混沌譚1 ティエラ山篇

[SF]

236

16,808

9件のファンレター

凄惨な過去を生き延びたティエラ教義の学師エドガルド。深い闇と孤独を抱えて生きる都市人の学徒ナサニエル。ティエラ山での出会いが、二人の運命を大きく変えていく。

〈あらすじ〉
あらゆる物質にエネルギーの宿る惑星。そこには、初期に移住し惑星本来の環境下で暮らす先住民と、数百年後に移住し地球環境に近い人工都市を築いて暮らす都市人がいる。

過酷な惑星環境で生き延びるため、先住民はこの星のあらゆる物事を探求し、人類との調和の道を探る学問体系「ティエラ教義」を生みだした。その総本山であるティエラ山に二年ぶりに帰ってきた学師エドガルドは、「アダンの再来」と呼ばれる学徒ナサニエルに出会う。
彼は過去を偽りティエラ山に潜入している都市人だと疑ったエドガルドは、自らの目的のため、ある作戦をナサニエルに持ちかける。

エドガルドが生き延びた過酷な経験、ナサニエルの抱える秘密と孤独とは・・・!?

*短編〜中編連作予定の作品の第一篇です。基本的に一話完結のつもりで書いています。導入編であるこのお話は、物語の入り口に立つ所までです。

登場人物

エドガルド

ティエラ教義の学師。ティエラ棒術の名手。

ナサニエル

都市人。ティエラ教義の学徒。

ファンレター

水瀬そらまめ様

この度は混沌譚をお読み下さりありがとうございます。 長いお話の上、内容も重め、情報量も多めですので無理なさらず、お好きなものや読みやすいものからお読みになって下さい。 お時間ある時に時々目を通して頂ければ幸いです。 表紙はNOVEL DAYSにも作品を公開している執筆仲間の宮村祥さんに作成して頂きました。 彼女は上質な短編を何編か公開していますので、お勧めです。表紙も全て自作だと思います。 最後に再度、ありがとうございました。

読みたくて我慢していました

上位に来るたび、ああ、これって絶対面白いよねっと表紙でそう考えていたんですが 長編が苦手の自分には今は無理と諦めていました。が、帰郷を読んで「やっぱり面白い」と感じ これから時間がかかるかもしれないですけど、なんとか読んでいこうと思います。 それにしても、凄い想像力ですね。読み終わったら感想させてくださいませ。水瀬そらまめ

れっきとしたロマンSF

書き手様は私と年代が近いのでしょうと思わずにはいられない。 耽美系の要素も盛り込まれた贅沢なシリーズ第一作です。エド、イーサンのコンビが発展しそうで発展しないすれすれ振りがまた良い。冒頭、ストイックで硬派なエドガルド、学士として、己を律する彼の心にあるのものは何か? 後半、明らかになります。 もう一人の主人公イーサンもまた、家族をテロで亡くすと言う過去を背負った傷を持つ男性です。イーサンから見たエド、エドから見たイーサン、互いの目を通して、互いの傷を認識する。 二人が出す結論は? 今後の二 ... 続きを見る

不二原 光菓さま

この短くも明るくもない話を一気読み下さりありがとうございます。 レビューまで頂き、感激の極みです。 色々拙いところもあり反省点も多い作品ですが、楽しんで頂けたようで幸いです。 一度完結させていた続編を現在加筆中で、その次の続編は完結しているというおかしな状態になっていますが、良ければ続きもお楽しみ下さい。 ありがとうございました。

のめり込んで読んでしまいました

 どうしても一気に読みたくてずっと時間がとれるのを待って我慢していました。いや、待って良かった。中世の修道院を思わせるティエラ山の設定と、最新科学のアンバランスに最初は戸惑いましたが、すぐに両者が見事に調和したこの世界観にどっぷりはまりました。精密な設定を奥深くに湛えながらも、きめ細やかに描かれた魅力的な登場人物達の人間ドラマが全面に出ていて、人々がまるで目の前に居るかのような感覚で読めました。さりげなく張られた伏線にも感嘆。今度は水脈の設定が出ていたので、それがどう物語につながってくるのか楽し ... 続きを見る

静かな展開の中に、読者が引き込まれずにはいられない、不思議な力を秘めた作品

物語の展開は、読者を一気に物語の中に引きずり込みような、激しいうねりを持つものではない。 なのに、気が付けば物語に没頭し、その終わりまで導かれていた。 文章が読みやすく、描写と物語のテンポのバランスが絶妙であるばかりでなく、主要な登場人物たちの秘められた激情が、巧みな心理描写で描かれていたがために、私の心が絡め取られたのではないかと推測しています。 最初は読むだけのつもりだったので、ノベルデイズに登録をするつもりはなかった。 それが1話目を読み終えた時点で、ファンレターを書かずにはいられ ... 続きを見る

こんなにも完成度の高い作品がWEBで、しかも無料で読めるだなんて!

1ページ目から、この壮大な世界の中にぐいぐい引き込まれていきました。 SFで定義されていますが、ファンタジーという言葉もどこかに潜ませておきたいな、なんて気持ちもちょっとあります。 科学的要素よりも、混沌エネルギーに比重の置かれた今回の話は、ファンタジーのカテゴリーにどんと鎮座していても他を寄せ付けない威圧感を放ちそうに思うのです。 緻密に構成されて展開されていく話の内容もさることながら、出てくる人たちがみんなみんな、深いです。重厚と言ってもいいかもしれません。 それぞれ異なる個性を ... 続きを見る

登場人物に深み有り

エドガルド男前かよと思いながら読んでおりましたら、なな、なんという秘密を持っていたのでしょう。やられました。 濃厚な序章。続きが楽しみでなりません。

それに倍する賞賛を

はじまりのほんの十行ばかりを読んで、読もうと思いました。それはいい。しかし、僕は諸事情があってなぜ自分がこの作品を読もうとしたのか深く考えざるを得ませんでした。 エドガルドの感慨がいいなと思ったから? それは確かにそうです。しかし、それ以上に引力を感じたのです。読者を物語に引き込む力を。ではなぜそんな力があるのか。文章が巧いから? それもあります。読み手としての時間が長かったと作者様はおっしゃっていましたが、良質な文章を吸収してこられたのだなということがよく分かります。しかし、文章の巧さ以 ... 続きを見る

小説情報

混沌譚1 ティエラ山篇

神乃 佳月  Kazuki_Jinno

執筆状況
完結
エピソード
29話
種類
一般小説
ジャンル
SF
タグ
ロマンSF, ファンタジー, ダーク, シリアス, 両性具有, ブロマンス, 【骨太小説】, 混沌譚シリーズ
総文字数
83,877文字
公開日
2020年04月10日 21:24
最終更新日
2020年10月29日 18:33
ファンレター数
9