残された赤

作者 北きつね

[ホラー]

2

414

0件のファンレター


 赤く染まった視界は、男から全てを奪った人間の姿しか見えないのか?

 男は、全てを奪われた日を忘れない。
 左目の視界が赤く染まってしまった日。全てを諦めて、全てを求めた日。

 男は持てる知識を使って行動する。

---
 君が俺の所から旅立って、もう23年が経っているよ。
 でも、やっと、やっと、やっと、俺は君の所に行ける。

 でも、俺はもう40を超えて、50に近くなってしまっているよ。君に嫌われないか不安でしょうがない。
 頑張ったよ。君が好きだと言ってくれたスーツ姿。同じ形のスーツを着られるように、体型を維持しているよ。

 髪の毛も薄くなるかと思ったけど、薄くならないで良かったよ。
 白い色の髪の毛が目立つけど、君の所に行くときには、あの頃と同じで茶色に染めていくよ。

 もう少しだから、もう少し・・・。
 もう少しだけ待っていて欲しい。

 ただ一人・・・。俺が愛した君の所にいくその日まで・・・。

目次

完結 全1話

2019年06月30日 12:00 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

残された赤

北きつね  nfox0709

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
ホラー
タグ
短編, 復讐
総文字数
7,762文字
公開日
2019年06月30日 10:00
最終更新日
2019年06月30日 12:00
ファンレター数
0