女医の指先が震える

[現代ドラマ・社会派]

2

59

0件のファンレター

 【神の指先】を持つ女医、海堂彩は祖父の死を機に地元に帰って来た。
 彼女が5歳の時、医師と看護師だった彼女の両親は、エボラ出血熱で苦しむ人々を救うため、アフリカの地に出向いたがそこで命を落としてしまった。
 彩はその時から両親に背を向けて生きてきたが、あるオペを機にアフリカの地、スゴイ王国で命尽きた両親に向き合ってみようと考え始める。
 意を決してスゴイ王国に出向いた彼女がそこで知った両親の真実はあまりにも衝撃的であった。
 一方で彼女は7年前、救えるはずだった少女の命を救えなかった苦悩を抱えたまま生きていた。信頼していた教授の突然の死を機に理不尽にも准教授滝宮によって、敬愛する医師、長島と彩は大学を追われたのだが、そこにはあまりにも悲しい真実があった。
 苦悩を抱え続けている彼女は、突然、患者として目の前に現れた滝宮の娘の名前を見たとたんに、7年前にオペが中止され亡くなってしまった少女の笑顔がフラッシュバックして【神の指先】が震え始めてしまった。 
 止む無くオペができないという彩に激怒した滝宮の妻は、懇意にしているルポライターに都合のいい部分だけの記事を書かせ、世論は彩のバッシングを始めたが、彩はそれに耐えようとする。
 しかし、そのことに耐えられなくなったルポライター星野が、7年前の真実を記事にすると世論は一気に滝宮への罵倒と変わっていったが、それでも神の指先の震えは止まらなかった。
ふたたび、異国の地、スゴイ王国に向い、オペの指導をしながら、人の命の偉大さに触れ、命には膚の色も言葉の違いも関係ない、命は全て同じ、命に名前なんてないのに…… と気づいた時、彩の瞳に輝きが戻った。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

女医の指先が震える

此道 一歩  Konomichi

執筆状況
連載中
エピソード
10話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
女医
総文字数
38,352文字
公開日
2020年02月12日 16:04
最終更新日
2020年02月17日 07:17
ファンレター数
0