銀鎖

作者 松本尚生

[恋愛・ラブコメ]

4

1,556

0件のファンレター

見覚えがあるのは、橋と、古びたいくつかの建物だけ。だが、川とこの臭いだけは何も変わらない。

村上遼一は三十歳を過ぎて、二度と足を踏み入れることはないと誓った、故郷の街へと戻ってきた。川辺の遊歩道を歩いていると、子供たちの声を耳にする。数人に囲まれ暴力を振るわれている子供を助けてやると、その子供は――。
悟と名乗ったその少年は、ガラス玉のように透き通った瞳をしていた。思い出すこともなくなって久しい、過去の亡霊が遼一の脳裏に蘇る。

望みを絶たれること。生きる意味が見つからないこと。
温もりに有頂天になること。誰かのために生きること。

北の街を舞台に、交錯する恋人たちの生を描きます。


登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

執筆状況
連載中
エピソード
45話
種類
一般小説
ジャンル
恋愛・ラブコメ
タグ
BL, 純愛, 社会人, 中学生, 高校生, 初恋, 近親相姦, 復讐, 救済, 北海道
総文字数
119,649文字
公開日
2021年10月20日 09:19
最終更新日
2021年12月04日 18:00
ファンレター数
0