混沌譚1 ティエラ山篇 改訂版

[SF]

105

7,810

2件のファンレター

凄惨な過去を生き延びたティエラ教義の学師エドガルド。深い闇と孤独を抱えて生きる都市人の学徒ナサニエル。ティエラ山での出会いが、二人の運命を大きく変えていく。

〈あらすじ〉
あらゆる物質にエネルギーの宿る惑星。そこには、初期に移住し惑星本来の環境下で暮らす先住民と、数百年後に移住し地球環境に近い人工都市を築いて暮らす都市人がいる。

過酷な惑星環境で生き延びるため、先住民はこの星のあらゆる物事を探求し、人類との調和の道を探る学問体系「ティエラ教義」を生みだした。その総本山であるティエラ山に二年ぶりに帰ってきた学師エドガルドは、「アダンの再来」と呼ばれる学徒ナサニエルに出会う。
彼は過去を偽りティエラ山に潜入している都市人だと疑ったエドガルドは、自らの目的のため、ある作戦をナサニエルに持ちかける。

エドガルドが生き延びた過酷な経験、ナサニエルの抱える秘密と孤独とは・・・!?

*短編〜中編連作予定の作品の第一篇です。基本的に一話完結のつもりで書いています。導入編であるこのお話は、物語の入り口に立つ所までです。

登場人物

エドガルド

ティエラ教義の学師。ティエラ棒術の名手。

ナサニエル

都市人。ティエラ教義の学徒。

ファンレター

登場人物に深み有り

エドガルド男前かよと思いながら読んでおりましたら、なな、なんという秘密を持っていたのでしょう。やられました。 濃厚な序章。続きが楽しみでなりません。

それに倍する賞賛を

はじまりのほんの十行ばかりを読んで、読もうと思いました。それはいい。しかし、僕は諸事情があってなぜ自分がこの作品を読もうとしたのか深く考えざるを得ませんでした。 エドガルドの感慨がいいなと思ったから? それは確かにそうです。しかし、それ以上に引力を感じたのです。読者を物語に引き込む力を。ではなぜそんな力があるのか。文章が巧いから? それもあります。読み手としての時間が長かったと作者様はおっしゃっていましたが、良質な文章を吸収してこられたのだなということがよく分かります。しかし、文章の巧さ以 ... 続きを見る

小説情報

混沌譚1 ティエラ山篇 改訂版

神野 佳月  Kazuki_Jinno

執筆状況
完結
エピソード
29話
種類
一般小説
ジャンル
SF
タグ
ロマンSF, ファンタジー, ダーク, シリアス, 両性具有, ブロマンス, 【骨太小説】, 混沌譚シリーズ
総文字数
88,020文字
公開日
2020年04月10日 21:24
最終更新日
2020年05月24日 16:05
ファンレター数
2