなるべく短くまとめてみた

森 ツバサ  takaraku

執筆状況
完結
エピソード
4話
種類
一般小説
ジャンル
社会・思想
タグ
論語, キリスト教, ギリシャ哲学, 論文, アカデミック?, ソクラテス, プラトン
総文字数
8,148文字
公開日
2018年05月01日 06:04
最終更新日
2018年05月02日 15:46
コメント数
0

コメント一覧

コメントはありません

作者プロフ

森 ツバサ  takaraku

小説から実用書まで、何だかいろいろ書いております。
特に、ヨーロッパの古典から生まれたものを書いています。今回は、キリスト教についていろいろ書いてみました。

この作者の他の作品

小説

十五世紀、フランスを舞台に戦われた百年戦争の混乱。 その中で、一介の農民の娘に過ぎないジャンヌ・ダルクは「神」の声を聞き、国家を動かし、フランス王の戴冠に貢献した。しかし敵に捕らわれ、火刑に処せられた・・・...

17|歴史|連載中|3話|8,912文字

2018年06月21日 15:23 更新

中世ヨーロッパ, キリスト教, 人物論, 百年戦争

小説

東洋を代表する思想として、古代中国の「論語」「大学」「中庸」「孟子」の「四書」、そして西洋を代表する思想として、ソクラテス・プラトン、イエス・キリスト。...

27|社会・思想|完結|4話|8,148文字

2018年05月02日 15:46 更新

論語, キリスト教, ギリシャ哲学, 論文, アカデミック?, ソクラテス, プラトン

チャット

へっぽこ見習い天使の三人、ミカ、ガブ、ラファ。偉大な天使ミカエル、ガブリエル、ラファエルを目指して、今日も修行中。...

154|ファンタジー|完結|36話|111,119文字

2018年04月25日 04:17 更新

聖書ラノベ新人賞, ファンタジー, 福音書, 天使, なんかドタバタしてる, 意外と深い, マイケルジャクソン?

小説

日本人にとっては、馴染みの薄い「聖書」というぶ厚い書物。それは近寄りがたく、どこを読んでいいのかもさっぱりわからない。 しかしそのために、その深遠な意味が見過ごされてしまっている。...

41|社会・思想|完結|18話|71,068文字

2017年11月04日 02:26 更新

ゴマブックス新人賞, キリスト教, 聖書, 福音書, ヨーロッパ古典

TOP