僧頭の鷲

 2012年「小説家になろう」内での有志企画「空想科学祭 FINAL」にPN鳥野新で参加した作品です。期限に間に合わず、未完成に近い状態で出してしまったことで何かと後悔の多い話でした。「空想科学祭」はコンペでありそのままで置いていましたが、どうしてもリライトしたくなり今回こちらで新たにストーリーを加筆修正し公開することとしました。自分なりにSFに対する愛を詰め込んだつもりです。各話のタイトルは名作SFのパロディにしています。いくつわかっていただけるかな。
★ストーリーあらすじ★
 すでに地球は人の住める場所ではなくなった未来。ブライトエイジア連邦の諜報員「ガルーダ」は「ニューブディズム」の一派、騒動宗の総本山に潜入する。目指すは本山に隠された「亜空間操作法」。しかし、総本山は悪名高い山法師、すなわち僧兵をはじめ、人々から「僧頭の鷲」と畏怖される鷲鼻の大僧正率いる魑魅魍魎が跋扈する場所だった。
 僧×SF×数学、上を下への大騒動コメディ。最初は結構シリアスですが後半とんでもなく頭の煮えた脱力展開になりますので、ご了承ください。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

25話、26話は一変してシリアスに

知的好奇心を200%満たしてくれる謎解き&アクションの描写がエグい! 随所に散りばめられた小ネタも、はっきり言って大ネタサイズですよ~そして敵同士なのに通い合う男臭い友情……興奮してネタバレやらかしそうなので、少し落ち着きます(^_^;)希望としては完結したら、名セリフ集をまとめて欲しい。それくらいセリフがカッコいい!

返信(1)

世界観の構築がすごい

実は私、ファンタジーの世界に入っていくのが苦手なんです……読み始めても何が描かれているのか理解できないことが多くて。 しかし! 不二原さんのこの作品は違います。ぐいぐい引き込まれるし、よくここまで作り込んだなあ~って圧倒されます。細部までしっかり描写されているからこそなんでしょうね。 遅読ですみません、今ようやく超幻貫主が登場し、法戦が行われたところです。権力闘争がすさまじいことになりそうだし、この先どうなっちゃうんでしょう!? また楽しみに読ませて頂きます^^。

返信(1)

待ってました、この展開!

23話「ダイタンな妖女」、このタイトルにはヴォ●●●トもびっくりですね!24話「復活のひーっ」のタイトルの破壊力もすごいです^^。これまでの重厚な展開も緊張感があってすばらしかったですが、『抹茶のごとく緑』ファンとしては、やはりこの23話、「待ってました!」という感じです。しかも、これはガルーダが、囚われ続けていた過去から自分を解放する物語でもあるのですね。正に怒涛のクライマックス!続きが本当に楽しみです~‼(^^)/

返信(1)

第24話、本当にびっくりしてしまい、

またしつこくファンレター出してしまいました(汗)唖然呆然したあと爆笑!緻密に計算された奇想天外と、絶体絶命と脱力の二段攻撃にクラクラしています。いや、本当に密度が濃くて面白い。そして主人公が哀愁含めてめちゃくちゃカッコ良く見えてきました!!(^o^)/

返信(1)

ダイタンな妖女!!!

大盛り上がり回! 実は才超キャラ気に入っていたので、私得な回でもある(興奮)……読み終わってから「ん?」と思い、第2話を読み返しました。「あっ」……伏線回収お見事です!しかもこんな形で(大笑)後半の道眼のセリフ「お前も仕事選べよ」が、めちゃくちゃツボ。不二原さんの小説は、毎回「あ、もう読み終わっちゃう」という気持ちになります。(*^▽^*)

返信(1)

凝ってますね!

SF自体をあまり読んだことがないのですが、凝りに凝った設定の妙にびっくり!! 仏教とのかけ合わせ、すごく新鮮で面白いですね。恐ろしい総本山に乗り込んで行く主人公の運命が気になります。 人名も凝っていて、何度もくすっとさせられました。 まだ途中(5話まで)なので、この先も楽しみに読ませて頂きます。

返信(1)

9/13

先日はご感想を有難うございます。御作を愉しく拝読いたしました。垂垂僧都が大変格好いいです。 宇宙を舞台にした新仏教という設定に大好きなゼラスニイの『光の王』を思い出しました。 章タイトルが大変洒落ていますね! 久々に名作SFを読み直してみたくなりました。 私が分かったのは13中9つ。 序 2001年宇宙の旅 2 たったひとつの冴えたやり方 3 月は無慈悲な夜の女王 5 11人いる! 6 地球の長い午後 8 伝道の書に捧げる薔薇 9 虎よ! 虎よ! 10 星を継ぐ者 1 ... 続きを見る

返信(1)

自分に無い物ねだりで、数学や理系ネタが大好きなのです

だから主人公の数学に対する思いは胸に迫るし(ここで一気に主人公が好きになった)、超弦理論を匂わせるキャラがいたり、そしてYouTuberを彷彿とする禅問答の法戦には物理が絡んできたり、はっきり言ってたまらないです。「禅問答のやり取りはとんでもなくパラレル」……カッコいいセリフもいっぱい。12話の主人公もカッコいい。お仲間もいい味出している。笑いも謎もある。世恋念はまた登場しますか?興奮していてすみません。

返信(1)

まだ序章しか読んでいませんが

すでにすごく面白そうな予感がしています!(各章のサブタイトルだけで笑えます) SF+仏教というのは私が書こうとしていたテーマだけにとても興味もあり、今は時間がなくてなかなか集中できませんが、この先を楽しみにゆっくりと読み進めますので、またあらためてファンレター送らせて頂きます。

返信(1)

面白すぎる!!!

壮大なスペースオペラと思いきや、それだけじゃなくて、至る所にフックというか仕掛けがあって笑いながら真剣に読んじゃう! 宇宙仏教とか騒動宗とかオタク心をくすぐるワードチョイス。そして垂垂僧都……!(笑)セリフの掛け合いも楽しいし、とてもゴージャス。とにかくキャラ立ちが凄い。SFの知識盛り沢山だし、不二原さんの頭の中どうなっているの!?(誉めています)引き続き楽しみにしています(*^-^*)

返信(1)

小説情報

執筆状況
連載中
エピソード
26話
種類
一般小説
ジャンル
SF
タグ
素数, 数学, リーマン予想, 諜報員, ガルーダ, コメディSF, 亜空間, 山法師, とんでもない上司, ニューブディズム
総文字数
103,348文字
公開日
2020年11月01日 15:56
最終更新日
2021年02月25日 11:44
ファンレター数
12