一般小説作品詳細

心の旅人たち (明治文明開化外史)

1006|歴史|完結|46話|202,921文字

政府お抱え建築家, 明治文明開化, 鹿鳴館, 河鍋暁斎, 狩野派, 【リデビュー小説賞】

9,522 views

明治維新後、西洋化を進める日本。建築家ジョサイアは、イギリスから日本に招聘された。
しかし、彼は日本に根付く伝統に魅入られ、やがて稀代の浮世絵師河鍋暁斎と運命の出会いを果たし、日本文化に傾倒していく。
一方、暁斎の親友である仮名書魯文は、江戸から明治に変わった世の中で、文章を世に送り続けることに葛藤し時代に翻弄されていく。
先に倒れ去っていくかつての仲間たち、彼らは何処を目指していたのか。ジョサイアはやがてその答えを見つけ、イギリスへ旅立つ娘に、共に歩み続ける旅の友の姿を、もうこの世に居ない仲間を語るのだった。

基本となる話は全て史実です。脚色の為に部分的に人間関係をいじっていますが、見えている人物は皆歴史上の人間です。表面的な、つまり正史を調べていただくと、なるほどと頷ける作品になっています。

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

心の旅人たち (明治文明開化外史)

橋本 純  Jun-Hashimoto

執筆状況
完結
エピソード
46話
種類
一般小説
ジャンル
歴史
タグ
政府お抱え建築家, 明治文明開化, 鹿鳴館, 河鍋暁斎, 狩野派, 【リデビュー小説賞】
総文字数
202,921文字
公開日
2018年10月24日 08:20
最終更新日
2018年10月28日 09:01
コメント数
4

コメント一覧

作者です

コメントありがとうございます。正史を習った方なら、日本美術の擁護者は岡倉天心とフェノロサという意識が強いかと思いますが、その裏でこういう動きがあった事実を知って欲しくて本作は書きました。河鍋暁斎は、岡倉が開いた美術学校講師に内定していながら、病魔で開校前に没してしまいました。あえて岡倉を描いていない意味は、裏側の歴史を表に出したかったからです。ご理解いただけましたでしょうか。

意外でした

美術史は興味があって好きなのですが、岡倉天心やフェノロサが登場しないのですね。でも、書いてある話は知る限り皆本当の話でびっくりしました。

作者です。

最上級の御言葉ありがとうございます。この話はこれでも短縮版なんです。そう考えると、紙の本にするのはなかなか夢zく傾いのではと。とにかく、ありがとうございます。

スマホで読むのがもったいなかったです

本棚にずっと置いておきたい話でした。ハードカバーでもう一回読みたいです。

作者プロフ

橋本 純  Jun-Hashimoto

1993年「トロル」200X年の黙示録 (光栄)で小説家デビュー
1994年「連合艦隊零号作戦」(飛天出版)で架空戦記デビュー
1995年「百鬼夢幻」河鍋暁斎妖怪日誌 (光栄)後 2015年加筆 アトリエサードより再刊
架空戦記作品 およそ60点を既刊
代表作 鉄槌 全5巻 (学研)
    波動大戦 全6巻(コスミック)
    旭日燃ゆ 全4巻(KKベストセラーズ)
    ホーリーメイデン(メディアファクトリー)
    徳川家康入神伝(角川春樹事務所)

(講談社ラノベ文庫、Kラノベブックス 講談社ノベルズ、単行本)

この作者の他の作品

小説

1938年南太平洋に突如出現した謎の亀裂、そこから現れた正体不明の飛行物体。 彼らは接近する人類の乗り物に圧倒的な力で攻撃を仕掛け、対応に当たった英軍を筆頭に出撃した各国軍はいずれも大敗を喫した。...

510|SF|連載中|6話|76,452文字

2018年11月11日 09:38 更新

SF戦記, 異世界からの侵略, 女性パイロット部隊, 戦闘機

小説

海を巡るファンタジーアンソロジー(連作短編) 儚い夢の話 悲しい恋の話 そして無情の海の話 迫害を逃れようとする少年の話「La mar」 人魚と少年の悲恋物語「Marie Morga」は必ず読んで欲しい話です。...

508|ファンタジー|連載中|7話|54,604文字

2018年11月18日 13:47 更新

人魚の恋, 魔女の呪い, 悲恋ファンタジー, 悪魔との絆, 幽霊船

小説

800年以上前に京都に誕生した由緒正しき化け物使いの店もののけ屋は、平成30年を迎え危機に瀕していた。 深刻な化け物使い不足で仕事が熟せなくなる寸前だったのだ。...

1418|ファンタジー|完結|26話|154,722文字

2018年11月12日 19:30 更新

化け物使い, 現代妖怪ファンタジー, 悪魔憑き, 高校生魔女, 京都老舗, 化け物一筋八百年, エクソシスト, 【リデビュー小説賞】

小説

明治維新後、西洋化を進める日本。建築家ジョサイアは、イギリスから日本に招聘された。 しかし、彼は日本に根付く伝統に魅入られ、やがて稀代の浮世絵師河鍋暁斎と運命の出会いを果たし、日本文化に傾倒していく。...

1006|歴史|完結|46話|202,921文字

2018年10月28日 09:01 更新

政府お抱え建築家, 明治文明開化, 鹿鳴館, 河鍋暁斎, 狩野派, 【リデビュー小説賞】

小説

3分でで読み切れる,超ショートショートホラー集 背筋は震えないかもしれませんが、ぞっとしたり少しほろっとできると思います。ジョーク作品もあります。 あまりに短い話もあるので、分けずにまとめました。

139|ホラー|完結|2話|5,118文字

2018年10月27日 01:10 更新

掌編ホラー, 怪談, 幽霊, ショートショート

小説

ある日、東京に巨大怪獣が出現した…… いや、それを怪獣と呼ぶべきなのか? 殺到する群衆、手を出せない自衛隊。 町はどんどん破壊されていくが、政府はどうしても攻撃の判断が下せなかった。 それは……

169|SF|完結|1話|11,416文字

2018年10月25日 19:30 更新

巨大怪獣, 自衛隊, 防衛出動

TOP