黒衣のリラ

作者 唐乃 楓

[ファンタジー]

226

20,539

6件のファンレター

山里に暮らす、体が丈夫で好奇心の旺盛な少女リラは、流浪の魔術師に見出され、学院で魔術を学ぶ事となる。
都市での生きづらさを感じながらも彼女は成長していくが、学業を修めて研究に従事していたある日の午後、
学院上層部から不審極まりない旅の任務を言い渡される。「危険を冒してでも、盗まれた魔術書を奪還せよ」。
周囲の人々に見守られながらリラは、役目を果たして無事に生還するための方法を模索する。
旅支度と、さらには事件の真相や犯人の実像に迫るため、謎めく広大な学院敷地を行ったり来たり……。


2021年秋、一~四章を改稿しました(すこしは読みやすくなったはず)。
我慢できず、予定にはなかった五・六章の改稿にも手をつけてしまいました。
11月現在、ほぼ完了しています。


数ある作品のなかから「黒衣のリラ」に目を留めていただき、ありがとうございます。初めての作品ですので稚拙さは否めませんが、筆者の強い思い入れがあります。
作品を楽しんでいただけるよう「ここだけの話」を目次の下部に設けてみました。各章の簡単な紹介だけでなく、創作するうえで意識したことや苦労したことなども書いております。
また、楽しい「登場人物の紹介」や「おもな用語解説」だけでなく、「序章~第二章のあらすじ」や「第三章・第四章のあらすじ」なども設けてみました。お急ぎの方はぜひご利用ください。

目次

連載中 全43話

2021年11月28日 18:40 更新

  1. 序章 冬の訪れ2021年09月22日
  2. 第一章 終わりを告げる日常(1)   改稿済み2021年11月03日
  3. 第一章 終わりを告げる日常(2)   改稿済み2021年11月25日
  4. 第一章 終わりを告げる日常(3)   改稿済み2021年11月25日
  5. 第一章 終わりを告げる日常(4)   改稿済み2021年09月23日
  6. 第二章 帰る場所(1)        改稿済み2021年11月28日
  7. 第二章 帰る場所(2)        改稿済み2021年11月03日
  8. 第二章 帰る場所(3)        改稿済み2021年11月20日
  9. 第二章 帰る場所(4)        改稿済み2021年09月20日
  10.   序章~第二章のあらすじ2021年09月10日
  11. 第三章 ジュナンとヴィルジット(1) 改稿済み2021年11月03日
  12. 第三章 ジュナンとヴィルジット(2) 改稿済み2021年11月03日
  13. 第三章 ジュナンとヴィルジット(3) 改稿済み2021年10月14日
  14. 第三章 ジュナンとヴィルジット(4) 改稿済み2021年10月08日
  15. 第三章 ジュナンとヴィルジット(5) 改稿済み2021年10月14日
  16. 第四章 奔走(1)          改稿済み2021年11月03日
  17. 第四章 奔走(2)          改稿済み2021年10月19日
  18. 第四章 奔走(3)          改稿済み2021年10月24日
  19. 第四章 奔走(4)          改稿済み (改稿は以上で終了となります)2021年10月24日
  20.   第三章・第四章のあらすじ2021年07月29日
  21. 第五章 アマダの研究室(1)2021年11月05日
  22. 第五章 アマダの研究室(2)2021年11月06日
  23. 第五章 アマダの研究室(3)2021年11月21日
  24. 第五章 アマダの研究室(4)2021年11月02日
  25. 第六章 マレッタの重すぎる課題(1)2021年11月20日
  26. 第六章 マレッタの重すぎる課題(2)2021年11月27日
  27. 第六章 マレッタの重すぎる課題(3)2021年11月03日
  28. 第七章 荒れ地の老人と天幕の記憶(1)2021年11月14日
  29. 第七章 荒れ地の老人と天幕の記憶(2)2021年11月08日
  30. 第七章 荒れ地の老人と天幕の記憶(3)2021年11月03日
  31. 第七章 荒れ地の老人と天幕の記憶(4)2021年10月26日
  32. 第八章 うごめく者たち(1)2021年10月03日
  33. 第八章 うごめく者たち(2)2021年11月03日
  34. 第八章 うごめく者たち(3)2021年11月20日
  35. 第八章 うごめく者たち(4)2021年11月02日
  36. 第八章 うごめく者たち(5)2021年11月04日
  37. 第九章 月夜の廃墟にて人の縁に感謝する(1)2021年11月21日
  38. 第九章 月夜の廃墟にて人の縁に感謝する(2)2021年11月04日
  39. 第九章 月夜の廃墟にて人の縁に感謝する(3)2021年11月13日
  40. 用語解説 登場人物紹介 ここだけの話

  41. おもな用語解説2021年10月11日
  42. 登場人物の紹介2021年10月17日
  43. ここだけの話 ➀~⑧2021年09月05日
  44. ここだけの話 ⑨~2021年11月13日

登場人物

おもな登場人物 ※五十音順


〈アトワーズ〉【四章 七章 九章】

カンタベル学院の魔術師範を務めていた老人。出身とする漂泊の民が、盗掘師たちの遠縁であることや、敷地の片隅に天幕を張って暮らしていたこと、また、事あるごとにリラをかばっていたため、役員たちから「荒れ地生まれの変わり者」と煙たがれている。リラの師であるロウマンとは、過去の大いくさを生き抜いた戦友。リラに、亡くした娘の面影を見ている。


〈アマダ〉【二章 五章】
リラが所属する〈第三・古代史研究室〉のすこし太った室長。「うだつの上がらない、あばら家の亭主」と揶揄されている。気さくで人懐っこそうな顔をしているが、がさつで繊細さなど持ち合わせてはいない。彼の衝動的な行動で研究員たちは振り回され、たびたび危険な目にあわされている。生まれは港町の裕福な商家だが、わけあって学者になる道を選んだ。


〈ウルイ〉【五章 九章】

〈第三・古代史研究室〉では最古参となる年配の魔術師で、独学による魔術は、なぜか探索に向いたものばかり。のんびりとした人柄だが、自由気ままな室長を諭すこともある。リラに対しては、とくに優しく接するようだ。アマダのせいで危機に瀕することの多い研究室の面々だが、彼のような、おっとりした者がどうやってくぐり抜けてきたのかは不明である。


〈エルトラン〉【一章~】

学院の書庫に侵入して重要な書物を盗み出した男。高位魔術研究室に所属する優秀な魔術師であるが、異端魔術の研究に手を染めていたという噂が絶えない。吹雪の中での追撃を振り切ったあとは行方をくらませているが、東の森林地帯に潜伏し、ウトロの事件に関わっているのではないか、と目されている。出自についても諸説あり、得体の知れない人物である。


〈ジュナン〉【二章 三章】
冒険者の一団に属する駆け出しの剣士。魔物退治のあと、しばらくリラと行動を共にする。一人前だと認められたいがために護衛の役目を不服がったり、戦いを前に緊張した表情を見せたりするなど、初々しさの抜けない彼女だが、どこで身につけたのか、洗練された剣の腕をもつ。また、ドラゴンに襲われて生き延びたのだから、強運の持ち主というほかない。

〈ネイドル〉【一章 三章 四章】
カンタベルの運営に関わっている重役員だが、魔術や学問への造詣は深くない。厄介な小娘を呼びつけて威圧的な態度で書物奪還を指示した。腹いせのために〈成金趣味のむっつり顔〉と名付けられていることを本人は知る由もない。貴族会という目の上のこぶとエルトランの事件に悩まされているが、彼の関心はもっぱら、美術品の収集や美食に向けられている。

〈フルミド〉【三章 五章 八章】
学院に雇われて半年となる初老の用務係。役員の遣いでリラの研究室を訪れ、本部中央棟への呼び出しを告げた。生気に乏しい風貌からは想像できない、器用さと気配りの細やかさをもち合わせている。噂話が好きで人間観察を趣味とするため、リラに助言したり、そのうろたえる姿を見て楽しんだり。さらには、任務に向けた足掛かりをリラに与えることとなる。

〈ボナルティ〉【一章 三章 四章 八章】
いつもネイドルの背後に控えている丸眼鏡の小男。彼も同じく役員の地位にあるが、金切り声でわめき立てる姿は、まるで口うるさい官吏だ。リラが、単なる腰巾着だろう、と見て油断したのも無理はない。彼の言い分はこうだ。ただ飯を食わしてやっているのだから恩を返せ。さらに返済金の免除と帰郷の許しという甘美な言葉で、リラの反抗心を完全にくじいた。

〈マレッタ・トウヤ〉【六章】
カンタベル学院に勤めて二十余年、学生食堂の厨房を仕切る調理人である。口達者で腕っ節が強く、たとえ貴族の子弟であろうが容赦せずに叱りつけるため、学生たちに恐れられていた。容姿についての表記は少ないが、大勢からの求婚を受けたことがあり、力強い人間性とも相まって魅力的な人物のようだ。我が子と同年代のリラとは、固い友情で結ばれている。

〈リラ〉【序章~】    
カンタベル学院で歴史研究に従事する魔術師。険しい山に囲まれたクルルの里で生まれ育つが、放浪の老魔術師に才能を見出されたことから山を下り、同学院において魔術を学んだ。故郷の山道で鍛えられた俊敏性と、丈夫な体をもつ。本人は慎重派だと主張するが、根っからの研究者体質で、とかく興味が先走るため、周囲の見解は必ずしも一致するとは限らない。

〈ロウマン〉【序章 二章 五章】
放浪の果て、クルルの里にやってきた老魔術師。山での厳しい暮らしを送る人々の支えとなるべく里の外れに住み着いた。そこで出会った少女の才能を見出し、弟子に迎える。医術にも長けているが、魔術しかり「世の中には万能なものなど存在しない」と弟子を諭す。また、学院で魔術師範を務めるアトワーズとは、過去のいくさにおいて生死を共にした仲だった。

〈ロスロー〉【四章】

立派な体格をした、学院でも屈指の実力をもつ魔術師。攻撃魔術の達人であり、学院内外で立てた功績によって称号を授与されている。貴族の出身であることを誇示しないなど、自らには徹底した実力主義を課すいっぽう、伝統や格式を重んじる傾向は強い。最近、酒館で朝まで飲む姿が目撃されている。ふだん堅物なだけあって、酒が入ると面倒な人物に違いない。

その他の登場人物 ※五十音順


〈ヴィルジット〉【二章 三章】

重役員のネイドルによって、リラに与えられた偽名。冒険者協会の証書には剣士とある。

 

〈カドマク・ニルセン〉【五章】

ウトロの山奥で金脈を発見した探検家。四度目の探索では、部隊もろとも消息を絶った。

 

〈セノルカ・バリン〉〈ベイケット・クラン〉〈オハラス〉【八章】

二十年ほど前の除名者記録では「学院条例の著しい違反のために処分となった」とある。

 

〈ゼラコイ〉【二章 八章】

閲覧室に猫を放ったり、戦場魔術の廃止を訴えたりした魔術師。消えた賢者として有名。

 

〈チャドリ〉【六章】

学舎の厨房において食材庫の管理を任されている。ものぐさだが、料理長の信頼は厚い。

 

〈テルゼン〉【八章】

トツカヌと話していた若い魔術師。紫紺色の長衣を着ており、身分が高い人物のようだ。

 

〈トツカヌ〉【八章】

立派な体つきの老人。テルゼンには不満げな態度を見せる。酒を飲まないと寝られない。

 

〈ナージャ〉【七章】

アトワーズの教え子。六年前に卒業していることから、リラよりすこし上級生のようだ。

 

〈ブルニ〉【八章 十章】

いくさでの悲惨な経験がもとで人間不信に陥った守衛の老人。リラにはすこし心を開く。

 

〈ベルカ〉【五章】

アマダと共に、歴史研究に従事している学者。思慮の欠ける室長に詰め寄ることがある。

 

〈ポロイ〉【二章 五章 八章】

二千年前の災厄にて大船団を率い、滅亡寸前まで追い込まれた人類を新大陸へと導いた。


ファンレター

みなさん 応援ありがとうございます

作品を読んでくださったり、コメントを頂いたりするのがこんなに嬉しいことなのだと初めて知りました。慢性的な遅筆ですが、登場人物の皆にきちんとした結末が訪れるよう頑張りますので、どうぞ末永くお付き合いしてやってください。

返信(0)

少しずつ読ませていただいています

実はファンタジーはあまり読んだことが無かったのですが、宝石箱のように魅力的なワードがいっぱいですね!タグのお勧め通り、夜ゆったりとした時間にコーヒーを飲みながら世界観に浸っています。

返信(0)

面白くなりそうだ☆

ファンタジーは、どちらかというと、 自分ではなかなか‥選んでまでは読まない分野でしたが、 この度、たまたまの縁があり、 寝る前の、ひと時の読書時間… 登場人物たちの顔が見えてきそうな、 文章表現の妙を楽しんでいます。 確かにコーヒーに合う。かも(˶‾ ⁻̫ ‾˵) 眠れなくなりそうです。

返信(0)

唐乃 楓先生へ。

唐乃 楓(とうのかえで)先生?であってますか?間違えていたらすみません(^^;) 作品楽しく拝見させて頂きました。タブの通り中々冒険に出ない所が焦らされながら逆に楽しませて貰っています。 私はまったりしながらのペースが好きなのでじっくり楽しませていだだきます(^o^)/ 無理せず頑張ってください‼️

返信(0)

初投稿です。

こんにちは、楽しく読ませて頂きました。 続きが気になります、頑張ってください〜(^^)

返信(0)

楽しみにしています。

一言で言うと、まったりしていい感じですが続きが気になります。なかなか前に進まない感じがもどかしい•••••かな。 最初はスピーディーに取り込ませる感が欲しいですね。 後、世界観、キャラクター、雰囲気、バランスは中々の物ですね。 続きを期待しています。頑張ってください。

返信(0)

小説情報

黒衣のリラ

唐乃 楓  nopos480808

執筆状況
連載中
エピソード
43話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
ほどよいファンタジー, 女性主人公, 読みやすい文章, ファンタジー, 音読がおすすめ(?), リラ以外おじさん, ジャズがよく合う, コーヒーもよく合う, 魔術師, 行ったり来たり
総文字数
115,165文字
公開日
2020年11月01日 15:08
最終更新日
2021年11月28日 18:40
ファンレター数
6