一般小説作品詳細

絵空事 -偽書-

27|ファンタジー|完結|1話|7,347文字

和風, 陰陽師, 京, 都, 呪詛, 兄弟, 怨霊, 稲荷, 牛, 貴族

778 views

晴川やよいさん(ID: toharuya)作の『絵空事』シリーズの二次創作となります。
僕の作はいささか少年活劇めいておりますが、本編はより繊細で、心に染みる作りとなっています。
和風ファンタジー好きであれば是非、『絵空事 -前日譚-』をご覧ください。
https://novel.daysneo.com/works/a9ecba19ffbf7b4a97d00a1e78653ba7.html

拙作について

駆け足短編ではありますが、陰陽師について少々調べた上で書いております。
敵の名などここでは伏せますが、もし気になられたら検索してみてください。
おもしろいですよ。

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

絵空事 -偽書-

アシェラ  ashikabi

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
和風, 陰陽師, 京, 都, 呪詛, 兄弟, 怨霊, 稲荷, 牛, 貴族
総文字数
7,347文字
公開日
2019年02月04日 00:41
最終更新日
2019年02月04日 00:43
応援コメント数
1

応援コメント一覧

ありがとうございます

お忙しい中わざわざ筆を執っていただき、たいへん光栄です。拝読させていただきましたが、「うちの子たちが生きている」喜びのあまり言葉がありませんでした。また読み返して励みにさせていただきます。ありがとうございます。

作者プロフ

アシェラ  ashikabi

神話大好きオタクです。
Twitter @lovejpnmyths

この作者の他の作品

チャット

756|歴史|連載中|374話|431,574文字

2019年06月19日 23:02 更新

聖書ラノベ新人賞2, 天使, 悪魔, 聖書, ユダヤ教, キリスト教, ミカエル, サタン, ベルゼブブ, ボケ

エデンでぬくぬくと日々を過ごしていたミカちゃん。 しかし人間が知恵の実を食べて追い出されてしまい、それを観察することになってしまう。 友達のサタニャエルくんはミカちゃんが心配でついて行く。...

小説

79|その他|連載中|25話|109,641文字

2019年06月23日 12:05 更新

短編小説, エッセイ, 電子文芸部, Slack, 蘆屋探偵事務所

Web上の物書きを集めてきゃっきゃうふふ。 電子文芸部なるものを発足し、Slackで楽しくおしゃべりに興じております。 ここでは、そこから派生した雑文(小説、エッセイ、etc...)を公開します。

小説

27|創作論・評論|完結|2話|2,710文字

2019年05月23日 01:34 更新

【京極夏彦書評】

皆さまそんなに京極夏彦がお好き?...

小説

21|歴史|完結|1話|3,363文字

2019年05月05日 00:58 更新

【名探偵】, 古事記, 日本書紀, 神武天皇, 七乙女

大和を手中に収めたカムヤマトイワレビコ(神武天皇)。 彼に残された大仕事。 それは可愛いお嫁さんを見つけることだった。

小説

22|ミステリー|完結|1話|4,905文字

2019年05月02日 03:55 更新

【名探偵】, 密室, 殺人, トリック

(本文冒頭)  とある島の豪邸で一人の男が殺された。男の名は河原町平蔵。年齢はたぶん誰も興味が無いから割愛する。高齢者、とだけ言っておこう。...

小説

21|恋愛・ラブコメ|完結|1話|4,880文字

2019年04月24日 01:41 更新

【許せない】, 異世界転生, 悪役令嬢, 東京都, 江戸川区, 百合, ゾロアスター, 仏陀

グレン・フィディック公爵の一人娘、メアリ・フィディック。 彼女は恋敵の貧乏貴族、セシリアを殺害しようとした。 しかし運悪く、通りすがりの暴走馬車にひかれて死亡。...

小説

24|現代ドラマ・社会派|完結|1話|2,529文字

2019年04月06日 03:29 更新

【許せない】

捨てられた私をあなたが連れ去る。 私はそれを当初は拒み、いつしか望む。 この感情は何だろう。 きっと「許せない」ということだと思う。

小説

22|SF|完結|1話|2,061文字

2019年03月30日 01:36 更新

【ラストレター】

この世からニャンコロリンリンが消えてしまう。 それは僕にとって耐えがたいことだった。 けれど明日の僕はそのことを忘れてしまう。 僕は一縷の望みをこの手紙にたくした。 ニャンコロリンリンがある世界で最後の手紙に。

小説

26|ファンタジー|完結|1話|3,570文字

2019年03月26日 17:17 更新

【ラストレター】

あるところに、みすぼらしい老婆がいた。 そこに鬼が現れ、老婆を食べようとする。 老婆は一時は難を逃れたが、明日には死が待つ身となる。 それまでに老婆が書き残したものとは。

小説

33|現代ドラマ・社会派|完結|1話|2,673文字

2019年03月10日 18:08 更新

【ラストレター】

恥の多い人生が人間失格ではない。 恥の少ない人生こそ無価値なのだ。 何もなさぬ僕の拠り所が死んだ。 ならば僕も死ぬしかないではないか。 などと思い詰めるも思い通りにはいかず。 僕は思い知る。

TOP