強運の犬

[ノンフィクション]

210

12,752

3件のファンレター

2014年、愛犬が突然死したことによって、重度のペットロス症候群で苦しんだ私は、夫のすすめから、山陰柴犬を飼うことに。 その後、現在のすべての柴犬は、島根県の石州犬「石」の血を引くことを知る。柴犬といえば、国の天然記念物であり、世界的にも人気の犬種だ。 もし、これが事実ならば地元にとって素晴らしい地域資源となるだろう。
 しかしなぜ、血統を遡ると一頭の犬にたどり着くのか? それがどうして島根の犬なのか?
 かくて「地域振興バカ」の調査・研究・広報活動が始まった。
●参考文献●
『昭和日本犬の検討』(1936年、犬の研究社)
『犬〜その歴史と心理〜』(内田亨さん著、1948年、創元社)
『石見犬』(1956年、石見犬保存会)
『日本犬中小型読本』(1961年、誠文堂新光社)
『山陰の動物誌』(上田常一さん著、1964年)
『日本の犬と狼』(斉藤弘吉さん著、1964年、雪華社) 
『島根の暦』(1965年、NHK松江放送局)         
『柴犬』(1968年、誠文堂新光社)
『対談・柴犬の飼い方』(渡辺肇さん著、1976年、誠文堂新光社) 
『歴史に残る思い出の柴犬』(1981年、誠文堂新光社)
『随筆 石見物語・復刻版』(木村晩翠さん著、1982年)
『日本犬大観・復刻版』(1987年、誠文堂新光社)
『犬の行動と心理』(平岩米吉さん著、1991年、築地書館)
『私の犬』(平岩米吉さん著、1991年、築地書館)
『狼〜その生態と歴史〜』(平岩米吉さん著、1992年、築地書館)
『柴犬研究六十年』(中城達雄さん著、1995年、形成社)
『いぬ馬鹿』(戸川幸夫さん著、1995年、小学館)
『日本犬写真集』(1998年、社団法人日本犬保存会)
『ニッポンの犬』(岩合光昭夫さん著、1998年、平凡社)
『愛犬の友犬種別シリーズ・柴犬1998年 愛犬の友編集部編 誠文堂新光社 
『往古日本犬写真集』(岡田睦夫さん著、2002年、誠文堂新光社)
『犬種ライブラリー・柴犬』(2002年、誠文堂新光社)
『日本犬のすべて』(2005年、社団法人日本犬保存会)
『日本犬保存会創立五十周年史(上下巻)』(1978年、社団法人日本犬保存会)
『愛犬王』(片野ゆかさん著、2006年、小学館)
『犬のココロをよむ』(菊水健史さん・永澤美保さん著、2012年、岩波オンデマンドブックス)
『犬の日本史』(谷口研語さん著、2012年、吉川弘文館)   
『愛犬の友 柴犬マニア』(2017年、誠文堂新光社) 
『幸せに暮らす柴犬の飼い方』(井上実さん監修、2018年、ナツメ社)
『柴犬の気持ちと飼い方がわかる本』(加藤元さん・岩佐和明さん著、2018年、主婦の友社)
『戦時下の日本犬』(川西玲子さん著、2018年、蒼天社出版)
◎その他
■(公益社団法人)日本犬保存会会報
■益田市の歴史書
■雑誌
『愛犬の友』、『Shi-Ba(シーバ)』、『Wan』等
■新聞
■インターネット
【ホームページ】
「帝國ノ犬達」
「桃太郎とお供のおにいさん」
他多数
・・・・・・・・・・・・・・
●石号写真●
「日本犬保存会提供」
みなさま、どうもありがとうございますm(_ _)m

目次

連載中 全55話

2022年07月06日 00:02 更新

  1. 第1章 ペットロスはきつい

  2. 第1話 プロローグ2022年02月06日
  3. 第2話 NPOとPON2022年02月12日
  4. 第3話 ペットロスはきつい2022年01月26日
  5. 第2章 なぬ? 山陰柴犬

  6. 第4話 地域振興バカ2022年01月28日
  7. 第5話 希少犬種「山陰柴犬」2022年02月02日
  8. 第6話 音楽ユニット「ごまハチ」2022年02月16日
  9. 第7話 山陰柴犬サニー2022年02月10日
  10. 第8話 親バカ全開2022年02月13日
  11. 第3章 なぬなぬ? 石州犬

  12. 第9話 えーーーっ!!!2022年03月07日
  13. 第10話 ウソかマコトか?2022年03月07日
  14. 第11話 スーパー石見ツウ2022年03月30日
  15. 第12話 久々の飲み会2022年03月30日
  16. 第13話 地ビールは作れても♪2022年03月30日
  17. 第14話 『エンペーカー』???2022年03月30日
  18. 第4章 「石州犬研究室」始動!

  19. 第15話 助成金はあえて封印2022年03月30日
  20. 第16話 石とエンペーカー確認(涙)2022年03月30日
  21. 第17話 運の良い犬「石」2022年03月30日
  22. 第18話 ハンパない犬「中」2022年03月30日
  23. 第19話 中号の系統にあらずんば・・2022年04月07日
  24. 第20話 いろいろわかってきたよん♪2022年03月26日
  25. 第5章  幻の「石見犬」を追って

  26. 第21話 石見犬フィーバー!2022年03月30日
  27. 第22話 読み・書き・ソロバン・・2022年03月30日
  28. 第23話 島根で一番「柴犬」に詳しい人2022年04月05日
  29. 第24話 石見犬が滅んだのは・・2022年04月06日
  30. 第25話 柴犬の「先祖返り」2022年04月08日
  31. 第26話 ありがたい出会い2022年04月08日
  32. 第27話 石見犬の値段2022年04月12日
  33. 第28話 益田市有志の勉強会にて2022年04月14日
  34. 第6章 発見! 石号の実家

  35. 第29話 柴犬の聖地2022年04月19日
  36. 第30話 信市さんのお孫さん2022年04月19日
  37. 第31話 熊狩りの猟犬2022年05月03日
  38. 第32話 タッチの差!2022年05月03日
  39. 第33話 妄想「石号物語」2022年04月22日
  40. 第34話 探偵ごっこ??・・2022年05月02日
  41. 第35話 中村鶴吉さん捜索ソング♪2022年04月29日
  42. 第36話 そうだ 東京、行こう。2022年05月12日
  43. 第7章 お〜い中村鶴吉さん♪

  44. 第37話 東京リサーチ!2022年05月09日
  45. 第38話 大島2丁目を探索!2022年05月18日
  46. 第39話 やっぱ現地に来るもんやね〜♪2022年05月22日
  47. 第40話 「日本犬保存会」へ2022年06月06日
  48. 第41話 ありがとう大島2丁目の皆さま2022年06月04日
  49. 第8章 「エンペーカー」の謎・・

  50. 第42話 「もうヤ〜メタ!」2022年06月02日
  51. 第43話 島根県立大学のゼミにて2022年06月06日
  52. 第44話 岡田睦夫さんへの手紙2022年06月07日
  53. 第45話 なぜこんな貴重なものを・・2022年06月11日
  54. 第46話 謎が解けた!2022年06月11日
  55. 第47話 いぬばか2022年06月15日
  56. 第48話 「柴犬のルーツ 益田にあり」2022年06月17日
  57. 第9章 石州犬探査ルート 

  58. 第49話 石州犬探査記2022年06月19日
  59. 第50話 ルートマップ2022年06月19日
  60. 第51話 愛犬と愛猿2022年06月20日
  61. 第52話 石の玄孫(やしゃご)が!2022年07月06日
  62. 第53話 鶴吉さんのご親戚!?2022年06月26日
  63. 第54話 中村健次さんのお話2022年07月02日
  64. 第55話 信じられない!!2022年07月05日

登場人物

【はじめに】

◯お話の流れがわかりやすいよう、1話から登場いただく順にご紹介させていただいております。

◯また犬のお話でありますので、ワンちゃんも同様にご紹介させて頂きます♪


かわべまゆみ (1話〜)

◯地域振興バカのおばさん

◯音楽ユニット「ごまハチ」のごま(作詞担当)

◯石号の存在を知り石州犬研究室を立ち上げる

石州犬研究室

河部安男  (1話〜)

◯かわべまゆみの夫

◯音楽ユニット「ごまハチ」のハチ(作曲・編曲担当)

◯島根県立大学職員

kawavex

松本守人さん (5話〜)

◯山陰柴犬育成会 事務局長

◯ご自身も25年に渡って、多くの山陰柴犬を作出、飼育されてこられた方

◯山陰柴犬について関心のある方は、ぜひ松本さんにお問い合わせください!

山陰柴犬育成会  松本さんHP「ボクは山陰柴犬のリキです」

石川達也さん(12話〜)

◯朝日新聞松江総局記者。20代。

◯「ごまハチLIVE」の取材をきっかけに知り合う。ちょっと変わった面白い若者だなと、関心を持って久々の飲み会に声をかけてみた。

◯その後、東京本社へ。東京でのリサーチ活動には、何度も同行してくれている。

某テレビ局のSディレクター(12話〜)

◯「ごまハチ」の音楽活動取材をきっかけに知り合う。ちょっと変わった面白い若者だなと、関心を持って久々の飲み会に声をかけてみた。20代。

長崎博明さんこと「センパイ」(12話〜)

●島根県庁の地域振興に燃える若手職員。20代

●NPO時代に知り合った大学生が、島根県庁に就職。我が家に訪ねてくるときに「センパイも一緒に行っていいですか」との経緯で出会ったため、そのまま「センパイ」と呼ぶように。

松本泰典さん(23話〜)

◯益田市市役所職員。

◯昭和30年代に、益田市で「石州犬フィーバー」があったことを知り、数少ない益田市の知り合いにお声かけしたところ、ご協力を申し出てくださった方。

◯益田市での、石号の調査・研究・広報活動には、かかせない存在となっていく。

柳尾敦男さん(24話〜)

◯(公社)日本犬保存会 島根支部 支部長。

◯益田市在住。「石州犬」や「石号」のことをご存知の方を探している中、松本さんに紹介いただく。

◯この方と出会えたことで、石号の調査・研究が本格的に進むこととなる。

澄川昇さん(27話〜)

◯元「石見犬保存会」理事

◯益田市在住。

◯石州犬を使って猟をされていた方で、当時の「石州犬」にまつわる貴重なお話をお伺いすることができた。

下山博之さん(29話~)

◯石号を飼っていた「下山信市」さんのお孫さん。益田市在住。

◯おじいさんが飼っていた犬が、「柴犬の祖犬」であることは、まったくご存知なかった。

◯お会いして以降、調査・研究活動に協力してくださっている。

大田等さん(34話〜)

◯浜田市市役所職員。

◯地元に詳しい方で、中村鶴吉さんの石見での足跡や探索活動調査にご協力してくださった方。

◯この方のおかげで「石州犬探査ルート」がわかり、マップが完成できた。

井上実さん(40話〜)

◯(公社)日本犬保存会 事務局長

◯2017年8月に(公社)日本犬保存会にお伺いしてお話をさせて頂いた。

◯以降、数々のご教授をいただき、おかげさまで、石州犬や石号の調査・研究さらには、広報活動が、大いに進むこととなった。

◎江東区大島2丁目のみなさん

羅漢寺さん、銭湯さん、銭湯のお客さん、歩いていた人、偶然出会えた町内会長さん、当時の中村邸があった場所の中華料理店の大将や、常連のお客さんたち、大将に紹介していただいたご近所の方、その方に教えていただいた不動産屋さん。石川記者が調査を進めてくれていた居酒屋のマスターやお客さんたち♪

豊田知世さん

◯島根県立大学 総合政策学部 講師。2018年より同学部准教授、2021年より地域政策学部 准教授

◯「石州犬・石号」をゼミでのテーマとして取り上げてくださった。

◯先生と学生の皆さんのこの活動により「石州犬・石号」の地元での認知度が高まった。

岡田睦夫さん

◯「往古日本犬写真集」著者。この写真集には、中村鶴吉さんはじめ多くの石州犬が掲載されていたので、ぜひお話を伺いたいとお手紙を差し上げた方。

◯なぜか見ず知らずの私に、貴重な石号の写真をくださり、日本犬に関して多くの教えをいただいた方。

鎌田剛さん(48話〜)

◯山陰中央新報社記者

◯「柴犬の祖犬が島根県益田市の犬」であることを、新聞で紹介してくださった方。

◯この記事をきっかけに、地元テレビ局等からの取材依頼が相次ぎ、石号の存在が、だんだんと知られていくようになった。

若松三春さん、浩さんご夫妻(50話〜)

◯石号をタッチの差で手にできなかった益田市の遠田安道さんのお嬢さんの三春さん。

◯三春さんは、動物が大好きなお父様のお話をしてくださり、遠田さんのお人柄がよく伺えた。

◯浩さんは、遠田さんの日本犬に関する貴重な資料を整理してくださり、それにより今まで知らなかった新たな事実がわかった!

中村健次さん(53話〜)

◯島根県浜田市弥栄在住

◯地元テレビをきっかけに「中村鶴吉さんは、私の祖父の弟では?」と、名乗り出てくださった方。

◯当時の写真や資料などを見せてくだだった。

中村鶴吉さんのお孫さん(55話〜)

◯中村鶴吉さんをご存知の方をネット上で探していたところ、偶然にも「中村鶴吉さんのお孫さん」がそれをご覧になり、ご連絡してくださった。

◯奇跡としか言いようがない。信じられないようなお話!!!


【この物語に登場するワンちゃんたちです♪】

ポン  (1話〜)

◯子犬の時に保健所に連れて行かれる寸前だったところを保護したワンちゃん

◯雑種、女の子、素直で、かわいくて、誰にでもなつく良い子でした

◯7歳の時に突然死してしまう

サニー (7話〜)

◯山陰の地犬「山陰柴犬」。2016年10月生まれ 女の子

◯2016年12月に我が家にやってきた。サニーとの出会いがきっかけで、石州犬の存在を知り、調査・研究が始まった。

山陰柴犬サニー

石号(9話〜)

◯島根県益田市出身の「石州犬(石見犬)」。猟師の下山信市さんの猟犬出会ったが、昭和11年、5歳の時に、中村鶴吉さんと共に東京へ。

◯その後、不思議な経緯で「柴犬の祖犬」となるが、地元ではまったくこの事は知られていなかった。

コウイチくん (25話〜)

◯日本犬保存会島根支部長の柳尾敦男さんの愛犬。1歳、男の子。

◯柳尾さんが、「石州犬に先祖返り」した犬を目指して3代つづけて作出されたとのこと。

輪(りん)ちゃん(第27話〜)

◯ 女の子、7歳。

◯澄川昇さんの愛犬。女の子らしいやさしい顔とつぶらな瞳がたまりません♪


【文献などに登場される当時の日本犬の専門家や愛犬家の皆様です!】

尾崎益三さん(4話〜)


◯「山陰柴犬」の生みの親。山陰の地犬の調査や保存に尽力された

◯日本犬保存会で役員や審査員を長く勤めた方

エンペーカー中村鶴吉さん (第14話〜)

◯石号を島根県石見地方から山出しされた方

◯石見出身で東京で歯科医をしていたこと以外は謎

◯「エンペーカー」という不思議な言葉にひかれ、この方の実像に関心を持つように

中城龍雄さん(16話〜)


◯「柴犬研究六十年」著者

◯「天然記念物柴犬保存会」初代理事長

佐藤武雄さん(17話〜)


◯中村鶴吉さんから「石号」を譲り受けた方

◯東京在住(当時)


石川建平さん(17話〜)


◯中号を一旦は、飼育しかけた方

◯長野県穂高在住(当時)

桶田秀男さん(17話〜)


◯中号を飼育された方

◯長野県小布施在住(当時)


下山信市さん(20話〜)


◯石号を飼っていた方

◯島根県石見地方在住(当時)

岡崎守男さん(32話)

◯元日本犬保存会島根支部の方

◯島根支部創設者の「遠田安道」さんが亡くなったときに、日本犬保存会の会報誌に、追悼文を寄稿した方。

◯その内容により、石号がタッチの差で、東京に山出しされたことを知る。

遠田安道さん(32話〜)

◯日本犬保存会島根支部を創設された元日本犬保存会島根支部長

◯益田市で「吉田幼稚園」を経営されていた方

◯「岡崎守男」さんの残した文章から、地元で「石」を見出したが手にできなかったことなどを知る。

ファンレター

うふ

本当にモコモコの羊みたいですね。見てみたい!のがわかります。

返信(1)

お彼岸

うちの柴犬も昨年9月、お彼岸の中日に虹の橋を渡りました。サニーちゃんと玄関で荷物開ける動画見て、こんなふうに穏やかで幸せな日が自分にも来るのだろうか、来るといいなあ・・・と、お話読みながら、慰められています。

返信(1)

連載開始おめでとうございます!

今後の展開 楽しみ

返信(1)

小説情報

強運の犬

かわべまゆみ  kawavex

執筆状況
連載中
エピソード
55話
種類
一般小説
ジャンル
ノンフィクション
タグ
柴犬, 愛犬, ノンフィクション
総文字数
56,823文字
公開日
2022年01月06日 15:38
最終更新日
2022年07月06日 00:02
ファンレター数
3