オオナマコさん驚いた

[ファンタジー]

20

2,777

1件のファンレター

汚れた砂を浄化して、海を美しく保ってくれるナマコさん達。彼らを尊敬するあまりにペンネームにさせていただいた筆者が、シュノーケリングしながら思いついた小さなファンタジーです!

目次

完結 全1話

2021年03月31日 13:20 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ナマコへの愛が溢れたファンタジー

頭の中で市原悦子さんの声をあてながら読ませていただきました。ナマコが本当に喋ったら、きっとこんな、おおらかな感じなんでしょうね。海でナマコを見ると、彼らのささやいている様子を想像し、思わず背筋を正してしまいそうです。最後のシーンも素敵です!

返信(1)

小説情報

オオナマコさん驚いた

namako-takagi

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
【2000字FT】, 海の生物, 自然, ナマコ
総文字数
1,973文字
公開日
2021年03月27日 17:35
最終更新日
2021年03月31日 13:20
ファンレター数
1