鬼御する者 その透徹なる瞳を

[現代アクション]

3

254

0件のファンレター

 現代まで続く古い家系の多くは、繁栄に伴い多くの人々を犠牲にしてきた。しかしその見返りとして、一族には必ず「業苦」を負う者が現れる。その者達は人ならぬ外見を持ち、屍肉を喰らう鬼であった。
 鬼龍将隆(きりゅう まさたか)は、十歳の頃より父について「業苦」を断つ「絶戒」の技を学んできた。鬼龍家は代々、鬼の「業苦」を断つ使命を課せられてきたのだ。
 「鬼斬りの刀」を効率よく使うため、一族の家臣から露払いが一人仕えることになっている。それが鎧塚慶則(よろいつか やすのり)であった。将隆と慶則は、強い主従関係と信頼で結ばれていた。
 ある日、将隆と慶則が通う学園の女生徒が不審な死を遂げた。その死体が「業苦の鬼」に生き肝を喰われた状態と酷似していたため、将隆に命じられた慶則は事件を調べ始める。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

鬼御する者 その透徹なる瞳を

来栖らいか  Leica-killsu

執筆状況
連載中
エピソード
17話
種類
一般小説
ジャンル
現代アクション
タグ
学園, ミステリー, アクション, 推理, 鬼狩り, 男子高校生, 刀, バディもの, 友情
総文字数
127,652文字
公開日
2020年05月05日 08:55
最終更新日
2020年05月28日 13:18
ファンレター数
0