宝生世津奈の事件簿/深海の使徒

[現代ドラマ・社会派]

64

42,215

2件のファンレター

宝生世津奈は、元警察官で産業スパイ狩り専門の探偵。相棒のコータローと共に「放射線無害化バクテリア=REB(Radiation Eating Bacteria ) 」の機密漏洩調査に着手するが、2人の前に政財官が絡む巨大な陰謀が待ち受けていた。

目次

連載中 全45話

2024年07月02日 21:16 更新

  1. 第1章 波乱の幕開け(Twitter 公開あらすじ1/7)

  2. 1.真夏の陽に焙られて 公開日: 2018/10/03
  3. 2.白昼の激闘 公開日: 2018/10/03
  4. 3.事情聴取 公開日: 2018/10/04
  5. 第2章 世津奈、大いに反省する

  6. 4.社長から詰問され 公開日: 2018/10/05
  7. 5.相棒から秘密を暴露され 公開日: 2018/10/05
  8. 6. 大いに反省する 公開日: 2018/10/06
  9. 第3章 山中の追跡 (Twitter公開あらすじ2/7)

  10. 7.ワナ 公開日: 2018/10/08
  11. 8.スパイと対峙 公開日: 2018/10/10
  12. 9.1回、休む 公開日: 2018/10/15
  13. 第4章 そもそも論

  14. 10.待機所 公開日: 2018/10/21
  15. 11. REBには、原発反対派を賛成派に変える力がある 公開日: 2018/10/22
  16. 12. 政府は、有権者がREBを信じるよう仕向けるだけでよい 公開日: 2019/01/10
  17. 第5章 事態急変 (Twitter公開あらすじ3/7➀)

  18. 13.緊急呼び出し 公開日: 2019/01/11
  19. 14.高山社長は…… 公開日: 2019/06/22
  20. 15. 錯綜した事態 公開日: 2019/06/22
  21. 16. 苦い推理 公開日: 2019/06/22
  22. 第6章 人質奪還(Twitter公開あらすじ3/7②)

  23. 17. 追尾、チャンス到来 公開日: 2019/06/22
  24. 18. ガソリンスタンドの死闘 公開日: 2019/06/22
  25. 19. 死闘のあと…… 公開日: 2019/06/22
  26. 20. 離 脱 公開日: 2019/06/22
  27. 第7章 栗林 由紀子 (Twitter公開あらすじ4/7 & 5/7)

  28. 21. 栗林由紀子 公開日: 2019/06/22
  29. 22、世津奈、追い詰められる 公開日: 2020/07/30
  30. 23、交 渉 公開日: 2020/07/31
  31. 24、特別な許し 公開日: 2020/08/02
  32. 25、幼子からの情報 公開日: 2020/08/06
  33. 26、REBの不在証明 公開日: 2020/08/08
  34. 27、自ら手を下すのはリスクが大きすぎる 公開日: 2020/08/10
  35. 第8章 新しい展開 (Twitter公開あらすじ6/7 & 7/7)

  36. 28、九鬼修三 公開日: 2020/08/13
  37. 29、九鬼修三の娘 公開日: 2020/08/15
  38. 30、原発バーター 公開日: 2020/08/27
  39. 31、玲子との駆け引き 公開日: 2020/08/28
  40. 32、合意書 公開日: 2020/09/09
  41. 第9章 もつれた糸

  42. 33、「嫌なオンナ」 公開日: 2020/09/16
  43. 34、世津奈と由紀子/第1回対決 公開日: 2020/09/28
  44. 35、REBは実在し、その存在を否定して得する者がいるのでは? 公開日: 2020/10/08
  45. 36、由紀子と劉麗華はREBの共同研究者だった 公開日: 2020/10/09
  46. 37、世津奈と由紀子/第2回対決 公開日: 2020/11/06
  47. 38、玲子、尾行される 公開日: 2020/11/08
  48. 39、『哀しみは愛の伴侶』 公開日: 2020/11/08
  49. 40、深海の使徒 公開日: 2020/11/12
  50. 第10章 深海の使徒

  51. 41、お払い箱 公開日: 2020/11/17
  52. 42、脅迫 公開日: 2020/11/21
  53. 43、環境保護過激派 公開日: 2020/12/03
  54. 44、思いがけない告白 公開日: 2020/12/05
  55. 45、恐怖のプロット 公開日: 2020/12/23

登場人物

宝生世津奈

2年前まで、警視庁生活安全部・生活経済課で産業スパイ事件を担当していた。警察が自らの権威を守るために過ちを認めようとしない姿勢に嫌気がさして警察を辞め、民間で産業スパイ案件を調査する「京橋テクノサービス」に転職してきた。

小柄で骨太だが、身体に占める手足の比率が高いので、すらっとしたモデル体型に、見えなくもない。

穏やかだが、肚が据わっていて、いざとなると、思い切った行動がとれる。

受験に数学のない私大出身の純・文系なので、実は、科学には、あまり強くない。

コータロー(菊村 幸太郎)

「京橋テクノサービス」で、世津奈とバディを組んでいる。

一流国立大学の数学科を卒業、同じ大学の大学院で応用数学の修士号を取り、さらに数量経済学の博士課程に進んだが、そこで強烈なアカデミック・ハラスメントにあい、引きこもりとなって2年間を過ごす。親戚の手で無理やり家から引きずり出されて、「京橋テクノサービス」に入社させられた。

頭脳明晰だが、精神年齢が幼い。普段は「ヘタレ」なのだが、時々、思い切った行動に出て、世津奈をハラハラさせる。IT、メカの操作、自動車の運転に優れている。

ファンレター

REBが本当に存在していたらどれほど良いか!

「第10章 深海の使徒 42、脅迫」まで読みました。面白いです!  この作品中で登場する放射線物質を分解する微生物(REB)が、現在のこの世界に本当に存在していたらどれほど良いかと思いました。そうすれば、今まさに目の前にある福島第一原発の問題も……と。  また、このREBが存在していても、していなくても、結局は政治に絡んでくるのか……と、陰謀アルアルな感じに思わずにやりとしてしまいます。REBは存在を巡って作中で二転三転して、そのたびに出てくる裏事情には「なるほど!」と唸らされました。こ ... 続きを見る

返信(2)

昨夜から読み始めています。

 こんにちは。こちらを昨夜から読み始めています。  8章の「42、脅迫」までを読んだら感想を書かせていただこうと思うのですが、その前に章立てで6章と7章が2つずつあるのが気になって。  間違いでなかったら、ただの老婆心ですのでお気になさらず。ではでは、これから読んでいきまーす。

返信(2)

小説情報

宝生世津奈の事件簿/深海の使徒

亀野あゆみ 改め 亀野功  ksnksn7923

執筆状況
連載中
エピソード
45話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
女主人公, 冒険, ミステリー, アクション, SF
総文字数
103,457文字
公開日
2018年10月03日 06:00
最終更新日
2024年07月02日 21:16
ファンレター数
2