神の指先がささやく

作者 此道一歩

[現代ドラマ・社会派]

34

1,294

2件のファンレター

 【神の指先】を持つ女医、海堂彩は祖父の死を機に地元に帰って来た。
 彼女が5歳の時、医師と看護師だった彼女の両親は、エボラ出血熱で苦しむ人々を救うため、アフリカの地に出向いたがそこで命を落としてしまった。
 しかし、遺骨は帰ってこなかった。
 彩はその時から両親に背を向けて生きてきたが、あるオペを機にアフリカの地、スゴイ王国で命尽きた両親に向き合ってみようと考え始める。
 意を決してスゴイ王国に出向いた彼女がそこで知った両親の真実はあまりにも衝撃的であった。
 一方で彼女は7年前、救えるはずだった少女の命を救えなかった苦悩を抱えたまま生きていた。  信頼していた教授の突然の死を機に理不尽にも准教授滝宮によって、敬愛する医師、長島と彩は大学を追われたのだが、そこにはあまりにも悲しい真実があった。
 苦悩を抱え続けている彼女は、突然、患者として目の前に現れた滝宮の娘の名前を見たとたんに、7年前にオペが中止され亡くなってしまった少女の笑顔がフラッシュバックして【神の指先】が震え始めてしまった。 
 止む無くオペができないという彩に激怒した滝宮の妻は、懇意にしているルポライターに都合のいい部分だけの記事を書かせ、世論は彩のバッシングを始めたが、彩はくちを閉ざしたまま何も語らなかった。
 しかし、そのことに耐えられなくなったルポライター星野が、7年前の真実を記事にすると世論は一気に滝宮への罵倒と変わっていったが、それでも神の指先の震えは止まらなかった。
 ふたたび、異国の地、スゴイ王国に向い、オペの指導をしながら、人の命の偉大さに触れ、命には膚の色も言葉の違いも関係ない、命は全て同じ、命に名前なんてないのに…… と気づいた時、彩の瞳に輝きが戻った。

目次

完結 全26話

2020年03月05日 13:58 更新

  1. 第一章  悲しみの中から

  2. 第1話  祖父の死2020年02月12日
  3. 第2話  居るべき場所を求めて 2020年02月14日
  4. 第二章  彩の思い

  5. 第3話  打ち消された彩の決意2020年02月15日
  6. 第4話  脳腫瘍に侵された恩師2020年02月15日
  7. 第5話  一筋の光2020年02月15日
  8. 第三章  六時間を超えた彩の祈り

  9. 第6話  未知の時間帯2020年02月15日
  10. 第7話   初めての思い2020年02月17日
  11. 第四章  心の隙間に彩がささやく

  12. 第8話  幸せになって欲しい人2020年02月17日
  13. 第9話  突然の訪問者2020年02月17日
  14. 第五章  敬愛する医師

  15. 第10話  妹の願い2020年02月17日
  16. 第11話  生きる世界が違うふたり2020年02月17日
  17. 第六章  長島裕也の真実

  18. 第12話   【やらせ】の記者会見 2020年02月26日
  19. 第13話  【悪魔の手先】、長島裕也2020年02月26日
  20. 第七章  見えない異国

  21. 第14話  苦悩の二十八年2020年02月26日
  22. 第15話  見えない両親の真実2020年02月26日
  23. 第16話  神の国2020年02月26日
  24. 第17話  かすかな影2020年02月26日
  25. 第18話  星野の思い2020年02月26日
  26. 第八章  両親の真実

  27. 第19話  両親の眠る地 2020年03月05日
  28. 第20話  異国の地でささやく【神の指先】2020年03月05日
  29. 第九章  心の闇

  30. 第21話  震える彩の指先2020年03月05日
  31. 第22話  指先の真実2020年03月05日
  32. 第23話  悪人はさまよわない2020年03月05日
  33. 第24話  怒りに震える星野のペン先2020年03月05日
  34. 第十章  海堂彩の指先がささやく

  35. 第25話  救って欲しくない命2020年03月05日
  36. 第26話  命に名前はないのに……2020年03月05日

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

一次さえ通過しないのです

ayachanさん、3作目を読んでいただいたようでありがとうございます。【海堂彩】については、まさにayachanさんが言うような女性をイメージして書いたのです。ただ、最後にどうしてもイメージ通りの女性にならなくて、何度目かの見直しの時に、「片手ぐらいしかしていない」という一言を入れ自分なりに納得したのです。だから、いただいた感想を見て驚きました。それから、応募については、何度か応募したのですが、1次さえ通過しないのです。おほめいただいたのに、こんなことを描くのは心苦しい限りなのですが…… 素人 ... 続きを見る

泣き続けました

泣かされてばかりで途中で頭が痛くなってしまって…… 同じ女性として、海堂彩先生に嫉妬してしまいました。悲しい境遇に育ったのに、みんなに守られて、少し天然があって、恋愛なんてわかっていないような女性なのに長嶋裕也と結ばれて、最後には、「片手ぐらいしかしていないんだから頑張ってよ」って、何なんですか! でも、この一言の効果って、すごいですね。そこまで沈み込んでいたのにあっという間に水面に顔が出た感じでした。 何かの賞とかに応募しないのですか? ファンの一人としては応募して何か賞をとってほしいのです ... 続きを見る

小説情報

神の指先がささやく

此道一歩  Konomichi

執筆状況
完結
エピソード
26話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
女医, 泣ける小説, 【骨太小説】
総文字数
120,538文字
公開日
2020年02月12日 16:04
最終更新日
2020年03月05日 13:58
ファンレター数
2