一般小説作品詳細

iT水滸伝

2|現代ドラマ・社会派|連載中|2話|21,081文字

IT, IT, コンピュータ, 恋愛, オタク, 格差, 偏見, 差別

213 views

ITが始まったころ、若きビル・ゲーツやスティーブ・ジョブズが活躍していたころ、日本ではIT技術者は、「ITおたく」と呼ばれ、コミュニケーションが下手で、一日中スクリーンの前に座っている変人と思われていました。

この物語の主人公、星野たけしは、30歳で商社を辞めて、IT企業にエンジニアとして再就職し、周りが自分より若い人ばかりの中で数々の偏見や差別と戦いながらも徐々に同志を増やしていきます。オリジナルの水滸伝では力と知恵はあるが当時の悪政のために阻害され差別された人たちが主役でした。そして、21世紀の今日も形は違えど同じような偏見、差別、そして格差が存在します。

IT技術者は、得てして恋愛には不器用と思われがちですが、人が戦う所には必ず恋愛物語(ラブストーリー)があります。普段会社に寝泊りし、残業ばかりしているITおたくにもこんなラブストーリーがあったのかということを星野と梨絵の恋愛を通じて知っていただきたく思います。

この物語は、長い物語です。1980年代から現在まで情報革命の歴史を通しての人間ドラマを書き進めていきたいと思っています。応援よろしくお願いします。

もくじ

登場人物紹介

星野たけし:30歳でiT会社に再就職

田村梨絵:iT会社社長の娘

町田信二:iTオタク

沖本君江:iTトレーナー

崎田:営業課長

小説情報

執筆状況
連載中
エピソード
2話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
IT, IT, コンピュータ, 恋愛, オタク, 格差, 偏見, 差別
総文字数
21,081文字
公開日
2019年01月13日 13:11
最終更新日
2019年01月16日 19:29
応援コメント数
0

応援コメント一覧

応援コメントはありません

作者プロフ

田村とよたか  Tamura_Toyotaka

この作者の他の作品

小説

ITが始まったころ、若きビル・ゲーツやスティーブ・ジョブズが活躍していたころ、日本ではIT技術者は、「ITおたく」と呼ばれ、コミュニケーションが下手で、一日中スクリーンの前に座っている変人と思われていました。...

2|現代ドラマ・社会派|連載中|2話|21,081文字

2019年01月16日 19:29 更新

IT, IT, コンピュータ, 恋愛, オタク, 格差, 偏見, 差別

TOP