百鬼夜行シリーズの中の『姑獲鳥の夏』

作者 今岡英二

[創作論・評論]

28

1,088

0件のファンレター

「この世には不思議なことなど何もないのだよ、関口君」
 そうシニカルに語る京極堂こと中禅寺秋彦の魅力を引き出しているのはなにか。また、この作品に惹かれるのはいったいなぜなのか。

 そういった『百鬼夜行シリーズ』共通の疑問や、その入り口となっている『姑獲鳥の夏』の一風変わった楽しみ方を、アニメ『ドラえもん』や『ゲゲゲの鬼太郎』という作品を例に出して徹底解剖。
 これでとっつきにくい京極作品の入口が、少しでも広くなれば幸いです。
 

目次

完結 全1話

2019年05月31日 22:48 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

百鬼夜行シリーズの中の『姑獲鳥の夏』

今岡英二  eijivocal23

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
創作論・評論
タグ
【京極夏彦書評】 , 妖怪, ホラー, 書評, ミステリー, 京極夏彦
総文字数
4,214文字
公開日
2019年05月31日 21:07
最終更新日
2019年05月31日 22:48
ファンレター数
0