銀河ステーションにて

作者 TamTam2021

[社会・思想]

8

856

1件のファンレター

明日から宮沢賢治をモデルとした映画『銀河鉄道の父』が上映されます。この原作本は数年前に読んだのですが、どのような作品になっているのか、早速、明日の朝一番で見に行こうと思っています。それとは特に関係ないのですが、以前、銀河ステーションのモデルとなったともいわれる土沢駅で起こったある個人的エピソードを文章にしてみました。

目次

連載中 全1話

2023年05月07日 18:04 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

優しい人達の住む星

心に柔らかな風が吹き込んで来ました。ここは銀河ステーション、プリーラ リベーロ土沢…とアナウンスが聞こえて来そうです。プリーラリベーロ(光る川)で下車する人々は穏やかで優しいのでしょう。突然のハプニングで、さぞかし驚かれたことでしょう。お怪我はありませんでしたか?咄嗟に何かにしがみついてしまうのは誰にでもあることだと思います。しがみつかれた若い女性はとても驚いたと思いますが、素晴らしい反応でしたね。真っ先に相手の身を案じ、大丈夫ですか?と振り向きながら言えるなんて、なかなか出来るものではありま ... 続きを見る

返信(1)

小説情報

銀河ステーションにて

TamTam2021

執筆状況
連載中
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
社会・思想
タグ
詩, エッセイ, 現代詩
総文字数
1,730文字
公開日
2023年05月04日 21:26
最終更新日
2023年05月07日 18:04
ファンレター数
1