惜秋歌に浮かぶ月

作者 木下雄飛

[現代ドラマ・社会派]

3

340

0件のファンレター

異文化と異文化が触れ合うときに生まれる美しさを表現したいと想い書いた作品。サスペンスに短歌と詩の要素を組み込んだ。内面に潜む悪と外に溢れる叫び、その狭間でもがく現代人たちが描けたと感じている。「差別」について書きたいが、踏み込んではいけないのではないかと自問自答している。差別のない世の中を作りたいなら差別について知らなければならないとも感じる。美しいだけが物語でないからこそ面白い。読んでいただければ幸せだ。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

惜秋歌に浮かぶ月

木下雄飛  KINOSHITA_YUHI05

執筆状況
連載中
エピソード
3話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
#差別, #短歌, #異文化, #戦いの文学, #社会問題, #憎悪, #グロテスク, #内面の描写
総文字数
10,601文字
公開日
2019年12月04日 00:38
最終更新日
2019年12月04日 00:46
ファンレター数
0